保育園・幼稚園・小学校の行事

幼稚園受験で失敗しない父親の服装3選

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

私立小学校へ通う娘を持つ母ライターです。幼稚園、小学校と、どちらも元気な校風の学園を受験しました。



幼稚園受験におけるお父様

幼稚園や小学校受験において、お子様、お母様の服装については、百貨店にコーナーができたり雑誌で特集されたりしますが、お父様についてはカタログの最後にほんのちょこっとという程度。たしかに、スーツでお勤めされている方はいつも通りで~となりがちです。

お子様のためにかっこよく

しかし、迷うこともあります。意外に気がつかないこともあります。思わぬコツもあるものです。

何より、お父様だって、お子様のためにかっこよくありたいのではないでしょうか。そこで、幼稚園受験のお父様の服装について、素人ながらもまとめてみました。

スーツ編

シングルのダークスーツが一般的に好まれているようです。シャツは白。ボタンダウンはカジュアルなので、幼稚園受験にはいけません。

基本にして王道 濃紺スーツ

やはりお母様同様、幼稚園受験のお父様のスーツも紺色が支持されているようで、実際にもっとも多く目にしました。紺色は、好感度がたかく、清潔感や信頼を感じさせる色です。信頼を与えることから交渉にもっともふさわしいと言われています。

お母様の紺スーツともリンクして、家族でコーディネートしやすいのも長所ですね。

落ち着きのある略礼装 チャコールグレースーツ

濃いチャコールグレーのスーツは、略礼装でもあり利用の幅が広い一着。実は、ヨーロッパの王族などが好んで着用するのがチャコールグレーのスーツ。気品や伝統を感じさせ、面接でも落ち着いた印象を与える色なんだそうです。

着回しするなら 控えめなストライプも

幼稚園受験だけでなくビジネスシーンへの着回しを希望される場合に。ごく控えめなストライプの入ったスーツを選ばれる方もいらっしゃいました。個性や明るさ、快活さをアピールできます。

ネクタイ編

印象を左右するのがネクタイ。スーツは手持ちでもネクタイは幼稚園受験用に新調してみるのもひとつの方法です。併願する幼稚園がある場合、園の雰囲気によってネクタイを変えるという方法もあります。



レジメンタル 紺色系

レジメンタルは、日本でもっとも親しまれているネクタイであるといっても良いでしょう。右に上がるイギリス式と、左に上がるアメリカ式(リバース)がありますが、日本では「右肩上がり」という縁起から、イギリス式が好まれているようです。

紺色系なら何色のスーツに合わせても、堅実できちんとした印象にまとまります。

レジメンタル 赤系

こちらはアメリカ式レジメンタルのリバース。アメリカの大統領選では、紺色のスーツに赤系統のネクタイという、いわゆるパワールックというコーディネートをよく見ます。

堅実でありながら熱意を持った人物という印象を与える組み合わせだそう。ケネディ大統領も、オバマ大統領もパワールックです。

ソリッド 紺系

無地のソリッドタイ。都会的で洗練された印象を与えます。紺色のソリッドなら、清潔で知的なイメージにもなります。

見逃さないで!

スーツとネクタイが決まっても、案外見落としがちなのがこれら。

ソックスは長めを

足首が見え無いように、長めのビジネスソックスがおすすめです。面接では椅子に座っている時間が長いので、チラッとしか見えていないつもりでも結構気になります。色はダークカラーで。

お父様のスリッパも

入園説明会などに参加することが多いお母様の受験用スリッパは用意してあっても、お父様のスリッパの用意を忘れてしまった!というケースもあるようです。

男性用の紺または黒のしっかりしたスリッパは、なかなか急にはみつかりません。受験専門店のインターネット通販が便利でした。

腕時計は革バンド

時計が趣味のお父様もいらっしゃるでしょう。しかし、面接の日の時計はメタルバンドは避けてください。ごくごく堅実な革バンドの腕時計をお願いいたします。

まとめ

基本的には、お子様を引き立てるような、目立ちすぎない服装を心がけましょう。その中で、受験する幼稚園に合わせて、堅実、信頼、知性、気品、熱意などアピールしたいポイントに沿った服装を選べば良いと、一介の素人である元受験生の母は思います。

お教室の指導もあることでしょう。また、お母様の服装と同じく、受験コーナーのあるような百貨店なら相談にのってくださいます。かっこいいお父様と一緒に、がんばってください。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします