妊娠後期

臨月とはいつからいつまで? 臨月に気を付けるべき事・やっておくべき事

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

3人の出産を経験したママライターです。

つわりやさまざまな体調の変化、また、体や心の不安を乗り越えてやっと臨月。

あかちゃんにもうすぐ会えると、幸せもピークになる一方、特に初めての出産を迎える妊婦さんは不安もピークですよね。



臨月って?

臨月とは 36週0日から39週6日にあたります。

妊娠10ヵ月目のことです。予定日のある月になったということです。

同じような表現で正産期というのがあります。

これは 37週0日から41週6日、予定日の前後5週間のことをさします。

この時期に生まれることを正期産といいます。

【関連記事】

妊娠10ヶ月(妊娠36週~39週)の症状と注意点と胎児の状態

いつ生まれるのが理想?

臨月と正産期、微妙なずれがありますが、生まれる理想は正産期です。

臨月でも36週6日までに生まれた場合、早期産(早産)になります。

ただ、36週目まで来ていたら、平均的に成長していれば特に心配することはありません。

臨月に気を付けるべきこと。

健康な妊婦さんなら、臨月になったからといって、急に家で静かにしておくべき、とかいうことは一切なく、普段通り、むしろ少し活発目に歩いたり、家事をしたりすることをお勧めします。

雑巾がけやスクワットなどおすすめです。

産後はゆっくりできない!今を大切に!

食べすぎはいけませんが、特に初めての妊婦さんは、子供が生まれてしまったら、誰にも気兼ねせずに、行きたいところに行けなくなるかもしれません。(場所によりますが。)

もうしばらくホテルなどの静かな場所での落ち着いた食事なども出来なくなります。

私は雑貨店をのんびり見て歩くのが好きだったのですが、ベビーカーに赤ちゃんを乗せて、そういうお店にはしばらく行けませんでした。

なぜなら、すぐに赤ちゃんは大きくなり、色々なものに興味を持って、雑貨店やパン屋さんなど、赤ちゃんの手の届きそうなところに商品のあるお店は大変な危険だったからです。

抱っこひもをしても、いつまでも静かにしてくれるとは限らないし、オムツは変えなければならないし…。正直、そんなお店でぼーっと一人品物を吟味する…なんて日々は、初産から約10年近くありませんでした。

もちろん、時々は誰かにあずかってもらって息抜きもしましたが、時間を気にせず無になれる時間など、ほど遠かったです。いつも子供のことが気になって。



後悔する前に今のうちにやっておこう!

初産の妊婦さんには、きっと産後は想像のつかないこともたくさん出てくることだろうと思います。

だからこそ、今のうちに、できることをしてください。

ただし、病院にはせめて1時間くらい、出来れば30分くらいで行ける範囲で。

外に出るだけでなく。

自分自身の経験から、やっておけば良かったというのは、いくつかあります

ひとつは、家の 整理整頓です。

普段からきれいな人はいいのですが、新しくベビーの家具や物を購入したりしても、置く場所がなかったり。場所はあるけど、定位置がなかったり。

私の場合は赤ちゃんの離乳食用の食器でした。

小さなものだし、つまらないことなのですが、食器棚の片隅にずっと放置されていて、結局そこが定位置になってしまったのですが、自分的にはおさまりが悪いな、とずっと思って過ごしていました。

ちょっと整理したらいいだけなのに。

これが、赤ちゃんが生まれて、またもう一人、と生まれていくうちに、もっと他の重大なことがどんどん出てきて、そんなことはどんどん後回しになるのでした。

そして、赤ちゃんの世話で追われて、結局そのまま赤ちゃんはおおきくなってしまって、使う時期は終わってしまっていた、という経験があります。

こういう小さな積み重ねがストレスにつながっていくんだな、と後から痛感しました。

あんまり臨月の妊婦さんにこんなアドバイスする人はないと思いますが、ぜひ参考にしてみてください。

そして、元気な赤ちゃんを産んでくださいね。

【関連記事】

出産前に準備しておくべきだったなと後悔したこと5つ

私の出産体験談から出産前のママに参考になると思う事


トップ画像出典: encrypted-tbn2.gstatic.com

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします