保育園・幼稚園・小学校の行事

幼稚園受験で失敗しない母親の服装6選

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

幼稚園受験の経験がある母ライターです。面接日の母親の服装、悩む方も多いと思います。

我が家が受験したのは都内共学付属園、元気な学園です。その時に、百貨店などで聞いた事などを参考に、お母様の幼稚園受験の服装についてまとめてみました。



基本は

基本は、ワンピースに襟付きのボレロまたはジャケット。ワンピースは説明会など、受験期間中にわたって着回せます。

共通のポイント

・座ったときに膝がでないスカート丈
・色は濃紺
・ボタンはくるみボタン

スーツ以外のポイント

・鞄や靴はロゴや派手な金具のないもの
・スリッパ、サブバッグは濃紺か黒
・髪はまとめておきます
・アクセサリーは最小限、清楚なパール、結婚指輪など

おすすめの服装はこちら

百貨店や受験専門店で推奨されているスタイルは、このようなタイプです。

王道 ショールカラー

定番デザインの代表格。きちんとしたスタイルをお求めでしたらショールカラーがおすすめです。気品、堅実、清楚、優しさを感じさせてくれます。伝統校付属園、カトリック系はショールカラーがよいとされています。

小顔効果 テーラードカラー

テーラードと言っても、丸みのある小さな襟のものの方が母親としてより好印象でしょう。鎖骨が出ることで、顔周りが明るく見えるのが特徴です。母親らしい優しさはもちろん、明朗、知性を感じさせてくれます。明るい園、共学附属園などによいとされています。

人気上昇 フレアーシルエット

女性らしさをよりアピールするなら、程良くフレアー気味のシルエット。このところ、フレアーシルエットのお母様が多いように感じられます。



フェミニンに 広めのショールカラー

襟のあきが広めのショールカラー。きちんとしつつも、お顔が明るく見えます。

やや個性的 比翼仕立て

ボタンの見えない比翼仕立ては、すっきりとした印象。やや個性的とも言えます。知性、気品、落ち着きを感じさせてくれるデザインです。

おめでとうございます マタニティ

マタニティでの幼稚園受験もご安心を。マタニティ向けデザインの受験服も、百貨店にありましたし、インターネット通販のマタニティ専門店もあります。全体的には王道のデザインながら、シルエットに工夫が。産後は授乳服になるつくりのものもあります。

番外編 ノーカラー

このごろ人気のノーカラー。小学校受験では、ノーカラーは校風を選ぶと言われています。自由、元気、現代風な校風には馴染むようですが、そうでない場合には避けた方が無難なのだそうです。

幼稚園受験はノーカラーでもOKということですが、付属園でない場合は三年後にまた受験があります。その際に再び活用しようと考えたら、校風を選ぶといわれるノーカラーでないほうが良いかもしれません。

また、付属園だとしたら、小学校に準じた方が良いのかと不安にもなります。ノーカラーを選ぶときには注意が必要です。

避けましょう パンツスーツ

女性の正装はスカートです。もちろんパンツスーツでご縁をいただく方もいらっしゃるでしょう。しかし、失敗しない服装ではないと思うのでここではおすすめいたしません。

まとめ

服装だけで合否は決まらないと思います。けれど、当日のメンタルを思えば、影響があるといえるでしょう。不安要素は無い方が捗ります。

百貨店によっては専門性の高い販売員さんがいらして、園名・校名を伝えると校風にあわせてアドバイスしてくださいます。お似合いの服装が見つかりますように。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします