育児・子育て

叱るより褒めるべき!?子どもを褒めて育てるメリットとコツ

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。1人の娘を持つママライターです。

子どもを褒めて育てよう、褒めて伸ばそう―こう書かれている育児書は多いものです。

褒めることで自己肯定感が高まり、生きる力が身に付く…なんて言われると、褒めなきゃ!と焦ってしまいますよね。

しかしながら、褒めて育てると子どもはダメになる、なんてことも耳にします。

これでは一体どうしたら良いのか、わからなくなってしまいます。

叱るより褒めるべきなのでしょうか?また、どのように褒めたら良いのでしょうか?

今日は子どもを褒めて育てるメリットとコツをお伝えしていきます。



子どもを褒めて育てるメリット4つ

自分に自信を持つ

まず子どもを褒めることの一つ目のメリットは、子どもが自分に自信を持つことです。

何をやっても叱られてばかりだと、「どうせ自分なんて」と、色々なことにチャレンジしたり積極的に取り組んだりできなくなってしまいます。

前向きな気持ちになるためにも、自分に自信を持つことは大切ですよね。

ママへの信頼が深くなる

二つ目は、褒めてくれたママを深く信頼してくれるようになることです。

「ママは自分のことを見てくれている!」と思うと、子どもはとても嬉しいものです。

ママとの深い信頼関係があってこそ、子どもは伸び伸びと成長できるのです。

心に余裕が生まれる

三つ目は、褒められることで心に余裕が生まれ、ママのアドバイスをすんなり受け入れてくれることです。

(例)テストで点数が低かった場合

例えば、テストでうまくいかなかった時。どのようにアドバイスするでしょうか。

パターンA
叱らないまでも、「ちゃんと復習しておきなさいよ。次はもっとがんばりなさいね」と言われた場合。
パターンB
テストの内容を見て、「こんなに難しいのが解けたなんて、ママすごいと思うよ。こっちの問題も、ドリルで復習しておけば、次はきっとできるんじゃないかな」と言われた場合。

どちらの場合が、子どもが気持ちよく復習に向かうか、明らかですよね。

学校のことだけでなく、普段のしつけでも、ママの言うことを受け入れてもらわなければいけない時は多々あります。

叱ってばかりだとなかなか入っていかなくても、良い所を認めて褒めてあげることで、ママの言うこともすんなり聞いてくれるものです。

子育てが楽しくなる

そして四つ目が、ママが楽になるということです。

褒めるところを見つけるのに苦労しているんですけど!と言われるかもしれませんが、叱るのはかなりエネルギーがいりますし、叱った方も叱られた方もあまり良い気分にはなりません

できないことではなく、できることを見つけなければ褒めることはできません。

毎日できることを探していると、こんなこともできた、あんなこともできたと小さな成長にも喜びを感じることができます。子どもはママのことがもっと大好きになり、ママもそんな子どもをさらに愛おしく思うでしょう。

その結果、子育てが楽しくなり、やりがいも大きくなると思います。

子どもを褒めるコツ①『おだてる』ではない

褒めるつもりが、おだててしまっているということがよくあります。

子どもをおだてて、親が望むとおりに行動させようとしてしまうのです。

そういう下心は、子どもは見抜いてしまいます

そうでなくても、褒めることを『子どもを喜ばせること』だと勘違いしていると、ただおだてて子どもを得意にさせているだけということになってしまいます。

褒めるとは、認めるということです。人に自分のことを認めてもらいたいという気持ちは、大人でも子どもでも誰もが持っているものです。

『おだてる』と『ほめる』をしっかり区別し、子どもの良い所を認めてあげましょう。

子どもを褒めるコツ②無理に褒めない

褒めなきゃと思うあまり、良いと思っていなくても褒めてしまうこと、ありませんか?

思っていないことを言って褒めても、子どもに見抜かれてしまいます

何でも褒めなきゃ、とかまえてしまうと無理が出て不自然になってしまいますので、良いと思ったことをそのまま伝えてあげると良いと思います。

あまり上手とは思えない、子どもの絵や工作の作品があったとしたら、無理に「上手だね」と褒めるのではなく、「色づかいが鮮やかだね」とか「この形、ママは好きだな」とか本当に思った感想を伝えてあげたらどうでしょうか。

我が子が一生懸命描いたものや作ったものは、出来が悪くてもどこか好ましいというか、心を温かくさせてくれるなにかがあるものです。それを、そのまま伝えてあげれば、子どもはちゃんと受け取ってくれます。

「下手くそだけどあなたらしくて良いと思うよ」とか「一生懸命やったなら下手くそでも良いのよ」なんて言うのは、褒めていることにはなりません。

上手・下手や出来・不出来の判断を親がする必要はありません。どんなものにでも良い所を見つけられる心の豊かさを、私たち親は持っていたいですね。



子どもを褒めるコツ③具体的に褒める

普段から褒め慣れていないと、いざ褒めようと思ってもなかなか言葉が出ず、気づくと「えらいね~」「すごいね~」「よくできたね~」「頑張ったね~」の4種類しか言っていない…ということもあると思います。

通り一辺倒の褒め方しかしていないと、子どもも嘘くささや白々しさを感じるようになってきます。

何でも大げさに褒めることが必要な時期もありますが、それもせいぜい2歳くらいまで。

できるだけ、バリエーション豊かに褒めたいものです。

とは言え、そんなにいくつも褒め言葉なんて思い浮かびませんよね。

やはり、無理に褒めようと思わず、良いと思ったことを具体的に伝えてあげましょう。

具体的な褒め方の例

例えば、着替えが上手になったと感じたら、「上手に着替えられたね」と褒めるのも良いですが、子どもからしたら何がどう上手なのかよくわかりませんよね。

それよりも、「ボタンとめるの速くなったね」など具体的に言ってあげると伝わりやすくなります。

子どもを褒めるコツ④努力に目を向ける

子どもを褒める時に、『評価』はしないようにしましょう。『評価』とは、結果だけを見ることです。

100点だとよく頑張った、80点ならもう少し頑張ろう、とついつい言ってしまいがちですが、人間生きていれば100点の時ばかりではありません

確かに、結果にこだわることが大切なこともありますが、子どもが幼いうちに身につけさせたいのは、結果にこだわる姿勢よりも、どんなことにでもがんばって取り組もうと思える気持ちですよね。

100点でなければダメだ、100点でなければママに認めてもらえない、と感じると、緊張やプレッシャーで良い結果も出なくなりますし、良い結果が出せない自分を「ダメな人間だ」と思いこんでしまい、頑張ろうという気持ちもなくなってしまうかもしれません。

結果について何か言おうとするのではなく、結果はどうあれ、頑張った努力を認めて褒めるようにしましょう。

子どもを褒めるコツ⑤当たり前のことに目を向ける

子どもが何か特別なことをしないと褒められない、と思っていませんか?

実は、特別なことをした時に褒めるよりも、当たり前のことを褒める方が大切なのです。

朝起きる、着替える、食べる、歯を磨く、手を洗う、遊んだら片づける…このような、できて当たり前とも思われる毎日のことも、子どもにとってはとても努力して行っていることだったりします。

これは、ママに置き換えても同じだと思います。

掃除する、洗濯をする、食事を作る。当たり前にしているように見えて、実は全然当たり前じゃないんですよね。

掃除と言っても掃除機をかけたり床を磨いたり、家具家電の拭き掃除や整理整頓など色々ですし、掃除する場所だって一つではなく、お風呂もトイレも玄関もあります。

洗濯も、いくら洗濯機があるから楽だとは言っても、干して取り込んでたたんでしまって、というのも含めて洗濯です。

食事も毎日違うメニューを考え、買い物をし、作ったらゴミも出ますし洗い物もあります。

それを、苦手なこともありながらがんばってやっているのに、主婦なんだからやって当たり前、できて当たり前と言われたら、そりゃあ腹が立ちますよね。

だからと言って大げさに褒めてもらいたいわけではなく、「毎日よくやってくれているね」こんな一言で良かったりします

子どももきっと同じです。

ごはんを食べたら「全部食べられたね」「こぼさず食べられたね」

おもちゃを片づけたら「自分で片づけたのね」「ママ助かるわ」

こんな一言で良いと思います。

子どもも毎日がんばっていることを、認めてあげましょう。

子どもを褒めるコツ⑥きちんと叱る

子どもを褒めるということは、叱らないということではありません。

「褒めて育てると子どもはダメになる」と言われるのは、ここを勘違いしてしまうからなのではないでしょうか。

褒めるだけでは本当の意味で子どもの心には響きません。

叱ることは必要です。ダメなことはダメと、叱るべき時はきちんと叱る

それでこそ、褒めた時に子どもの心に伝わるのです。

これは、逆のことも言えますよね。普段褒めているからこそ、ピシッと叱ると効果がある。

このメリハリが大切なのだと思います。

普段から子どもをよく見ていることが大切

叱ると褒めるは、両方大事なことです。
どちらも、普段から子どもをよく見ていないと、適切にはできません。

褒めるべきところはすかさず褒めてあげられるよう、心がけたいですね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします