生後0ヵ月~12ヵ月

生後1ヵ月の外出は大丈夫?注意点と持ち物リスト10

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!1歳になったばかりの息子がいるママライター・micoです。

赤ちゃんが生まれて1ヵ月。この頃は1ヵ月検診やお宮参りなど、お出かけデビューをする赤ちゃんが多い時期ですね。



生後1ヵ月での外出は大丈夫?

1ヵ月検診が無事に終わり、赤ちゃんもしっかり大きくなっているのであれば、外出しても大丈夫です。とは言っても長時間の外出は赤ちゃんの身体へ負担をかけてしまいます。

ばい菌やウイルスも外にはたくさんいますから、何か病気をもらってしまうのも心配です。外出するとしてもできるだけ短時間で、お家の周りや公園など近場にしておきましょう。

ママの身体のことも忘れずに考えて

赤ちゃんが生後1ヵ月ということは、ママは産後1ヵ月。ママの身体には出産という大仕事を終えたダメージがまだ残っています。昼夜関係なしの授乳で寝不足にもなりがちです。

育児は毎日続きますから、ママの身体を大切にすることを忘れないでくださいね。

1ヵ月検診やお宮参りも無理せずに

1ヵ月検診はできるだけ旦那さんの付き添いをお願いしましょう。1人よりも安心ですからね。そしてお宮参り。

両家の祖父母も交えてのことなのでお参り後にお食事…なんて家庭も多いと思います。

どうしても長時間になりがちなので、できるだけ赤ちゃんがゆったり過ごせるように食事場所を個室にする、もしくは自宅で、というように工夫しましょう。

本格的な外出の前に≪外気浴≫から始めよう

ずっとお家の中にいた赤ちゃん。1ヵ月検診を過ぎたからといって、いきなり長時間のお出かけへ連れ出すのは避けてあげましょう。

まずはベランダや日当たりが良くて風の抜けるお部屋での外気浴から始め、外の空気に少しずつ慣れさせてあげます。

最初は5分…10分…というように少しずつ時間を伸ばし、それから近場へお散歩に出るようにしましょう。

【関連記事】
1ヶ月検診の必須持ち物と服装と費用の目安について

お宮参りの当日の流れや注意点、おススメしたいこと

初めてのお宮参り!母親の服装はココを抑えておこう!

外出する際の注意点

さぁ、いざ赤ちゃんとお出かけ♪その前に、いくつか注意したいポイントをあげておきますね。

赤ちゃんのお肌はとっても敏感

外出することで赤ちゃんの身体は様々な刺激に触れます。日光や風、ほこりなどの刺激は、身体に負担をかけることを忘れずに。また、体温調節機能が未熟なので、1枚かけるものを持っていきましょう。

長時間の外出、人ごみや車の多いところは避ける

抱っこ紐だろうとベビーカーだろうと、長時間の外出は赤ちゃんの小さな身体に大きな負担をかけることとなります。いずれはそうしたところに出かけることになるでしょうが、徐々に慣らしていくことが大切です。

また、人ごみや車の多いところは空気が悪くなりがちなので避けておきましょう。

もしも交通手段を使うのであれば…

1ヵ月検診に行くのにどうしても交通手段を使うというママも多いかと思います。その場合の理想は車かタクシーでの移動。赤ちゃんにもママにもあまり負担がかからずに済みます。

もしも電車で移動する場合には、エレベーターの位置や、万が一に備えて途中で立ち寄る場所で授乳やおむつ替えができるかなどを事前に調べておきましょう。

お天気にも気を付けて

例え晴れていても風の強い日などは避けましょう。また夏の暑い日や冬の寒い日は、生後1ヵ月であれば無理して外出しないようにしましょう。

外出する時間帯にも注意を

生後1ヵ月になると赤ちゃんの1日のスケジュールがなんとなく掴めてくるママもいるかと思います。授乳やミルクの時間、お風呂の時間などに影響のない範囲での外出が理想的。

お出かけ前に授乳を済ませておくのも1つのポイントです。また、夜遅くまでの外出は【夜は寝るもの】という睡眠サイクルを乱してしまうので注意しましょう。



外出のときの持ち物リスト10

お散歩程度であれば最低限のものだけでもOKです。少し時間が長くなりそうであれば、以下の物をマザーズバッグに用意しておきましょう。

  • 1、授乳ケープ、母乳パッド(母乳の場合)

  • 2、粉ミルク、哺乳瓶、お湯(ミルクの場合)

  • 3、おむつ2~3枚

  • 4、おしりふき

  • 5、ゴミ袋やビニール袋

  • 6、ガーゼのタオルやハンドタオル

  • 7、バスタオルやおくるみなど、体温調節できるもの

  • 8、赤ちゃんの着替え

  • 9、母子手帳、健康保険証

  • 10、抱っこ紐(ベビーカーのお出かけでも)
    ベビーカーでぐずってしまったときには抱っこ紐が便利です。かさばるかもしれませんが、持っていくと安心です。

外に出ることで得られるメリットもたくさんあります

「気を付けないことばかりでお出かけがちょっと心配かも…」いえいえ。外に出ることには勿論メリットがあるんです。外の空気や日光に触れることで、皮膚や粘膜が強くなり、身体に抵抗力もついてきます。

また、起きているときと寝ているときのメリハリが付くので、後々の早寝早起きの習慣にも繋がっていきますよ。

無理のない範囲で楽しいお出かけを♪

絶対外出しなきゃ!と気負うこともないですが、少しのお散歩でも充分ママの気分転換になります。レジャースポットなどはもう少し大きくなってからいくらでも行けますからね。

まずは無理のない範囲で、ゆっくりのんびりとお出かけを楽しんでください♪


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします