幼稚園・保育園 授乳・母乳・ミルク

完全母乳の子を保育園に預けるときどうすれば良い?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!小学2年生と中学1年生の子供を育てているママライターです。

子供の成長や栄養を考えて、完全母乳で育てたい!というママも多いのではないでしょうか。我が家は、特に意識して目指したわけではないのですが、なんといっても楽だったので、子供たちは母乳がメイン。

ミルクを作るのは、どうしても外出しなくてはいけないときや、私が風邪などでダウンして薬を飲んだときぐらいでしたね。

そんな完全母乳の体制で子供を育てていて困ったのが、子供を保育園に預けて仕事復帰することになったときです。子供たちは母乳で慣れているので、ミルクも哺乳瓶も嫌がって大変でした。

そんな、完全母乳の子を保育園に預けるときに、どうすればいいのかを考えてみましょう。



保育園で母乳を飲ませることは可能?

最近では、搾乳をすることでママが不在でも母乳を飲ませることが可能です。おっぱいの出がいい人などは、搾乳器を売っている赤ちゃん用品店などをチェックしてみるのもおすすめです。

搾乳器で搾乳した母乳を冷蔵庫や冷凍保存しておくことで、ママが不在の時にもおっぱいを飲ませてあげることが可能です。

母乳を搾乳して飲ませる手段もある

その場合も、赤ちゃんは哺乳瓶には慣れておくことが大事です。また、哺乳瓶に慣れていても、再加熱した母乳は味が少し変わるので赤ちゃんが飲まないこともあるようです。

とはいえ、ミルクよりも普段から慣れているママの母乳のほうが、赤ちゃんに抵抗なく飲めることも多いようです。

保育園に母乳のも仕込みができるか確認しよう

保育園で搾乳したものを飲ませられるかどうかについては、まずは母乳を持ち込んで飲ませることが可能かどうかを保育園に事前に相談しましょう。また、その場合はどうしても、搾乳した後でしばらく置いておくことになるので、衛生的にはあまり好ましくないのも事実です。

よく相談して母乳を預けるのか、ミルクでお願いするのかをよく話し合っておきましょう。

完全母乳にこだわりすぎない

実際には母乳は子供の成長に欠かせない栄養素もあり、抵抗力なども備えているなどよいことが多いものです。けれども、あかちゃんを育てるのに、完全母乳でなくてはいけないと思い込む必要はありません。

ミルクでも子供は立派に育ちますし、母乳があまり出ない人もいれば、食生活が乱れていると母乳自体の質があまり良くないことだってあります。こだわりすぎないことも大切です。

環境に慣れる赤ちゃん

完全母乳にこだわって保育園を探すと、実際にはなかなか見つかりにくいものです。仕事をしながらの子育てですので、まずは子供が居心地よく過ごせる保育園を探して、必要に応じてミルクも上手に使っていきましょう。

家では全然哺乳瓶を受け付けなかった我が家の息子も、なぜか保育園で出されるとおいしく飲んでいたそうです。赤ちゃんもママがいない間は、それなりにちゃんと環境に適応するというのも子供の生きる力かもしれませんね。



ママはどっしりかまえよう

我が家は、完全母乳で育てたので、保育園に入る前に哺乳瓶の練習をしたら、息子は泣いてまったく飲まず、結局根負けしておっぱいをあげてしまう…なんてこともありました。

けれど、その時は途方に暮れていても、子供は意外と環境に適応してくれるもの。いざ入園すると、すんなりミルクを飲んでいました。ママはどっしりかまえて、「最終的には何とかなる」と思う気持ちが大事なようです。

家では母乳、保育園ではミルク

赤ちゃんは保育園という第二の家で、その環境に合わせてすくすく育っていきます。ママはしっかりと割り切って、保育園ではミルクを飲んで、その分、家ではしっかりと母乳で育てようと考えるのも一つの方法です。

母乳の出が変わるので注意

完全母乳で赤ちゃんを育てていたママの場合、仕事が始まると日中おっぱいが出すぎて困ることがあります。子供は保育園にいるので、飲ませることができません。

そんな時には、会社の保育園に預けて、時々母乳を飲ませることができることもあります。まだまだ数は多くありませんが、母子で一緒に会社に行くという手段もないわけではありません。

保育園が自宅の近くの場合には、母乳パッドを上手に活用したり、搾乳器を使ったりして対応していきましょう。完全母乳で赤ちゃんを育てる場合には、どうしても保育園は最初の関門になります。ママが精神的に負担の少ない道を探していくことが大事です。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします