出産 妊娠中期

正産期とは?何時から何時まで?過ごし方のポイントまとめ

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!3年生と5年生の子供を育てているママライターです。

いよいよ出産間近になると、『臨月』という言葉を耳にすると思います。

臨月とは36週0日目~39週6日目のことをいいますが、同じ頃にある『正産期』については、正直よくわからない・・・という方も多いのではないでしょうか。

ここでは、『正産期』について、意味や時期、そして過ごし方について、臨月との違いとともにご説明します。



正産期の時期・臨月との違い

妊娠後期に重なっている『正産期』と『臨月』。

その時期的な違いをご説明しましょう。

『臨月』とは出産予定のある月のこと

妊娠10カ月、週数にすると36日0週~39週6日のことです。

36週は子宮口がまだ硬い状態が多く、母体はいよいよ始まる出産に向けて準備を始めた段階だと考えましょう。

36週の赤ちゃんは、内臓機能や皮下脂肪も整っており、いつ生まれても良い状態にまで成長しています。

しかし、36週で出産した場合は『早産』に分類されます。

早産と言っても、赤ちゃんが未熟児になるわけではないので、心配する必要はありません。

『正産期』とは出産に相応しい期間のこと。

すっかり新生児と同じ状態まで成長した赤ちゃんが、いつ産まれても良い時期とされているのが『正産期』です。

臨月とは期間が少し違い、37週0日~41週6日とされます。

41週7日以降は『過産期』といい、陣痛促進剤を使って出産を促す病院が多くあります。

なぜ1週間の違いがあるの?

赤ちゃんがいつ産まれても良い状態になったとしても、36週で産まれるより、37週に入るまでお腹の中にいた方が、赤ちゃんのためには良いとされます。

それは、母体からより多くの栄養を吸収できることと、内臓機能がさらにしっかりと成長するという理由からです。

また、赤ちゃんの成長には個人差があると言われますが、37週に入れば、だいたいの赤ちゃんが新生児と同じ状態にまで成長します。

正産期の赤ちゃんの状態は!?

『正産期』の赤ちゃんは、産まれる準備がすっかり整っています。

外界で生きる練習を始めます。

36週でしっかり成長した赤ちゃんは、37週に入ると出産後に自分の力で生きる練習を始めます。

41週までの正産期の間には指しゃぶりの練習ができるようになったり、肺呼吸も始まります。

また、出産に向けて頭蓋骨も動くようになります。

このように、36週以降も、赤ちゃんは成長を重ねているのです。



正産期の過ごし方

いよいよ出産が間近に迫りました。

正産期はどのように過ごせば良いのでしょう。

準備は既に万端?ゆったりと過ごしましょう!

ギリギリになって慌ただしくならないように、36週以前に出産準備を整えておきましょう。

正産期に入ったら、今日・明日、出産になってもおかしくありません。

そのために、気持ちに余裕を持ってリラックスする方に気持ちを向けられると良いですね。

睡眠をしっかりとっておきましょう。

出産には何時間、何日かかるかわかりません。

陣痛が来ると、ぐっすり寝ることも難しくなるかもしれませんね。

そんな状況がいつ来るかわからないため、時間がある間にぐっすりと眠り、体調を整えておきましょう。

体を動かしましょう。

筋肉をほぐし、体を温め血行を良くしておくと、産道が開きやすく出産が楽になります。

軽いウォーキングや、家の中でのストレッチなどで体を動かすことも大切です。

ただし、激しい運動は避けるよう気を付けてください。

好きなことをして有意義に!

出産すると、時間に追われ、赤ちゃんのお世話に追われ、なかなか自分の好きなことができなくなります。

残りわずかとなるマタニティライフを存分に楽しむことも良い過ごし方です。

ゆっくりとコース料理を楽しんだり、好きな映画やDVD鑑賞も良いですね。

出産後にできなくなりそうなことを、正産期前にピックアップしておくと良いかもしれません。

出産に向けて心の準備も万端に!

期待と不安で落ち着かない正産期。

突然の陣痛に慌てないためにも、マタニティライフに後悔をしないためにも、心の準備をしっかりとしておいてくださいね!


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします