妊娠初期

妊娠0週目の胎児の状態とママの状態と注意点

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!3年生と5年生の子供を育てているママライターです。

妊娠0週!いよいよ妊娠のスタートです。とは言っても、この時点ではお腹の中にまだ赤ちゃんはいません。

日本では妊娠がわかってから、遡って最終生理日開始日を妊娠0週0日と数えるため、ママ自身も妊娠には気付いていない時期です。

しかし、女性の体は日々変化しています。この時期に、子宮ではどのような動きがあり、ママはどのような点に注意して過ごしたら良いのでしょうか。



妊娠0週目は、まだ妊娠が成立していない!?

最終生理日が始まった日が妊娠0週0日目。まだ妊娠が成立していないのに、なぜそう数えるのでしょう。

出産予定日40週から計算されています。

日本では、世界保健機構(WHO)が、過去正常に出産した妊婦の統計から平均妊娠日数を割り出し、出産予定日を最終生理日から40週(280日)にすると定めました。

これは、1カ月を28日として計算して制定された日数で、生理周期が28日の場合に限ります。

生理周期がそれより長かったり短かったりする場合はその日数に応じて出産予定日が変わりますし、生理不順の場合は赤ちゃんの成長を見ながら推定で予定日が決めらていきます。

妊娠0週目とは、どんな時期?

妊娠検査のために病院を受診すると、必ず最終生理日を問われます。その開始日が妊娠0週0日目となります。

まだ生理中のため、受精卵すら存在していない時期です。もちろん、妊娠検査薬で判定しても陽性は出ません。

ママの体は妊娠するための準備期間!

妊娠は成立していなくても、妊娠するために体の中では準備が進んでいます。

卵子が育つ環境が作られ始めます。

生理とは、不要になった子宮内膜が剥がれ落ち溶けて排出されることをいいます。

この生理がなければ、次の妊娠に必要な卵子が育つ環境(子宮)ができないのです。つまり、生理は次の受精に向けて卵子が育つ環境を整えはじめていると考えましょう。

なぜ1週間続くの?

子宮口はストローより細く、ごくごく少量しか月経血を排出することができません。

そのため、数日かけて少しずつ、少しずつ排出されるのです。子宮の位置が月経血を排出しやすい位置・形であれば、3~4日で生理が終わることもあります。

しかし、傾いて入たり、前後左右にずれている女性も少なくなく、きれいに全てが排出されるまでは、約1週間かかるのです。



妊娠0週の母体の変化

月経中は、様々な体の変化が表れます。

主な生理中の症状

腹痛・頭痛・だるさ・倦怠感・微熱・寒気・発汗・肌荒れ・イライラ・下痢・吐き気・腰痛・むくみ・眠気・・・これら、人によって個人差はありますが、生理中に不快を感じる女性が大方を占めるでしょう。

このような生理痛の不快感を『生理痛』といいます。

なぜ生理痛があるの?

生理中は子宮が収縮します。それは、『プロスタグランジン』という子宮収縮ホルモンの影響によるものです。このホルモンが過剰に分泌されることで痛みを感じやすくなります。

また、月経血の排出によって起きる貧血の影響で血液の流れが滞り、体が冷え、様々な不快症状が出るのです。

冷え対策と睡眠は万全に過ごしましょう。

生理期間は女性にとって、決して楽しく嬉しい1週間ではありませんよね。しかし、妊娠につながるとても大切な期間です!

生理が始まったら、出産予定日が決まります!

妊活中の女性にとって生理初日は「来てしまった・・・」と、少し残念な気持ちになるかもしれません。

しかし、その生理開始日こそが、妊娠開始日になるのです!次の妊娠に向けて、体が変化している証拠が生理の始まり。

とても大切な期間ですから、子宮を温めるような食事を摂り、無理をせずにしっかり睡眠をとりましょう。元気な赤ちゃんを妊娠するために、無理をせず、健康体を作ることを心がけてくださいね!

【関連記事】

妊娠0週とはいつから数える?症状はある?


トップ画像出典: huffingtonpost.com

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします