子供の健康・食事

子供が手足口病に!症状は?対処法はどうすれば良い?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは、3歳と1歳の子供を持つママライターです。

5歳以下の子供がかかりやすいとされている手足口病をご存じですか?

毎年、夏になると乳幼児を中心に保育園や幼稚園などで流行る病気の1つです。

ヘルパンギーナと並び、夏風邪の代表とも言えるでしょう。

近年は増加傾向にあるため、冬場でも流行ることがあるようです。

手足口病は、子供にとってはポピュラーな病気ですので、あまり神経質になりすぎず、冷静に対処すること大切です。子供の様子をみながら落ち着いて対応しましょう。



症状は?

3~5mmの丘疹性紅斑(きゅうしんせいこうはん)に、2~3mmの楕円形の水泡を伴う水泡性発疹が、手足やおしり、口の周りや口内にできるのが特徴です。

患者の約3分の1に発熱がみられます。また、下痢高熱脱水症状、ごくまれに髄膜炎をおこすこともあります。

【関連記事】

夏に流行る!子供の手足口病の原因と症状まとめ

潜伏期間は?

感染してから発症するまで、2日~6日の潜伏期間があります。潜伏期間中でも人に移してしまうため、感染が拡大しやすいと言われています。また、 水泡からの直接感染のリスクが1番高いのは、発症してから10日~2週間ほどと言われています。

対処法は?

残念ながらウイルスに直接きく薬はありません。そのため、水分補給に注意しながら安静にし、自然に完治するのを待つしかありません。とは言え、我が子のために何かしてあげたいと思うのがママですよね。実は私もそうでした。

ママができる水泡の対処法

基本的に水泡には痛みはありませんが、掻き壊したりして細菌感染が起こらないように注意しましょう。もし水泡にかゆみがあるようなら、患部を保冷剤などで冷して、かゆみを和らげてあげましょう。なお、万が一掻き壊した場合でも、掻き壊した水泡は、しばらくの間残りますが、数ヵ月も経てば綺麗になりますので、神経質にならないようにして下さいね。



ママができる発熱の対処法

冷えピタや保冷剤などで、首や足のつけね、脇の下などを冷してあげましょう

また、冷えピタや氷枕で、脳を保護してあげることも忘れないで下さい。発熱は、体がウイルスと戦っている証拠でもありますので、免疫力を高めるチャンスとも言えます。そのため、自然治癒力を押さえ込んでしまわないためにも、 安易に解熱剤は使わないで下さい。

ママができる食事の対処法

口の中やのどの奥に水泡が出来ると、痛いので食欲が落ちてしまいます。

お腹が空いても痛くて食べられないため、泣き叫ぶ子供もたくさんいます。

なるべく口内を刺激しないように、柔らかくて薄味のものや、水分の多いものを食べさせてあげましょう。

うどんやゼリー、豆腐などが良いでしょう。参考までに私の子供は、 ヨーグルトやゼリー、アイスクリーム、いちごのジョアなら飲食できました。

1週間ほどの辛抱ですので、何か食べられるもの、飲めるものを探してあげて下さい。

こんな時は再診察を!

水分が取れない、高熱が3日以上続いている、嘔吐してぐったりしている時には、迷わず再診察を受けて下さい!

まとめ

幼い子供が病気にかかると、心配でたまらないと思います。

でも、そんな時だからこそ冷静に対処する事が大切です。手足口病にかかり、のどの奥に水泡ができると、痛みから泣き叫ぶ我が子を前に、戸惑ってしまうかもしれません。

ですが、1週間ほどの辛抱ですので、覚悟を決めて乗り切りましょう!ママからの優しくて大きな愛は、きっと子供の支えになります。1日でも早く元気になりますことを、心からお祈りいたします。

【関連記事】

子供が手足口病に!症状は?対処法はどうすれば良い?


トップ画像出典: babygaga.com

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします