子供の教育・成長・遊び

自然育児とは?どんな子に育つ?その特徴をまとめてみた

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

自然育児風の育児をしていた母ライターです。
小学校二年生になる娘はごくごくマイペースに育っております。



世間一般の自然育児

自然の力、本来人間が持っている力を生かした育児のことを指すようです。
母乳、自然な免疫獲得、近頃はおむつなし育児というのも流行しているそうです。

私が心がけていたこと

私が心がけていたのは、確かに自然育児的なものです。
穏やかに、本人のペースでの育ちを大切にしました。
もともとテレビを観る習慣がないこともあって、テレビはつけず、音楽もCDではなく歌うか演奏会で聴くのみ。
音のでるおもちゃは与えず、木片やまつぼっくりで遊んでいました。

実際にやってみたこと

一般に自然育児と呼ばれる育児によく登場する事柄があります。
そのうちで実際に私がやってみたことを書いてみます。

ベビースリング

近頃見なくなったベビースリング。
ちょうど娘が赤ちゃんの頃にブームで、私も取り入れてみました。
シンプルなつくりなので、使いやすいかなと思ったのです。
赤ちゃんと密着するので暑いと言われますが、そのせいか落ち着いてよく寝てくれました。
自然育児でも、その密着による抱っこ効果が支持されているようです。

ベビーヨガ

産後の腰の痛みから始めたベビーヨガ。
やはり、自然育児サークルでレッスンがあったり、人気があるようです。
自然と一体になるヨガの思想が支持されているようで、自然育児をサポートする産婦人科、助産院で産前からヨガのクラスがあることも。

たしかに、ゆったりと落ち着いた時間を過ごすことができました。

食生活

有機栽培や無農薬の食材になんとなくではありますがこだわってはいました。
オーガニックマーケットや、パルシステムを利用するほか、週末には近県へと足を延ばして産直野菜の買える道の駅なども頻繁に利用していました。

手作りできるものはなるべくやってみて、とくにおやつはアレルギーがあったこともあり娘が小さな頃はほぼ毎日手作りでした。

家庭菜園

夏の間、家庭菜園をしていました。
娘にも水やり、草むしり、収穫をさせました。
とげ、蜘蛛の巣、虫、堅い茎。
八百屋のお店に並ぶ、きらきらしたお野菜の正体を知ってもらいました。

せっけん、重曹

洗剤類は一時期全てせっけんでした。
娘が産まれてからも、せっけん生活は続き、重曹を併用するなどもしていました。
しかし、現在は合成洗剤を使用中。
娘の通う自由教育の小学校の汚れは、合成洗剤でないと全く歯が立ちません。

ハーブ、アロマ

お料理だけでなく、生活全般にハーブを利用しています。
娘は寝付きが悪いので、ラヴェンダーのハーブピローを愛用。
鼻の通りには薄荷。
虫除けにはティーツリーなど、暮らしの知恵的に採用して効き目のあったものは続けています。

しかし、必要があれば、ちゃんと医療や薬品のお世話になります。



テレビなど

テレビは観ません。
もともと観る習慣がなかったことと、いろいろ作ったり縫ったりしているとそういう時間もありませんでした。
そのかわり、お話しをよく聞かせていました。
だいたいが日本の民話です。
民話は季節感や文化が自然に身につくように思います。

プレーパーク

プレーパークへよく出かけていました。
ある日、公園の帰りに発見して、次からはお着替えとお弁当持参で。
都内ではなかなかできない、思い切ったどろんこあそびやちょっと危険な遊びも、こども主体でどんどんできるので娘は夢中でした。
こちらにも自然育児にとり組んでらっしゃる方が多くみえてらして、自然育児系の情報や、オーガニックマーケットの情報のやりとりをしました。

シュタイナーサークル

自然育児の方が多いシュタイナーサークル。
私も参加していました。
こどもとの静かな時間の過ごし方、暮らしのリズムなど、良い影響がありました。

難しいことはしない

自然育児に限らずですが、私は難しいことはしませんでした。
本来の流れに沿っていれば無理をせずとも出来ると考えていたので、自然育児のために無理をするのは自然ではないと思ったのです。

良いと思うことだけ

また、いくら自然だといっても、疑問に思うようなことには手を出しませんでした。
あくまで自分がなっとくできる範囲での自然育児。
それこそが自然だと思いました。

予防接種はしました

自然な免疫獲得を良しとして、予防接種を否定する考えが自然育児方面では一般的のようです。
しかし、それはあまりにもリスクが大きいと判断し、予防接種は受けることにしました。

お砂糖も必要なら

お砂糖は害悪であるという考えも自然育児ではよくあります。
たしかに摂りすぎはよくありませんし、お砂糖の多いお菓子はしつけにも味覚の発達にもよくないと思って控えてはいました。
しかし、煮物やスポンジケーキには必要です。
なるべく素材の味を生かしつつ、砂糖も使っていました。
あまり過敏に、過激に避けることはしませんでした。

ホメオパシーはやっていない

ホリスティックな医療全般を否定するわけではないし、有効なケースもあると理解しています。
ホメオパシーについては、一般的な現代医療を否定する点において賛同しかねます。

布おむつやおむつなし育児もしませんでした

紙おむつ派でした。
これは単純に産院がガーゼで拭いて紙おむつというやり方でしたので、産後ふらふらのルーティーンでそうなったものです。

母乳や自然分娩にこだわらない

私自身は母乳でしたが、出産は無痛分娩でした。
いろいろな事情があると思います。
赤ちゃん・お子様・お母様の健康が優先されるべき。
過度な母乳・自然分娩信仰は時に人を傷つけ、追いつめるのではないかと、母乳セミナーや自然分娩映画上映会は行きませんでした。

どんな子か

自然育児で育つとさぞ元気に素朴にと思うかもしれません。
けれど、プレーパークで出会った自然育児系のこども達は、みんなそれぞれ。
おませさんもいれば、温和しいこもいれば、ものすごい怪獣もいました。
自然育児のこども達は、その子の性質がよりのびのびと出るのかなと思います。

やってよかったと思う点

ゆるっとながら、自然育児をしてみて良かったのは、娘にいろいろ作ってあげられたこと。
私も、家族で自分たちが食べるものや着るものを作るのが楽しかったのです。

まとめ

かじってみました程度の自然育児ですが、こんな感じで、楽しいこともたくさんありました。
興味があれば、難しい・大変・手間がかかることは後回しにして、やってみたいと思うところからはじめてみると、案外うまくいくかもしれません。
あくまで自分にとっても自然にどうぞ。


トップ画像出典: eskipaper.com

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします