産後

産後うつの『イライラ』と『落ち込み』を経験して今思うこと

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。小学校5年生と2年生、そして幼稚園児の子育て真っ最中のママです。

 今日は『産後うつ』のテーマで、私が経験した事、そして今、時間が経って思うことを書いてみたいと思います。



ママの身体の変化

 『出産』という大仕事を終えたママの体と心は、ホルモンの影響を受けて、大きく変化します。

●涙もろくなった
●怒りっぽくなった
●イライラするようになった
●心配性になった
●不安が襲うようになった

など、人それぞれですが、こういった声はよく聞きます。ちなみに私は、全て当てはまりました。

『イライラ』について

 出産前は気にも留めなかったことでイライラすることがありました。

例えば、部屋が散らかっている。小さな赤ちゃんがいるんです、部屋が散らかっていたり洗い物が溜まっていたり、よくあることだと思います。

けれど、散らかった部屋が目につくたびに、とてもイライラしていました。そして考えるのです。

それって、自分の家事がしっかり出来てないからでは?と。そして、今度は自分に対してイライラ…。

そしてそのイライラは、家事を手伝ってくれない旦那さんに向き…。と、いうようにイライラの輪は、どんどんどんどん大きくなっていきました。

そうやっているうちに、夫婦中までギクシャクしてきました。

母親は、赤ちゃんを妊娠し、出産して『親の自覚』を身につけていきます。

けれど父親は、そういう妻と子供に関わりながらゆっくりと『親の自覚』を身につけていくものだと思うのです。

この事をお互いに理解していれば、上手に乗り越えて行くことが出来たのかもしれません。



『落ち込み』について

 産後、ひどく落ち込んで、直ぐに涙するということが頻繁にありました。

よく泣く赤ちゃんに、「母乳が足りてないんじゃないの?」「お母さんがイライラしてるからそんなに泣くのよ。」

なんて言われた日には、赤ちゃんに負けないくらい大きな声で赤ちゃんと一緒に泣きました(笑)

今思うと、そこまで落ち込むことでは…と思いますが。けれど、産後のこの時期は本当に今では考えられないような、些細なことも敏感に受け止めて落ち込んでいました。

子供にアトピーが出たときも、「私の妊娠中の食生活がダメだったのかな?」とか「そういえばお医者さんは大丈夫、って言っていたけど風邪薬を飲んだから?」と、しばらく落ち込みました。

このような私の症状は、産後半年以上続きました。その間、私は誰にも悩みを打ち明けられず、ひたすら戦っていました。

後になって、本を読んだり色々な人に聞いて分かったのですが、これが、『産後うつ』だそうです。

出産後~3週間程度の気持ちの浮き沈みは、誰しも少なからず経験するそうです。

けれど、それ以降もこのような症状が続くのは、『危険信号』だそうです。幸い私は時間と共に(それでも結構かかりましたが)気持ちも変化していきました。

もっと早く誰かに相談していれば、と後悔は残っています。本当に辛い毎日でしたから。それに、そうすれば、もっと早くから赤ちゃんとの時間を楽しむことができたのに…。

このように、「産後うつかな?」と思っているママさん方、その症状が時間と共に改善されているのであれば、それはもう少しの辛抱かもしれません。

けれど、長くそのような辛い中にいるのならば、一度、誰かに(お医者さん、お友達、旦那さん、親やきょうだい)に相談してみるのもいいと思います。

私は今、「早く誰かを頼っていればよかった。」と、とても後悔しています。だって、子供が赤ちゃんでいる時間は、本当にすぐに過ぎてしまうのだから。

 皆さんが、赤ちゃんと過ごす今しかない宝物のような時間を、もっともっと幸せに過ごせますように…!!


トップ画像出典: assets.babycenter.com

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします