妊婦の健康・食事

妊娠安定期に楽しむ!マタニティビクス・マタニティヨガなどオススメ5つ!

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!中1の娘と5年生の息子がいるママライターです。

ようやくつわりが終わり、安定期に入ると、色々楽しめることが増えてきますね!安定期に入ったから、何かやろうかな、と考えているあなたに、オススメの マタニティ関連のエクササイズを5つ、ご紹介します。



安定期にオススメ!①マタニティビクス

妊婦さんの体づくりを目的としたプログラム

マタニティビクスは、妊娠中の体に負担がかからないようにプログラムされたエアロビクスです。通常のエアロビクスでは脂肪の燃焼やダイエットを目的としていますが、マタニティビクスは 「安産」や「産後を考えた体づくり」が目的です。

未経験でも大丈夫

ウォーミングアップからストレッチなどで体を慣らし、少しずつパワフルな動きに挑戦していきます。エアロビクス未経験の人でも気軽に取り組めるようインストラクターが指導し、体調の変化に注意しながら行うので、安心して運動が楽しめます。

安定期にオススメ!②マタニティスイミング

水の中で体を軽く

マタニティスイミングは、妊婦さんがプールに入って行うスイミングレッスンです。お腹が大きくなるにつれ、体は重くなっていきますが、水の中では浮力のおかげで陸上の10分の1の負荷しかかからないので、体を軽く感じることができます。ひざや腰への負担の少ない運動ができることがメリットです。

体が冷えない温度設定

水に入ると体が冷えて、お腹が張ったり足がつったりしない?という心配もあると思います。 水温は30℃前後に保たれ、室温を水温より高めに設定することで、水中や水から上がった後に体が冷えないように配慮されています。

その他のプールでできるエクササイズ

スイミング以外にも、ウォーキング・水中エクササイズなど、プールでできるプログラムがあります。「マタニティアクア」という名前で、スイミングを含めて総合的なプログラムを提供しているところもあります。



安定期にオススメ!③マタニティヨガ

呼吸法を身につけられるヨガ

呼吸に意識を向け、体感を鍛えて心身のバランスを整えていくヨガ。出産時には息が浅くなってしまいがちなので、 ヨガの呼吸法を身につけることは、安産にもつながります。また正しい呼吸法を身につけると、リラックス効果が得られるので、妊婦さんの心のケアにもなります。

無理のないポーズで

本格的なヨガは複雑なポーズをとることもありますが、マタニティヨガでは妊婦さんに無理のないポーズが考えられています。ヨガのポーズを行うことで 体が柔軟になり、骨盤が開きやすく、お産が楽になります。出産後にゆがみやすい骨盤も、ヨガで元の位置に戻すという効果も期待できます。

安定期にオススメ!④マタニティピラティス

ハリウッドセレブ御用達のピラティス

マドンナやセリーヌ・ディオンといったハリウッドセレブに支持されたことで話題となったピラティスが、マタニティ用にプログラムが開発されたものです。

床にマットを敷いて行い、バランスボールやゴムバンド、踏み台などを用いることもあります。

ヨガとの違いは?

ゆったりした動きがヨガに似ていますが、ヨガが精神的なリラックスを目的にしているのに対し、ピラティスは体作りを目的としています。

実際にはヨガのゆったりとした動きに、インナーマッスルを効果的に鍛えるエクササイズを取り入れています。マタニティヨガと同じ教室でプログラムが用意されていることもあるので、ヨガをマスターした人は、次の段階としてピラティスに挑戦するのもよいでしょう。

安定期にオススメ!⑤マタニティフラ

腰の動きがポイント

近年フラダンスが習い事としても流行っていることを背景に、マタニティ用のフラがプログラムとして用意されているところがあります。フラダンスの基本であるゆったりとした腰の動きは、腰痛・便秘などの予防や緩和、骨盤の歪みの矯正に効果があります。

リラックス効果抜群

マタニティフラは、ハワイの開放的な雰囲気を感じながら、リラックスしてお産に向けた体づくりができる、新しいタイプのフィットネス。胎教にもピッタリです。

マタニティ仲間ができる!

こうしたエクササイズを行っている教室に通うと、体を動かしてリフレッシュできるという点にプラス、 同じ妊婦の友達ができるという大きなメリットがあります。

教室で知り合う仲間は、出産時期も近く、リアルタイムで悩みや思いを共有できる存在に。出産後も、赤ちゃん連れで互いの家に集まったり情報交換ができるので、妊婦時代から支え合える生涯の友に出会えるかもしれません。

自宅から通いやすいところを見つけて!

やってみよう!と思った方は、産婦人科やクリニックで教室を併設しているところや、スポーツジムでマタニティ関連のプログラムを取り入れているところを探してみましょう。なるべく自宅から通いやすい範囲で見つけると、負担も少なく、仲間ができた時にもお付き合いが続きやすくなります。

ただし、どんなエクササイズも体調に注意しながら、無理のない範囲で楽しむことが大切です。運動することで健康的に過ごし、気心の知れる仲間を作って、楽しいマタニティライフを送って下さいね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします