子供の教育・成長・遊び

子供の英語教育はいつからが良い?必要性は?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!1年生と5年生の2児のママライターです。

みなさん、2020年までに小学校では英語が必須科目となることをご存じでしょうか?

さらに中学生ではオールイングリッシュ(日本語を使わず全て英語で授業が行われる)の導入の動きがあります。将来、英語に苦労をさせたくない、とお思いのママさん達もいるのではないでしょうか?

そんな英語教育について英語教育の開始時期やその必要性をご説明しましょう!



①いつから開始がいいの?

英語教育の開始時期については、やはり早ければ早いほど良いというのが多く言われています。

私個人的な意見としては、赤ちゃんがおしゃべりを開始する時期がおススメです。言葉を覚え出す時期に、一緒に英語を覚えれば、以降の英語教育がスムーズに導入できます。

②英語耳とは何?

英語には私たちの日本語にはない音がたくさんあります。日本語は大変ハッキリしてるのに対し、英語はとても似ている発音がたくさんあります。

そのあいまいな音に対して耳がなれていないため、音を聞き取ることができないのです。その英語のあいまいな発音を聞き取れるようなることを英語耳と言います。

④英語耳の育て方

赤ちゃんの耳は入る全ての音を吸収する力があります。

言葉には周波数があり、日本語と英語ではその周波数が違うのですが、赤ちゃんから英語を聞き続けていると、英語の周波数が聞こえるようになるのです。

これは大人になってから訓練することはとっても難しい事なのです。その為、どんな音でも吸収できる赤ちゃんの時期から英語をたくさん聞くことによって英語耳が育っていきます。



⑤英語のシャワーを浴びさせて

では、赤ちゃんからじゃないとダメなの?とお思いかもしれませんが、そんなことはありません。英語耳にするには繰り返しネイティブの英語を聞き続ける事で、今まで聞き取れなかった音を聞き取れるようになります。

まだ、小さな赤ちゃんや幼児は英語の飲み込みは早いものの忘れるのも早いのがどの子も特徴です。英語のシャワーを浴びさせる感覚でたくさんの英語を耳に入れてあげましょう。

発音に自信のないママさんはネイティブがしゃべるCDなどを聞かせるといいでしょう。

⑥ママも一緒に発音の練習を

ネイティブのように英語が得意なママさんはいいのですが、英語は苦手と言う方も多いでしょう。私も、中学程度の英語ができるほどで、初めて子どもをスクールに行かせたときは何をしゃべっているのかさっぱりわかりませんでした。

子どもと一緒に教室に入りネイティブの先生の話を聞くことにより、発音や単語を学んでいきました。

⑦間違いやすい発音

赤ちゃんや幼児が英語で初めに覚えやすい単語で色があります。日本語で言う発音ではむらさきは「パープル」と言いますね。でも、英語の発音では「パーポー」と聞こえます。また、一番間違えやすいのが 白 です。

白は日本語で「ホワイト」と言われますが、実際ネイティブがしゃべる白は「ワイト」です。こんなことを子どもと一緒に楽しく学び、自宅のちょっとした時に会話ができたらすばらしいですね。

⑥英語教育の必要性とは

5年生と小学1年生の子ども達は英会話教室へ行っていますが、私より英語を聞き取る力があります。早い時期に英語に触れることにより、英語の発音やリズム、単語が読めるようになりました。

2020年には小学校でも英語が必須科目になります。言語形成期がすぎる前からの英語教育は、子どもが大きくなってからかならず無駄にはなりません。

グローバルな社会から取り残されないよう、世界共通語の英語が話せるようになる必要性があります。英語が話せれば、いろんな国の人たちとコミュニケーションを取ることができ、どんな職業についてもかならず役に立つことでしょう。

みなさんも、お子さんと一緒に英語教育を学んでほしいと思います。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします