生後0ヵ月~12ヵ月

生後3ヶ月の成長の目安と特徴!身長は?体重は?首はすわる?寝返りは?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!1歳の息子がいるママライター・micoです。

今回は、生後3ヶ月の赤ちゃんの成長や発達について気になるポイントをまとめてご紹介します。



生後3ヶ月の赤ちゃんの成長の目安と特徴

見た目の変化

手足に皮下脂肪がつき、顔つきが丸くふっくらとしてきます。お腹もまん丸で、全体的に丸みのある体型になってくるのが生後3ヶ月ごろです。

母乳やミルクを飲む量の変化

生後2ヶ月のときと比べると、母乳やミルクを1度に飲める量が増えます。たくさん飲んでくれる赤ちゃんだと、夜もまとめて寝てくれることが多いです。

が、同時に赤ちゃんに満腹中枢が備わってくるころでもあるので、赤ちゃんによっては飲む量が少なくなる場合もあります。赤ちゃんが遊び飲みをするようであれば適当なところで切り上げましょう。

【遊び飲み】

周りのものに興味が出てくるこの時期。一生懸命母乳やミルクを飲んでいたはずなのに、ちょとしたら目を開けて周りをきょろきょろ・足をバタバタさせてしまう赤ちゃんがいます。これが遊び飲みの状態です。

遊び飲みばかりで母乳やミルクをあまり飲まず、体重の変化があまり見られないということであれば小児科医や助産師さんに相談してみてください。

3ヶ月検診を受ける

自治体から3ヶ月検診の案内が届きます。成長や発達の様子をチェックしてもらえるいい機会なのできちんと受けるようにしましょう。また、不安や疑問を解消するきっかけにもなりますよ。

表情が豊かに…意思表示をするようになる

ママやパパがあやすと笑顔になったり、声をあげて笑うようになります。これは情緒が発達してきた証拠。あやしてもらうと楽しい・嬉しいという気持ちの表れです。その逆で、ママがいなくなると「あー」と寂しそうな声をあげたりもします。

今までは泣くだけだった意思表示が、こうした表情や声で行われるようになっていきます。話しかけると「あうー」「んー」など、喃語で返してくれますよ。

1日の生活リズムが整ってくる

昼間に起きている時間が長くなり、夜にまとめて寝てくれるようになります。ただし、きちんと安定するまでにはもう少しかかります。

生後3ヶ月で首はすわる?

生後3ヶ月ごろといえば、首がすわるころ。首すわりとは、赤ちゃんが自分自身の首の力で頭を支えられるようになることをいいます。首がすわれば自分で首を動かせるので、音のする方を向いたり、うつ伏せの状態で頭や肩を持ち上げたりできるようになります。

それまでの赤ちゃんは首がぐらぐらしているので、抱っこは基本横抱きですよね。それが首がすわれば、楽に縦抱きができるようになります。ただし、完全に首がすわるまでは抱っこする人の手で支えてあげましょうね。

首がすわる時期は個人差がある!

生後3ヶ月ごろになると、赤ちゃんの首がいつすわるのか気になってきますよね。早ければそろそろ首がすわってきますし、大体は4~5ヶ月の間でできるようになる赤ちゃんが多いです。赤ちゃんそれぞれの個人差があるので、 あまり神経質にならずに見守ってあげましょう。

首がすわったかどうかのチェックポイント

●仰向けで寝ている状態から赤ちゃんの両手を握って身体を引き起こすと、頭が身体と一緒についてくる。


●うつ伏せにすると頭と肩を持ち上げて、首を左右・上下に動かすことができる


●おすわりの姿勢にしたとき、首が前にがくっと落ちなくなる

ただし、ママやパパがチェックする際に赤ちゃんの首を痛めてしまう可能性もあるので、行う際には充分に注意を。もしくは小児科医など専門家にチェックしてもらいましょう。

【関連記事】
首がすわってないのに・・赤ちゃんの寝返り練習法と注意点

身体を動かすのが大好き!

手足の動きがどんどん活発になっていきます。特に手は、じっと見つめてみたり、両手を合わせてみたり、口に持って行って舐めたりしゃぶったりと色々な遊びをします。また、おむつ替えや着替えのときなどにママが手足を持って動かしてあげるのも大好き。スキンシップにもなるので、遊びながら動かしてあげましょう。

【夕暮れ泣き】もしくは【3ヶ月コリック】

生後3ヶ月ごろになると、理由もなく夕方に1~2時間激しく泣き続けることがあります。これを【夕暮れ泣き(黄昏泣き)】、【または3ヶ月コリック】といいます。原因がわからずあやしても泣き止まない赤ちゃんが多いので、ママもちょっとイライラが溜まってしまうこともあります。

長く続く子でも1ヶ月弱ほどで自然と落ち着いていきますよ。

そんな時には思い切ってお散歩へ

外に出てお散歩することは、ママにとっても赤ちゃんにとってもいい気分転換になります。ママがイライラしてしまうとそれが赤ちゃんにも伝わり、余計に不安を感じて泣いてしまいます。それでは悪循環ですよね。そんな時には思い切ってお散歩に行ってみましょう。

生後100日目のお祝い・お食い初め

お食い初めとは、赤ちゃんが一生食べるものに困らないようにと願いを込めて行う行事です。伝統的には一汁三菜のお祝い膳を用意して、赤ちゃんは口をつけるだけで食べる真似をします。地域によって内容が異なるので行う際にはそれぞれのご両親などに確認をしてくださいね。

【関連記事】
お食い初めってなに?やり方は?献立は?縁起のいい食材は?終わった後は?

全部揃ってる?お食い初めの準備リスト

やり方教えます!「初めてのお食い初め」なら順番を抑えておこう!



生後3ヶ月の赤ちゃんの身長・体重

男の子の場合は、 身長約57.5~66.1センチ、体重約5.1~8.1キロ

女の子の場合は、 身長約56.0~64.5センチ、体重約4.8~7.5キロが平均値です。生後3ヶ月ごろまでは成長のスピードが特に早く、体重は生まれたときの2倍近くまで増えます。

1日あたりの体重増加量

生後3ヶ月の1日あたりの体重増加量は、25~30グラム程度が目安です。

おむつのサイズが変わる赤ちゃんも多い

体重が増えるのに伴い、それまでのおむつのサイズがそろそろきつくなってきていませんか?体重には個人差がありますが、それまで使っていたおむつでは太ももやお腹周りに跡が残るようになってきた、おしっこやうんちが漏れやすくなった、というようであれば1つ大きなサイズに変えましょう

【関連記事】
月齢0か月~3か月の赤ちゃんの成長の特徴!体重は?身長は?

うつ伏せにさせることの大切さ

首がすわっていない赤ちゃんでもうつ伏せにすると、頑張って頭を持ち上げたり首を動かそうとする様子が見られます。これが1つの運動・トレーニングとなり、首の筋肉が鍛えられていきます。

赤ちゃんにとってはこれも1つの遊びになりますし、あまりしたことのない赤ちゃんもうつ伏せに挑戦してみてください。ただし、行う際には必ず誰かが側にいるようにしてください。

生後3ヶ月で寝返りをする?

赤ちゃんの寝返るの時期は人それぞれですが、生後3ヶ月ごろだと少し早いかな、というところです。大体は首がすわってから5~6ヶ月ごろのことが多いです。

予期せず寝返りができてしまった赤ちゃんが多い

生後3ヶ月ごろ(早いと生後2ヶ月で、という赤ちゃんもいますが)での寝返りは、『寝返りをしたくてしたわけではない』ということが多いです。

自分の身体がどう動くのかを確認してしたくてじたばた動いているうちに、身体がねじれてころんと寝返りしてしまった、という具合です。ですが1度覚えてしまうと遊びの1つとなり、繰り返すようになる赤ちゃんもいます。

布団の段差などにで寝返りしてしまう赤ちゃんも

ベビー布団と地面のわずかな段差や、ベッドの傾斜などが原因で寝返りをしてしまう赤ちゃんもいます。これも『寝返りしてしまった』『ひっくり返ってしまった』という感じですね。

この頃の赤ちゃんは段々と足の力が強くなってきているので、布団や毛布を蹴ることで移動もしますし、そこでひっくり返ってしまうのです。

生後3ヶ月での寝返りで気を付けたいこと

それは、寝返りすることで呼吸困難になってしまうこと。脊椎の損傷も心配されています。

寝返りした先に毛布やぬいぐるみなどがあり口や鼻が塞がれると、それだけで呼吸困難になります。生後3ヶ月では苦しくても何もできず、泣き声もあげられずに窒息してしまうのです。

もしもこの頃から寝返りをするようであれば、 窒息の原因となりそうなものは赤ちゃんの周りから極力排除しましょう。ママが少し離れるときには寝返りができないように、タオルやクッションなどを置いてガードするのも有効です。

早くからの寝返り…病気の疑いもある?

生後3ヶ月で寝返りができてしまった場合、お医者様によっては【過伸展(かしんてん)】という関節の症状を指摘されることがあります。

これ自体は病気ではありません。関節が柔らかい状態、ということです。確かに過伸展が見られる障害は色々とありますが、出産後や1ヶ月検診などで指摘がなかったのであれば、あまり心配しなくても大丈夫でしょう。

【関連記事】
赤ちゃんが寝返りから戻れない!その注意点と対処法

寝返りしない…赤ちゃんの寝返りはいつくらいにする?

赤ちゃんが寝返りから戻れない!その注意点と対処法

赤ちゃんの運動能力の発達は脳の発達の目安

赤ちゃんはこれから、首がすわる・寝返りをする・おすわりができる・はいはいができる・つかまり立ちをする・1人で立てる・歩く、というようにどんどん運動能力が発達していきます。その成長は目を見張るほど。

上半身から下半身へと発達していくこの過程は、同時に脳もきちんと発達している証拠にもなります。

生後3ヶ月…赤ちゃんとの毎日がより楽しくなってきます

寝てばかりだった時期を過ぎて、段々と起きている時間が長くなるこの時期。一緒に遊んでいる時に赤ちゃんからにこにこの反応が返ってくると、ママも嬉しいですよね。

黄昏泣きやなかなか首がすわらない、といった気がかりも出てくるでしょうが、あまり考えすぎずに赤ちゃんのを見守ってあげるのも、大事なママの役目です。それを忘れないようにしたいですね。

【関連記事】
生後3ヶ月の赤ちゃんのミルク量はどれくらい?回数や飲ませ方を先輩ママが教えます

月齢0か月~3か月の赤ちゃんの成長の特徴!体重は?身長は?


トップ画像出典: images.watoday.com.au

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします