生後0ヵ月~12ヵ月

生後2ヵ月の成長の目安と特徴!身長は?体重は?授乳や睡眠は?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!1歳の息子がいるママライター・micoです。

今回は生後2ヵ月を迎える赤ちゃんの気になる成長についてまとめてみました!



生後2ヶ月の赤ちゃんの身長・体重

男の子の場合は、身長約54.5~63.2センチ、体重約4.4~7.2キロ。

女の子の場合は、身長約53.3~61.7センチ、体重約4.2~6.7キロが平均値です。

体型に男女差が出始める時期でもあります。

1日あたりの体重増加量

生後2ヶ月の1日あたりの体重増加量は、25〜30グラム程度が目安です。

成長の個人差も大きく出始める

赤ちゃんによって、体重が増えやすい・増えにくいということがあります。周りの人に何か言われることがあったとしても、生まれたときと比べてきちんと成長しているのであれば、あまり心配はいりません。

ただし、体重が急激に減った場合は別です。母乳やミルクが足りていない可能性があります。体重が減ると脱水症状や、体力の低下に繋がってしまいますので、早めにお医者様に相談しましょう。

【関連記事】
生後1ヵ月の体重の平均は?増えない場合・増えすぎた場合の対処法

生後2ヵ月の赤ちゃんの授乳

生後2ヶ月ごろですと、日中は3時間おき、夜中は3~4時間おきの間隔での授乳が目安です。量にすると1回で約140~160ミリです。

ただし、赤ちゃんの身長・体重による個人差もありますし、夏場などの暑い時期はこれよりも多くなることがあります。

1度に飲める量の個人差が出てくる

赤ちゃんも段々と上手に飲めるようになってきて、それに伴うように1度にたくさん飲む赤ちゃんもいます。この場合は授乳間隔は広がりますね。逆に1度にあまり飲めない赤ちゃんも勿論います。

大人でもたくさん食べる人と少食の人といますよね。それと同じことです。この場合には授乳間隔が狭くなるので、1日の回数も多くなります。

身体を動かすことでお腹が空くことも

おっぱいやミルクをたくさん飲んでいるのに授乳間隔は狭いまま。そんな赤ちゃんは、起きている時に身体をたくさん動かしているかも知れません。体力を使っているんですね。

また、お散歩するようになるとたくさんお腹もすくようになります。

生後2ヶ月の赤ちゃんの成長の目安と特徴

見た目の変化

おっぱいやミルクをたくさん飲むようになり、見た目がだいぶふっくらしてきます。手首や足首のくびれに大きなシワが見られるようにもなります。太もも周りも少しずつムチムチになってきます。

身体の動き

首や手足の動きが見られるようになります。首を左右に動かしたり、手足を持ち上げたり。手を開いたり閉じたりおもちゃを握ったりもします。指しゃぶりや足を舐める赤ちゃんもいます。

排便の回数が減る

大腸の排便中枢の発達にともない、少しずつ腸の中にうんちを溜めておけるようになります。赤ちゃんによっては毎日うんちをする子もいれば、2~3日出なくても平気な子もいます。

お腹の張り感や赤ちゃんのご機嫌などを見て、必要であればお腹をマッサージしてあげましょう。

【関連記事】
綿棒浣腸のやり方と注意点!赤ちゃんが便秘になった時の対策

追視がはじまる

まだ視力はしっかりしていませんが、30~40センチほどの距離であれば目で追いかけ始めます。これを【追視】といいます。

抱っこしながらママが顔を上下に動かすと、目がそれを追う様子が見られます。また、原色・特に赤色が好きなので、赤色のガラガラやおもちゃに反応しますよ。

黄昏泣きをすることも

赤ちゃんの目は明るい・暗いを判断できるようになっています。日中など明るい窓の方を向いていることもよくあります。それが夕方になり暗くなってくると、その暗がりに驚いて泣いてしまうことがあります。

これが【黄昏泣き】の原因の1つとも言われています。ほかにも夕方はママが忙しくなるから構ってほしくて泣いている、とも言われますが、そんな時には赤ちゃんを抱っこして落ち着かせてあげましょう。

喃語がはじまる

「あーあー」「うーうー」といった【喃語(なんご)】が始まるのも大体この頃です。

満腹中枢が出来上がる赤ちゃんも

一般には満腹中枢が出来上がるのは生後4ヶ月ごろと言われていますが、中には生後2ヶ月で発達している子もいます。

おっぱいやミルクを飲む量が減って心配するママもいるでしょうが、おっぱいをあげようとしても興味を示さないのであればそれは「お腹いっぱい」のサインです。

お散歩デビューする赤ちゃんも多い

季節にもよりますが、赤ちゃんを外の空気に触れさせてあげることは生活リズムを整えるためにもとても大切です。あまり気負わず、最初は家の周辺や庭先だけでも充分ですよ。

【関連記事】
生後1か月の外出は大丈夫?注意点と持ち物リスト

予防接種を受けることができるように

生後2ヵ月になると、すぐに予防接種を受けることができます。1歳になるまでに受けておきたいワクチンは自治体からの補助が出る定期接種のものと、ママとパパが望んで受けさせる任意接種とあります。

その数は合わせて6つ。ただし、1度だけでなく何度か接種しなければならないものが多いので、生後2ヵ月のお誕生日を迎えてすぐから受けることが多いです。

【関連記事】
生後2ヶ月で受ける予防接種の基礎知識まとめ

赤ちゃんの予防接種いつからはじめる?生後1ヶ月からスケジュールを立てよう!

赤ちゃんの予防接種は必要なの?必要性について考えてみた

赤ちゃんが予防接種後よく寝る…心配だけど大丈夫なの?



生後2ヶ月の赤ちゃんの睡眠

生後2ヵ月ごろですと、1日の12~15時間が睡眠時間になります。段々と睡眠時間のリズムが整ってきて、昼間は起きている時間が長くなり、夜はまとめて寝てくれるようになります。

昼夜逆転してしまう赤ちゃんも

昼寝が長くて、夜は寝てくれない、そんな赤ちゃんもいます。そんな時は、昼間はカーテンを開けて部屋の中に日の光が入るようにしたり、お散歩に行くようにしてみましょう。

そして夜、寝る時間になったら部屋の明かりを消して寝やすい環境を整えてあげましょう。1日の中で昼と夜のメリハリがつくことで、睡眠時間のリズムも整いやすくなります。

生後2ヵ月…ママも産後の疲れが出てくるころ

慌ただしかった、昼夜問わない赤ちゃんのお世話が少し落ち着いてくる生後2ヵ月。今までの疲れが一気に押しよせてきて、体調を崩してしまうママも多いようです。

ですが、そろそろ赤ちゃんの生活リズムが整ってくるので、気持ちの面で少し楽になってきます。

これからは起きている時間が長くなってきますし、赤ちゃんをベビーカーに乗せて近所でお茶、なんていうのも気分転換におすすめですよ♪


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします