授乳・母乳・ミルク

どうする?完ミの断乳・卒乳の仕方について

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!3歳男児と1歳女児を育児中のママライターです。

赤ちゃんが大きくなってきてだんだんと手がかからなくなる時期、そこで出てくる悩みといえば断乳・卒乳ですよね。今回は完全ミルクの場合の卒乳・断乳について、実体験を交えながらお伝えしていこうと思います。



そもそも卒乳・断乳とは?

おっぱい・ミルクをやめることを卒乳・断乳と言います。ちょっと前までは、赤ちゃんが自然にミルクを欲しがらなくなったら「卒乳」、ママの意思でやめる時は「断乳」としていました。しかし近年ではどちらも「卒乳」というのが主流です。

【関連記事】

断乳と卒乳の違いと断乳の方法【体験談】

卒乳・断乳の時期はいつ?

「周りが卒乳したって聞くけど、ウチもそろそろかしら?」そう思うママさんはたくさんいると思います。しかしちょっと待ってください。卒乳には赤ちゃんそれぞれにタイミングがあります。月齢の近い赤ちゃんが卒乳したと聞いて、焦る気持ちが出てくることもあるでしょう。

しかし発達の具合や成長の進度は人それぞれ、ご自分の赤ちゃんが一番良いタイミングで卒乳をすることが大事です。

【関連記事】

卒乳はいつからがベスト?時期と方法ついて

卒乳のタイミング1・離乳食が1日3回

赤ちゃんが卒乳するタイミングは「基本的に離乳食で栄養が取れているかどうか」です。離乳食が1日3回で目安の量をちゃんと食べられていれば卒乳しても大丈夫でしょう。

卒乳のタイミング2・哺乳瓶以外で水分補給ができる

赤ちゃんがマグやストローなどで水分補給ができるかも重要な目安です。もし哺乳瓶しか使えないのなら、卒乳してしまうと水分補給の手段がありません。卒乳を考えるのならストローやマグなど哺乳瓶以外の物で水分補給ができるようにしましょう。

卒乳はだいたい1歳ごろが多い

上記で述べた通り、離乳食が3回食になるのが卒乳の目安。1日3回の食事が取れるようになるのが1歳ごろです。赤ちゃんが身体的にも精神的にも成長してきて、食べること以外にも興味が向くようになる1歳頃に卒乳を始めるママが多くいます



卒乳するにあたって身につけたい習慣

赤ちゃんの発育具合が卒乳に適している場合に身につけたい習慣がいくつかあります。いきなり「今日からミルクなし!」ではさすがに赤ちゃんも混乱します。卒乳に向けた準備を次から見ていきましょう。

ミルクは1日2~3回に

この頃の時期の赤ちゃんは、お腹がすいたからミルクを欲しがるというよりは精神的な安定のために欲しがることが多くなります。ミルクは離乳食後に1日2~3回与える程度にしましょう。だんだんと回数を減らすことで次第にミルクを欲しがらなくなります。

寝る前のミルクをやめる

お風呂上がりにミルクを飲ませてから寝かしつけるというママさんもいると思います。しかし、それではなかなか赤ちゃんが卒乳できませんし虫歯にもつながります。お風呂上がりの水分補給はお茶や湯冷ましに切り替えていきましょう。ミルクでしか寝付かないという場合も、抱っこや背中をトントン、歌を歌うなど他の入眠作業を試してみてください。

【関連記事】

添い乳は断乳が大変だと感じた私のエピソード

お腹がすくのであればおやつで補って

ミルクを控えるとお腹がすくようになります。その分はお芋やフルーツなどのおやつで補いましょう。一緒に牛乳を飲ませるようにするとカルシウムも取れます。

卒乳する時は哺乳瓶に「バイバイ!」

卒乳する習慣ができてきて、ミルクなしでも乗り切れる日が出てきたら哺乳瓶にバイバイしましょう。赤ちゃんに「哺乳瓶はバイバイしようね~」などと声をかけて、目の届かないところへ片付けましょう。

なかなか卒乳できなくても焦らないで

赤ちゃんの成長はそれぞれです。もちろん自分から飲まなくなれば一番ラクですが、赤ちゃんは思い通りにはいきません。周りが卒乳しているからと焦らずに、赤ちゃんをよく見てその子に一番適したタイミングで卒乳しましょう。

【関連記事】

母乳だってミルクだって、どっちだっていいんだよ。赤ちゃんが笑っていれば。

卒乳後のおっぱいのケア方法!放っておくとしこりができちゃう!


トップ画像出典: i.huffpost.com

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします