妊娠初期

妊娠1週目のママの症状は?胎児の状態はどんな感じ?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!もうすぐ6歳になる娘と2歳の息子を育てている、ママライターのケイです。

妊娠1週目の時期、ママの体に変化や症状は現れるのでしょうか。また、胎児の状態はどんな感じなのか気になりませんか?今回は妊娠1週目のママの体と胎児についてお話させていただきますね!



妊娠1週とは?

妊娠1週の時期、実はまだママの体は妊娠していません。妊娠0週0日は妊娠前の最終月経が訪れた時期で、この妊娠1週は多くのママが月経が終わってほっとしている時期でしょう。

妊娠1週の時期に訪れる体の変化

妊娠1週の時期、ママの体内では変化が起こっています。女性が生まれたときから持っている卵子である原始卵胞

この原始卵胞は数カ月かけて卵巣で成長し、たくさんの卵子は互いに競争してただ一つだけが主席卵胞として選ばれ、排卵へ向けて成長していきます。原始卵胞は0.025ミリほどでしたが、排卵直前の主席卵胞の大きさは20ミリにもなります。

ママの体に現れる症状はあるの?

妊娠1週の時期のママは実際にはまだ妊娠していないため、体に現れる影響はありません。つわりや腰痛・腹痛、おなかの張りなど妊婦特有の症状はもう少し先になります。

もしも何か変だなと感じることがあれば、体内のホルモンバランスが変化しているためかもしれません。妊娠1週の時期のママの体は黄体ホルモンであるプロゲステロンが活発に働いている影響で体温が高くなります。基礎体温を測っているママは高温期が続いているのに、気づいているでしょう。

体温がいつもよりも高いと、生理中ほどではないものの体が気だるく感じたりすることがあるようです。しかし、ホルモンバランスの影響ではなく風邪などによる体調不良やストレス、疲労などの可能性も否定できません。もし体調に違和感を感じた場合はしっかりと休息をとってくださいね。

妊娠1週は性交渉のあった時期

この妊娠1週から2週にかけては性交渉のあった時期にあたります。卵巣で成長した卵子が実際に排卵されるのは妊娠2週ころです。排卵された卵子は24時間程度しか生きることができませんが精子は放出されてからおよそ2~3日間の間、生きることができます。そのため排卵される直前である、 妊娠1週ころの性交渉は妊娠に非常に効果的なのです。



胎児の状態は?

前述の通り、実はまだ妊娠していないこの時期には胎児は存在しません。まだ卵子と精子の状態で、まだ受精卵にすらなっていない状態なのです。

薬・アルコール・レントゲンによる悪影響は?

この時期の薬やアルコール、レントゲンによる悪影響はあるのでしょうか。

まず薬ですが、一般的な薬は2~3日で完全に体外に排出されるため、胎児のもととなる卵子への影響はほぼありません。

しかし妊娠2週目ころには卵子と精子が受精し、受精卵になります。この頃から一部の薬には奇形や発達異常などの悪影響が懸念されるため必要のない薬は飲まないようにし、風邪などにかかった場合は医師に妊娠や妊娠の可能性を伝えて薬を処方してもらってください。

アルコール

アルコールをこの時期に飲んでしまった場合も問題ありません

これも、まだ受精していないためです。妊娠週数が今よりも進んでからの飲酒は 胎児性アルコール症候群を招く恐れがあり、奇形や発達遅延や低体重、低身長などの異常を起こすことがあります。妊娠が分かったら、一切のお酒を断ちましょう。

レントゲン

レントゲン撮影による放射線の影響も気になりますね。しかし歯科や整形外科などで何枚か撮影した、などの程度であれば問題ありません。通常の医療目的の検査では、胎児奇形などの異常を招くような被ばく量の検査はないからです。

最後に

この時期はママの体が妊娠に向けての準備をしている時期です。体を冷やしたり、疲労やストレスをためないように努めて自分の体を大事にしてくださいね!


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします