ダイエット

私の旦那が8キロ痩せた!炭水化物ダイエットの方法を詳しく教えます

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。ただいま0歳の娘を育児中の新米ママライターです。

世の中には色々なダイエットの方法がありますが、何かと話題になるのが『炭水化物ダイエット』。

カロリー制限やハードな運動なしで短期間で体重が減った、という話がある一方、炭水化物を食べないと力が出ない、頭がぼーっとする、なんて声も聞こえてきます。

実はこの炭水化物ダイエット、筆者の旦那がやったことがあり、なんと8キロも痩せたのです。しかもたった2か月間で

今日は炭水化物ダイエットについて、実際はどうなの?ということや、詳しい方法、そしてその後の変化などについて、お伝えしていきたいと思います



炭水化物ダイエットって?

炭水化物ダイエットとは、摂取する炭水化物の量を制限するダイエットのことで、糖質制限ダイエットなどとも言われます

炭水化物と糖質は、厳密には違うのですが、私たちの日常の食生活においては、ほぼ同じことと思って良いようです。

ごはんやパン、麺類や粉もの、お菓子、糖質の多いイモなどの野菜を食べないようにするか、食べる量を減らします。

その代わり、その他のものはいくら食べてもOK。普通はダイエットの大敵とされる脂肪も大丈夫。カロリー制限は必要ないのです。

また、このダイエットでは運動も必要な要素には入っていません。

炭水化物ダイエットでなぜ痩せるの?

ではなぜ、カロリー制限も運動もなく痩せられるのでしょうか?

このダイエットのポイントは、血糖値にあります。

私たちは食事をすると、血糖値が上がります。そして、その血糖値を下げようとしてインスリンというホルモンが分泌されます。

このインスリンが脂肪をため込む働きをするので、痩せるためにはインスリンを出さない、つまり血糖値を上げなければ良いと考えられます。

血糖値を上げる働きをするのは、色々な栄養素の中でも糖質だけ。

このため、摂取する糖質=炭水化物の量を制限することで、痩せることができるのです。

炭水化物ダイエットを始めたきっかけ

炭水化物ダイエットについてはテレビなどでよく取り上げられていたこともあり、筆者も気になっていました。

というのも、炭水化物ダイエットは、痩せるだけではなく、糖尿病や高血圧なども治るというからです。

筆者の旦那は、糖尿予備軍であり高血圧であり、太り気味…。炭水化物ダイエットをさせてみたいけれど、大の炭水化物好きなのです。

外食するとご飯も麺も必ずと言って良いほど大盛り。家でもご飯のおかわり2杯3杯は当たり前。カレーは飲み物というのを実践しているような人です。

どうしようかと悩んでいるうちに、筆者が妊娠。つわりが始まり、お米が食べられなくなったのです。ご飯が炊けるあの匂いがダメなんですよね。

だったらこれに便乗してしまえ!ということで、今日からご飯は炊かない宣言をし、旦那には炭水化物ダイエットをしてもらうことにしたのです。

筆者はつわり中もお米以外の炭水化物は食べられたのですが、旦那のいないところで食べるようにしました。

炭水化物ダイエットのルール我が家編

炭水化物を制限すると言っても、全く食べないわけではありません。

というか、どんな食べ物にでもいくらかは入っているものですし、全く食べないようにするのは不可能に近いと思います。

炭水化物ダイエットで食べて良いモノ、食べてはいけないモノというのがあり、色々な所で紹介されていると思いますが、我が家では、あまり難しく考えず、とにかく減らせば良いだろうと思い、以下のルールを決めました。

絶対食べないもの

米、パン、麺類、お菓子、トウモロコシ、イモ、かぼちゃ
(お酒やジュースは我が家では普段から飲まないので、リストから外しました)

食べてはいけないとされているが我が家ではOKにしたもの

  • ◆牛乳、果物(一気にたくさん摂るわけではないので)
  • ◆にんじん(料理のレパートリーが減りすぎるのと、栄養面を考えて)
  • ◆調味料(砂糖は糖質オフのものにし、その他のものも使いすぎないようにする)

その他ルール

  • ○旦那は平日はお昼が外食になるので、その時はお米を食べて良い。ただし、ラーメン、丼といった炭水化物メインのメニューは極力避けてもらう。
  • ○週1回程度は息抜きする。
  • ○期限は、効果があってもなくてもつわりがおさまるまで。

かなり緩いルールではありましたが、これでもじゅうぶん効果はありました。

逆に、このくらい緩かったのが良かったのかもしれないと思っています。

何が何でもダメ、としてしまうとストレスもたまるし長続きせず、何よりひどくリバウンドしてしまうと言います。

最初は自分ができる範囲で試してみるのが成功のポイントですね。



炭水化物ダイエット中、食べていたもの

肉や魚は意外に食べない

炭水化物ダイエットでは、お肉はいくら食べても良いと言われています。

そのため、脂肪をとりすぎて動脈硬化や心筋梗塞のリスクを高める、なんていうことが言われますが、我が家ではそこまでお肉をたくさん食べるということにはなりませんでした。

なぜかというと、お肉のおかずって白いご飯が欲しくなるんですよね。お魚も同じで、脂ののったおいしいお肉やお魚を、白飯なしで食べるなんてもったいない…と思ってしまうんです。

結果的に、お肉やお魚を食べる時は、脂身の少ない所をさっぱりとした味付けに料理することになり、逆にヘルシーになっていました。

必須のサラダは食べごたえをつけて

我が家では必ず野菜サラダをどっさり一皿つけていました。

しかも食べごたえが出るように、野菜以外にハムや卵、豆腐などを加え、サラダだけでお腹いっぱいになるくらいでした。

また、普段は制限しているマヨネーズも、この時は大目に見ていましたので、かなりの満腹感、満足感につながっていたのではと思います。

やはり頼れる大豆製品

大豆製品は栄養価も高く、ボリュームも出るので毎日大活躍していました。

野菜たっぷりの味噌汁は毎日の定番。時には豚汁にしていました。

納豆はたれを控えめにして。

枝豆も常に冷凍庫にストック。おやつにもなるしお腹も膨れて重宝します。

豆腐は本当にバリエーション豊かに使えます。サラダや味噌汁にいれるのはもちろん、そのままでも良し、焼いても良し、揚げ出しにもできるし、このダイエットではチーズもOKなので、豆腐グラタンもよく作っていました。

何と言っても鍋!

季節は冬だったこともあり、鍋ができて本当に助かりました。
たくさんの種類の野菜やきのこ、お肉、豆腐など、色々な食材を入れられるのが良いですよね。もちろん、しめに雑炊やうどんというわけにはいきませんが…。

夏はどうしても、サラサラっとそうめんやお蕎麦が食べたくなるので、炭水化物ダイエットには向かないかもしれませんね。

炭水化物ダイエットを終えて

2か月ほどで筆者のつわりがおさまり、ご飯が炊けるようになったので、炭水化物ダイエットも終わりにしました。

旦那の体重は8キロ減。緩いルールの割にはかなりの成果だと思います。

その後も、血糖値には気をつけるようになりました。

白米に玄米を混ぜて炊くようにしたことと、野菜を最初に食べること、麺類やパン、粉ものなどが多すぎないよう注意すること程度ですが、リバウンドもなく、減った体重を維持しているようです。

リスクを回避してやるのが正解

筆者の印象としては、炭水化物ダイエットは短期間なら良いのではと思います

現実的に、炭水化物を抜くというのは作る方も食べる方もかなりの苦難を強いられます。特にもともと炭水化物好きだと、食事の楽しみが半減してしまいます。

ずっとやろうと思っても、よほどの覚悟がないと気持ちが続かないかもしれません

主食を抜いたせいで頭がぼーっとするとか力が出ないとかいうのは、炭水化物を避けようとするあまり、食事量自体が少なすぎたのではないかと、筆者は個人的には思います。

例えば、ゆで卵と豆腐サラダと枝豆をお腹いっぱい食べてきたら、主食を抜いたからって元気が出ないとは思えないですよね。卵も豆腐も野菜も枝豆も、炭水化物(糖質)は少ないというだけで、入っていないわけではないのです。

ですから、頭がぼーっとするとか力が出ないとかいうことは、そこまで心配する必要はないのではと思います。

また、運動もなしで良いと言われますが、運動せずに痩せたとしても減ったのは筋肉だということもありますし、炭水化物さえ抜けば…とあまり偏りすぎてもいけないと思います。

脂肪をとり過ぎないことや適度な運動をすることで、炭水化物ダイエットのリスクと言われるものは大体回避できると思うので、それを注意すればかなり効率の良いダイエット方法だと思います

おいしいと感じるものは、気づくとほとんどが炭水化物だったという位、炭水化物が溢れている世の中。炭水化物は必要だけれど、あまりに多いのは良くありません。

炭水化物ダイエットをすることにより、炭水化物に頼りがちなことを自覚し、食生活を改めるきかっけにすれば良いのではと思います。

気になる方は、くれぐれも無理はないような形で、試してみて下さいね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします