子供の教育・成長・遊び

認めてあげる事が大切!子供を成長させる叱り方とは?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは、3歳の男の子と0歳の女の子を育てるママライターです。

子どもをどう褒め、話し、叱れば、よい方向に伸びていくのか自問している日々です。子どもの心に寄り添った話し方、態度はどういうものか、と。そんなママさんは、筆者以外にも少なくないのではないのでしょうか。

子どもを伸ばす叱り方について考えてみました。



感情で怒るのではない

まず最初に、「叱る」と「怒る」は異なります 「叱る」は人のためであり自分が怒ってはいる必要はありません。 「怒る」は自分自身の感情からくるものであり、その感情をぶつけることは相手にマイナスに響くことはあっても、大きく成長させることにつながるとは言えません。

大きな声で萎縮させるのは簡単、でも・・

子どもを大きな声で萎縮させるのは簡単で、そのときは効果があるかもしれません。しかし、子どもはそれに慣れてきます。そのうち耳から耳へ通りぬけるだけになるかもしれません。

長期的で子どもの精神的な成長を考えると、 言葉を選び、自分で考えさせる叱り方が効果的でしょう。

否定すると反発する

頭ごなしに、否定すると反発したくなるのが人間です。これは子どもでも同じです。自分を否定されると、自分を守るために壁を作り、本音を言わなかったり、不満を持ったりします。素直に反省することにはつながりません。それではどうすればよいのでしょう。

【関連記事】
子どもを感情的に怒らないテク!イライラの対処法

最初に、肯定する

仮に悪いことをしたとしても、どこか肯定する部分を見つけて「そうだね」と言える部分から始めましょう。これが場合によってなかなか難しいのですが、心の中でアッカンベーをしてでも試してみてください。

例えば、お友達のおもちゃを取ったなら「お友達のおもちゃで遊びたかったんだよね」と、本人の気持ちを認めてあげます。すると、「そうなんだ、これ実は・・」と本人の本音の気持ちが見えてくるのではないでしょうか。

その後、でも「お友達のおもちゃを取って、嬉しかった?それっていい事?」と本人の意見を聞いてみてください。きっと悪いと感じている本音の部分も出てくるかと思います。



「ありがとう」

本音で「自分が悪かった」となったならば、「教えてくれてありがとう」と褒めましょう。子どもは褒められることで、「そうか、お母さんはきちんと聞いてくれる」と感じ、本当のことを話すようになるかと思います。

そして、自分の行いについても素直に考え判断するようになっていきます。これがもし、最初から「なんで、お友達のおもちゃをとるの!ダメじゃない!」と言われていたらどうでしょう。本人は萎縮したり、もしくは「ごめんなさい」と言えば済む話と判断されてしまうかもしれません。

「こういう考えもあるんだな」

仮に、子ども自身の考えが、自分と違ったとしても頭ごなしに叱るのではなく、「こういう考えもあるんだな」と一つの考え方として認めてあげるのも大切なことです。子どもは大人が認めてくれると、自己肯定感の気持ちが育ち、明るく、何事にも積極的に取り組むようになります。

叱るときは短く

長々と叱っていても、子どもはすべて集中して聞くことはできず、焦点もぼやけてきてしまいます。叱るときには、要点を絞ってみてください。叱る目的は、本人に何が悪かったのか、どうすればよいのかわかってもらうことです。

子どもといえども、小さな一人の人間

自分のことを認めてもらえると嬉しくなり、その人には心を開き、自分の考えや気持ちを素直に話したくなります。その人に自分のことを知って、認めてほしいからです。


叱る場面に遭遇したときは、本人の気持ちを汲みながら、自分で考え判断させるように仕向けてはいかがでしょうか。とは言え、自分の気持ちを抑えて穏やかに叱るというのは容易なことではなく、筆者は毎回、子どもに成長させてもらっていると思いながら格闘していることなのですけどね。

【関連記事】
子育てを終えて振り返る!良い「叱り方」と「褒め方」とは?

失敗しながら学んだ!子どもが成長する叱り方を体験談を元に公開

【元保育士ママの勧め】1歳児の叱り方はジェスチャーで伝わる

子供の為にも叱ってあげよう!子供を成長させる叱り方


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします