子供の健康・食事 子供の教育・成長・遊び

子供のお箸の持ち方を正しく教える7つのコツ

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは、3歳と1歳の子供を持つママライターです。

お箸を正しく持てるように、子供にどう教えたらいいの?いつからお箸の練習を始めたらいいの?

練習を始めたもののうまくいかないなど、親にもいろいろと悩みが付きものですよね。

お箸のトレーニングのやり方を間違えてしまうと、子供が嫌がり始めてしまい、余計にうまくいかないものです。

ここでは、そんなお箸の持ち方や練習についてまとめてみました。参考にして下さいね。



練習開始時期はいつ頃?

お箸の練習時期は、その子その子によって違います。

目安としては、スプーンが大人のように持てるようになったり、お箸に興味が出始めたり、手でピースが出来るようになったら、練習を始める時期だと言えるでしょう。

正しい持ち方

お箸の正しい持ち方は、まず、お箸の先から3分の2ぐらいのところを持ちます

その後、親指の付け根と薬指に、お箸を乗せ、親指、人差し指、中指で上の箸だけを動かします

大人でも上手く使えない人も多いようですが、子供に正しいお箸の持ち方を教えるのは、親の役目だと思います。

①まずはスプーンで練習を!

お箸の練習を始める前に、まずはスプーンを大人と同じように持って食べる練習をさせましょう。スプーンが上手に使えるようになると、お箸の練習もスムーズに行きやすくなります。

②クレヨンは鉛筆を持つように!

お子様がクレヨンでお絵描きをする時には、クレヨンは鉛筆を持つように持たせてからお絵描きをさせてみて下さい。

いきなりお箸の練習を始めるよりも、クレヨンや鉛筆など、普段の日常生活で使っているものから、練習を開始してみて下さい。

③練習は遊びの中で!

食事の最中にお箸の練習を始めてしまうと、子供は食べることに集中できなくなり、食欲も低下してしまいます。

そのため、食事以外の時間で練習をさせて下さい。遊びの中でお箸を使うような感覚で練習をさせると、子供も嫌がらずに練習してくれるでしょう。

④子供の手にあったお箸の長さ

お箸の長さも重要です。サイズの合わないお箸を使っていては、正しい持ち方は覚えることはできません。

お箸の長さを選ぶ基準は様々ですが、足のサイズと同じ長さのお箸を選んだり、身長の15%の長さのお箸を選べば、問題はないでしょう。



⑤絵本を読んでみる

子供は絵本が大好きです。お箸の持ち方も絵本で見ることで、イメージしやすくなります。しつけ系(お箸の持ち方)の絵本を探してみるのもいいですね。

⑥トレーニング箸

トレーニング箸やエジソン箸は、お箸の練習を始める頃、初期のイメージトレーニングには最適です。三つの輪に指を通すだけで簡単につまめるので、子供も扱いやすいかと思います。

【トレーニング箸】

【エジソン箸

【関連記事】

子供の箸の持ち方いつから練習する?エジソン箸で練習を

⑦滑らないお箸

練習を始めた頃は、なかなか上手く使えない事がほとんどですので、少しでもつかみやすくするためにも、お箸は滑らないものを選んであげて下さい。

まとめ

いかがでしたか?少しは参考になりましたでしょうか?練習が嫌になると、なかなか先には進めませんので、焦らず、少しずつ、本人のペースに合わせてあげて下さいね。

親が焦っても、何にも良いことはありません。のんびり、ゆっくりで大丈夫です。


トップ画像出典: lovemo.jp

【関連記事】

箸の持ち方は無理に教えない方が良い?放置してたら出来てた体験談

あれこれ工夫した!我が子がキレイに箸を持てるようになるまでの話

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします