妊娠初期 妊活・べビ待ち

低温期と高温期の理想の温度差は何度?温度差の計り方は?理想の日数差は?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!3年生と5年生の子供を育てているママライターです。

女性の基礎体温には、体温の高い『高温期』と体温の低い『低温期』の2つの体温期があります。

これは、排卵や月経などに必要な女性ホルモンの影響で起こる体温の変化です。

もともとの体温やサイクル、体質などに個人差はありますが、妊娠しやすい子宮の状態を作るためには、理想に近づけるための努力や治療を要する場合もあります。

ここでは、理想とされる基礎体温について、詳しくご説明します。



理想の温度差は0.3~0.4℃!

高温期と低温期、グラフで示すとハッキリと2層になっているのが理想です。

平均的な基礎体温と温度差

理想的な基礎体温は、高温期が36.8℃前後、低温期が36.5℃前後です。

それぞれの温度は毎日同じではなく、変動があります。

その変動は、0.2~0.3℃以内であれば安心範囲だとされています。

そして、高温期と低温期には、だいたい0.3~0.4℃の差があるのが理想です。

基礎体温には個人差があります。

この基礎体温には個人差があり、低温期でも36.5℃ある、高温期は37.0℃ある!という人もいます。

低温期が高い場合は卵胞ホルモンの分泌量が多すぎるといわれます。

しかし、理想的な温度差あり、グラフがしっかり2層になっていれば心配ないという場合がほとんどです。

温度差の計り方

高温期と低温期には、それぞれに0.2~0.3℃の変動があります。

温度差の正しい計り方、また誤った計り方について、ご説明します。

『おおよそ』で考えましょう。

基礎体温が理想的であっても、変動がまったくないことはありませんよね。

ですから、きちんと正確な数値で温度差を表すことはできません。

また、夜中に一度目覚めてしまったり、朝方トイレに起きるなどで基礎体温は影響を受けることを覚えておいてください。

『おおよそ』で捉えるようにしましょう。

また、1周期で計るのではなく、最低3周期の計測で判断することも大切です。

0.3℃定規が便利です!

使用しているグラフの目盛幅に合わせ、0.3℃幅の定規を作りましょう。

その定規をグラフに当ててみてください。

温度差が理想的である場合、定規の下縁を『低温期のだいたい中心ライン』に合せると、自然に定規の上縁には『高温期のだいたい中心ライン』がくるはずです。

もし、温度差が明らかに足りない場合は、どちらかのラインが定規に隠れてしまいます。

突出した日があったとしても、これは“たまたま”であると捉え、深く考えなくて大丈夫です。

オススメできない3つの計り方

① それぞれの『平均値』で差を求める

平均値を算出すると、0.1℃の変動や、突出している日に大きく左右されます。

温度差が0.3を下回ってしまうことも、大きく差が開きすぎてしまうこともあります。

もし平均値で求めたい場合は、温度差はかなり大雑把に捉える余裕を持つことが大切です。

② 高温期の最低温度と、低温期の最高温度の差で求める

この方法で求めると0.3℃以上の差は当然出てきます。

黄体機能不全等でガタガタのグラフになる場合、また“たまたま”温度差が出てしまうということもあります。

正確な差を求めるには、おすすめできない方法です。

③ いちばん高い温度の差、または、いちばん低い温度の差で求める

この方法もおすすめできません。

基礎体温には、ガクッと下がったり、突出する日がないとは言い切れません。

ですから、“いちばん”に限定して差を求めるのは、誤った判断をする原因となりかねません。



理想の日数は14日間ずつ!

日数にも個人差があります。

理想的なサイクルとは?

高温期と低温期、それぞれ14日間ずつあるのが理想的です。

この日数には個人差がありますので、目安として考えてください。高温期と低温期は、前後2日のズレが生じても、理想的な範囲内だと捉えましょう。

心配な日数とは?

前後2日のズレは『理想』ですが、それを超えたズレがあってもサイクルが安定していれば問題がない場合もあります。

ただし、次のような場合は、何らかの疾患が隠れているかもしれません。

  • <高温期日数>
  •   9日以内(黄体ホルモン分泌量の不足など)
  •   21日以上(妊娠の可能性あり)

  • <低温期日数>
  •   12日以内(未成熟排卵の疑いなど)
  •   21日以上(子宮や卵巣の機能低下など)

しかし、例えば低温期日数が30日あったとしても、高温期がきちんと14日あり、そのサイクルが安定していて妊娠したという女性も実際にいます。

女性はとてもデリケートです。

基礎体温の日数や体温が理想通りのサイクルであるに越したことはありません。

しかし、体だけでなく、心の問題も大きく関わってきます。

理想は、あくまでも理想です!

基礎体温のサイクルには、もちろん体質もあります。

しかし、正常範囲内でも妊娠しにくいこともありますし、正常範囲外で妊娠した!というケースがないわけではありません。

そこには、女性の体の問題と同時に、心の問題も大きく関わっているのでしょう。

一生懸命妊活している間は妊娠できなくても、妊娠を諦めた直後に妊娠するという女性も多くいます。

体と心の両方が、基礎体温や妊娠に関わる、それほど女性はデリケートなのです。理想は、あくまでも理想です。

あまり深く考えすぎることも良くありませんので、だいたいの目安として捉えてくださいね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします