家計・暮らし

4人家族の車選びで失敗しない5つのコツ

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。現在4歳の娘と2歳の息子をもつ青苺です。

夫婦とお子さん2人の4人家族で車を購入、特に珍しい家族構成ではありません。我が家も同じ構成ですがその場合、どういったポイントを考えながら車選びを進めていくといいと思いますか?

世間ではどこに焦点を置いて車を選んでいるのでしょう。今回は4人家族で利用する際の車選びについて、考えていきましょう。



①どこに重点を置くか

まず最初に車の購入の話が出た時に、ある程度話はまとまっていくのではないかと思いますが、どこに重点を置いて車を選ぶかを決めていくと絞りやすくなっていくと思いませんか?

その中でも幾つかのポイントがあり、その大きなポイントごとに答えを出していくと最終的には随分選択肢も絞られていくと思われます。

予算?

ご家庭で予算があると思います。まずは予算で絞って車を選んでいくか?

燃費優先?

もちろん燃費は非常に重要な要素です。それにより後々の「ランニングコスト=ガソリン代」も随分と違ってくる可能性が高いからです。

将来性?

今は子供たちが小さいけれど、のちのちは大きくなっていくから目先の事より数年先を見越して購入しておくか・・・これも悩みどころですね。

車種タイプ?

ミニバン、コンパクトカー、セダン、ワゴン、色々タイプがあると思います。それぞれにいいところややや不便なところもあるのですが、その点を話し合ってある程度決めていくか、というところでしょうか。

②メインのドライバー

家族の中で誰が一番運転している時間が長いか、これによってもまた優先すべき要点が違ってくるのも事実です。

奥さんが一番運転するのに、ご主人の好みを打ち出すような選択をしてしまうと日常的に運転している奥さんは非常に運転しにくい、などとなり、のちには不満が募ってしまう事も考えられます。

ここはやはり、一番運転するであろう方の意見を最優先すべきではないでしょうか?すぐに買い替えらえませんものね(笑)



③チャイルドシート

お子さんたちの年齢にもよりますが、満6歳以下であればチャイルドシートの着用が義務付けられています。

そして仮にお子さん2人共が6歳以下であった場合、2つのチャイルドシートを装着しなければならない、と言う事になります。

そうなると・・・車種の選択肢も非常に狭まってくるのも実情ではあります。

④用途

ご家族のライフスタイルのより、大きく違いが出ると思いますが、ここも家族の意見は非常に重要となります。

主な用途により、座席以外のスペースの問題はやや重要な問題になるかと…思います。

買い物

お子さんがまだまだ小さい場合、お買い物も大きな箱もの、例えばおむつやお尻拭き、お水だったり箱でまとめて買ってしまう方がお得なものが多い、要するに大きな荷物の運搬が多い、と言うことにもなるかと思います。

そうなるとトランクスペースの問題は比較的重要にもなります。しかしお子さんたちがある程度大きくなれば車でまとめ買いするほどもなくなり、トランクスペースの問題は「座れるところがあればなんとかなる」と言う程度で済むかと思います。

旅行

旅行が多いご家庭の場合、やはり走行距離が問題になるのではないでしょうか?そうなると燃費がいい車の方が使い勝手はよくなるはずです。

アウトドア

アウトドア派のご家族の場合、4人分の荷物や場合によってはキャンプやバーベキュー道具などを乗せるような広くて大きなスペースのある車の方が重宝することは言うまでもありませんね。

⑤新車中古車

ここは予算にも繋がるところでもあるかと思いますが、新車か中古車かの違いにより価格だけの問題ではなく、例えばオプションや車のクセなどの問題にも関係してきます。

ここは中古車を選ぶ場合は試乗をしっかりとこなし、また車についているカーナビなどのオプションの性能などもしっかり把握しておくことをオススメします。

さいごに

いかがでしたか?自家用車の購入、安い買い物ではないので慎重になりますよね。向こう数年のお付き合いになる訳です、簡単に取り換えられる物ではないので、家族で真剣に相談して納得のいく車を是非選んでください!


トップ画像出典: i.ytimg.com

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします