授乳・母乳・ミルク

完全ミルクの量の目安と回数を月齢別に解説!

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!3歳男児と1歳女児を育児中のママライターです。

我が家の子供達は二人ともほぼミルクで育ちました。なので今回は実体験を交えながら、完全ミルクの量と成長の目安を月齢別に解説しようと思います。



出産から1週目のミルク

飲ませる目安は1日で60~80mlを8回程度です。ミルクの量は缶に表記された規定量を超えないようにしましょう。この頃の赤ちゃんはまだ上手に哺乳瓶を吸えないので、時間がかかりがちです。

2週間目~1ヶ月のミルク

飲ませる目安は1日で80~120mlを7、8回です。この頃の赤ちゃんは飲むのがだんだんと上手くなってくるのであげる量が増えたりします。

1~2ヶ月のミルク

飲ませる目安は1日で120~160mlを6、7回です。合計で約700~1000mlくらいになります。この頃の赤ちゃんは1回に飲む量が増え、授乳時間も短時間になることが多いです。授乳間隔が3、4時間空く赤ちゃんもいます。

【関連記事】

生後1ヶ月の授乳間隔はどれくらい?量や時間の目安は?ミルク・母乳・混合の場合は?

3~4ヶ月のミルク

飲ませる目安は1日で160~200mlを5~6回です。合計は1000ml前後が目安になります。授乳間隔が空いて授乳のリズムが整ってきます。この頃の赤ちゃんは遊びのみを始める子もでてきます。夜中の授乳は続きますが比較的朝まで寝てくれる子もいます。

【関連記事】

生後3ヶ月の赤ちゃんのミルク量はどれくらい?回数や飲ませ方を先輩ママが教えます

5~6ヶ月のミルク

飲ませる目安は1日で200~240mlを5~6回です。合計で1000~1400mlが目安になります。離乳食を始めた子は食後にミルクをあげるようにしましょう。赤ちゃんが欲しがっても、ミルク缶に書いてある規定の量を超えないようにしましょう。この頃の赤ちゃんは飲み慣れてきて、授乳間隔も一定になってきます。夜の授乳をしなくてもぐっすり寝てくれる子や、お腹がすいていなくても甘えてミルクを欲しがる子もでてきます。

【関連記事】

6ケ月赤ちゃんの離乳食とミルク量の目安メニューを時系列でご紹介します!



7~8ヶ月のミルク

飲ませる目安は1日で200~240ml、離乳食後のミルクも合わせて5回です。合計で1000~1200mlが目安になります。離乳食が始まるので若干飲む量が減る子もでてきます。またこの頃の赤ちゃんは夜泣きが始まることが多いです。夜中に何回も起きてミルクを欲しがる場合もあります。ミルクの一日の規定量を超えないように、必要以上に欲しがった時は抱っこや背中をトントンして寝かしつける癖をつけましょう。

9~11ヶ月のミルク

飲ませる目安は、離乳食後の授乳を含めて1日4~5回ほどです。合計で400~1000mlとかなり開きがありますが、この頃の赤ちゃんは発達具合が個々で違います。もう麦茶などで水分補給ができたり、離乳食をよく食べる子はミルクの量が減ってきます。また、外遊びや外出などで授乳以外にも気の向くことがでてきます。自己主張も始まりますので飲み方にも個性がでてきます。

【関連記事】

10ケ月赤ちゃんの離乳食とミルク量の目安メニューを時系列でご紹介します!

1才~1才半のミルク

飲ませる目安は、離乳食後の授乳を含めて1日2~3回、合計400mlです。この頃になると卒乳する子ができてきます。離乳食の後のミルクは赤ちゃんが欲しがらなければあげなくても大丈夫です。おやつと一緒に牛乳を飲ませることを始めるとよいでしょう。牛乳の目安は1日200~300ml以内です。食べることに興味がでてくる時期なので、ミルクを与えなくても過ごせる日が出てくる子もいます。

1才半以降のミルク~

この頃になれば食事から栄養が取れるようになり、寝かしつけでもミルクに頼らなくても寝ていける赤ちゃんがほとんどです。卒乳がまだという赤ちゃんももちろんいます。焦らずに赤ちゃんのペースで徐々にミルクを減らしていくように心がけましょう。

あくまで目安、赤ちゃんの発育具合で臨機応変に

今回ご紹介した ミルクの量はあくまで目安です。もちろん赤ちゃんの発達具合や性格は一人として同じではありません。目安を参考程度に、その赤ちゃんにあった量のミルクをあげてください。よほど体重が増えてなかったり発育具合に心配なことがあれば、身近な小児科や保健師さんに相談してください。


トップ画像出典: secretlyhealthy.com

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします