女性の健康

成功者も実践する瞑想の効果とやり方!呼吸に意識するだけでどこでも誰でもできる

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

母親になると毎日、朝から晩まで子どもの世話に家事にやることがいっぱいで、慌しいまま一日が終わってしまったりしませんか?お子様がまだ小さかったり、まだ手がかかる年齢ならばさらに忙しく、もしかしたらストレスを感じながら過ごしている時もあるかもしれませんね。

そんなときに、瞑想を一日のうちのどこかで5分でもとり入れると、驚くほど一日がすっきりと過ごせます。瞑想と聞いて、宗教?と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。 心を落ち着かせ、自分と向き合う方法の一つです。



ビジネスの成功者、セレブが実践する瞑想

かの有名なスティーブ・ジョブス氏や稲盛和夫氏ら、ビジネスでの成功者や、モデルとして活躍するミランダ・カーさんなど、瞑想を生活に取り入れている方は少なくありません。

上記にあげた方々は、日々多くの課題やストレスにさらされているのは容易に想像つくかと思います。 瞑想は精神的な健康や、集中力を高めたり、ストレスの対処に役立っているようです。

潜在意識に働きかける

潜在意識とは、無意識に湧き上がってくる思考のことです。日々の生活では、何もしなくとも「犬の散歩してないなー」「冷蔵庫にお肉残ってた」「トイレ掃除しなきゃ」など頭にことばが浮かんできます。

この湧き上がってくることばのおかげで、私たちは自然に行動することができているのですが、時により潜在意識に振り回されていることがあります。それは不安要素であったり、煩わしい事柄であったりするかもしれません。

瞑想は、その潜在意識をコントロールすることでもあります。

瞑想すると、落ち着く

潜在意識をコントロールできるようになると、日々の悶々とした事柄や不安要素などが不思議と気にならなくなり、精神的な落ち着きを取り戻せます。それにより日常生活の満足度が高まります。

集中力アップ

日々の悶々としたことをスルーできるようになるので、物事へ集中できるようになります。家事や仕事などが驚くほど早く終えられるようになります。

自己実現への一歩

不安は潜在意識として行動に働きかけます。不安とは、自分自身を守るために生じてくるもので自然なことでありますが、何かを成し遂げようとするときにはそれがネックにもなってきます

その不安を制御し、 自分の持つエネルギーをより活用させることで自己実現に向ける力がつきます。それでは瞑想の仕方です。



いつでも、どこでもできる

瞑想は時間、場所を選びません。ただ、自分が落ち着け集中できるような場所が好ましいでしょう。朝行うならばベッドでもいいですし、お風呂に入りながらでもできます。

座っても、寝た姿勢でもOK

よく座禅を組んで行うイメージがありますがそれでもいいですし、寝て行うこともできますソファに座りながらでもいいでしょう。瞑想では呼吸に集中することから始めるのですが、 自分の呼吸に集中できるかどうかで判断してみてください。

呼吸に集中する

鼻で息を大きく吸い、口からゆっくり吐き出します。

これを一定の間隔で繰り返します。目は半目でも閉じたままでも、やりやすい方法をお選び下さい。この呼吸だけでもリラックスできます。

雑念をスルーする

瞑想を始めると潜在意識の働きで様々なことが頭に浮かんできますが、スルーします。一歩下がったところで傍観するイメージでしょうか。とにかく雑念を意識しないようにし、呼吸に集中するようにします。

呼吸に集中しにくい場合は、寝て行ってみてください。息を吸って吐くときにお腹に手を当てていると、集中できますよ。

自分の感情と向き合う

雑念とは、自分の意識していない思考や感情でもあります。これを傍観することで、自分自身の感情に向き合い、冷静に対処することができるようになります。これを繰り返すことにより、普段の生活での心配、不安など感情にとらわれることなく、必要なことに集中し、心の安静を保てるようになります

瞑想とは、何回も繰り返し行うことで慣れてきますし、その効果も見えてきます。筆者は、呼吸をゆっくり行うだけでもリラックスできたので続けています。1日5分あればできるセルフヒーリング、ぜひ試してみてくださいね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします