生後0ヵ月~12ヵ月

生後2ヶ月の遊びの特徴まとめ

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!1歳の息子がいるママライター・micoです。

赤ちゃんが生まれて2か月。少しずつ起きている時間も長くなってくるころです。そこで、起きているときに赤ちゃんが喜ぶ遊びをしてあげるのはいかがですか?



生後2か月…赤ちゃんの遊びの特徴

遊び、と言っても生後2か月はまだねんねの時期。手足や首が自分の意思で動かせるようになり、目で物を追いかける【追視】も見られます。市販のおもちゃやガラガラを使って遊ぶのもいいですが、この時期の赤ちゃんの遊びはそれだけではないということを知ってもらえたらと思います。

≪ママ≫がおもちゃ!?

赤ちゃんは人間の顔に興味深々。中でもママの顔は大好きです。赤ちゃんの視力は未熟なので、赤ちゃんの顔から30センチくらいの場所で笑いかけてあげるだけで、赤ちゃんは喜びます。声をかけたり歌をうたってあげるのもいいですね。

この時期の赤ちゃんにとってママは、お腹も満たしてくれる、抱っこもしてくれる、その上おもちゃにもなってくれる、と文句なしの存在なんです。

視力が未熟でも見えないわけではない

生後2か月の赤ちゃんの視力はまだ未熟。0.05ほどで、はっきり見えるのは30センチくらい先までです。ですが光の明暗はわかるようになっています。また、赤・青・黒・白といったはっきりした色もわかるので、おもちゃなどはパステルカラーよりもこうした色味のものを選ぶといいでしょう。

目が見えなくても全身で遊ぶ

目がよく見えていなくても、耳は聞こえます。何かが手や足に触ればそれもわかります。全身の色々な機能を使って、赤ちゃんは自分の周りのことを吸収しています。

おもちゃを口にして舐めるのもそうですね。この時期の赤ちゃんにとっては、全身を使って感じること自体が≪遊び≫だとも言えます。

赤ちゃんに≪触れる≫ことの大切さ

赤ちゃんはスキンシップが大好きです。全身に触れるベビーマッサージも大好きですよね。ママの愛情も感じられるし、脳に対してもいい刺激となるので成長を促す効果もあります。

また、今のうちから顔や口の周りにも触れておきましょう。触れられることに慣れることで、後々の歯磨きや仕上げ磨きを嫌がらなくなりますよ。

自分の≪手≫もおもちゃの1つ

生後2か月ごろの赤ちゃんは、自分の手をじーっと見つめたり、舐めたりするような行動が見られます。【ハンドリガード】と呼ばれ、生後2~3か月ごろの赤ちゃんに見られる行動です。

このハンドリガードを経て、 赤ちゃんは『手が自分の一部である』ことを認識します。これが赤ちゃんにとってのはじめての1人遊びなんですよ。

ぎゅっと掴む力が出てくる

原子反射の1つとして、ママの指をぎゅっと握り返してくれる様子が見られます。

それだけではなく、段々と自分の意思で手を動かすようにもなってくるので、軽いガラガラなどを持たせると少しの間持っていられるようにもなります。



すぐにできる赤ちゃんとの遊び

この時期の赤ちゃんとの遊びは無限大。赤ちゃんはまだ自分でできることは少ないので、ママがどんどん遊んであげましょう。どんな遊びをしたらいいか悩んでいるママに是非おすすめです。

音楽に合わせたり、おむつ替えや着替えのときに…つんつん・なでなで

起きている時間に音楽を流して、それに合わせて手の平や足の裏をママの指でつんつん。お顔もつんつん。あちこちつんつんしてあげましょう。おむつ替えやお着替えのときには、お腹や足をなでなで。頭もなでなで。背中もなでなであちこちなでなで、です。

ポイント

全身に刺激を与えるのはとても大切なことで、脳を活性化する効果もあります。また、皮膚に適度な刺激を直接与えることで赤ちゃんの肌が丈夫になっていきます。

手を持って…ばんざーい!

赤ちゃんを仰向けに寝かせて、ママの親指を握るようにして両手を握ります。そのままゆっくりばんざいをするような動きをします。胸を開くように動かすのもいいですね。足首を持ってゆっくりと脚の曲げ伸ばしをしてあげるのも、便秘解消にもなるのでおすすめです。

ポイント

胸を開くような動きや脚の曲げ伸ばしは、筋肉に対するいい刺激となります。また、ママと楽しみながら行うことで成長してから『身体を動かすと楽しい』という意識を持ちやすくなります。

仰向けだけでなく…うつ伏せチャレンジ

首の力もしっかりしてきているので、うつ伏せにチャレンジしてみるのも1つの遊び。完全には首がすわっていないので、バスタオルなどを丸めて枕にします。うつ伏せにした赤ちゃんの左右の脇の下にいれるようにし、両手はあごの下で重ねておきます。

ポイント

赤ちゃんも今までとは見え方が変わることで、自分でがんばって頭を持ち上げようとします。長い時間だと嫌がる赤ちゃんもいますし、まだ自分で仰向けに戻ることもできないので行う時には必ず側にいましょう。最初は短い時間から試してくださいね。

≪刺激≫=≪遊び≫の生後2か月さん

この時期の赤ちゃんにとっては、 目に見えるもの・触れるもの・感じるものすべてが刺激的であり、同時に遊びでもあります。

積極的に赤ちゃんと遊ぶことで、赤ちゃんはママとの信頼関係を築いていきます。「何したらいいのかな…?」なんて難しく考えずに、まずは赤ちゃんにどんどん触ることからでもはじめてみてください♪

【関連記事】
月齢0か月~3か月の赤ちゃんの成長の特徴!体重は?身長は?

生後2か月の赤ちゃんの体重が増えない!その原因と対処法

生後2ヶ月で受ける予防接種の基礎知識まとめ


トップ画像出典: usa.philips.com

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします