女性の健康

女性の方が歯周病になりやすい?その理由とは?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このサイトをご覧になっている方はママ・プレママがほとんどだと思うのですが、初めて産婦人科を受診して「おめでたですよ」と言われ…歯科受診も行くようにと言われた方多いですよね?

「なぜ歯科に?」と疑問に感じたことはないですか?

昔から「おめでたになるとおなかの赤ちゃんはお母さんの歯を骨にする」「妊娠すると歯がぼろぼろになる」と言われていますが、そういう理由からでしょうか?



歯周病は妊婦の大敵!

歯周病の怖いところは、歯周病菌が歯茎から全身にまわってしまうところです。

妊娠中も同じで、歯周病菌が胎盤に入り低体重児が産まれたり早産する可能性が高くなるという報告があるのです。

歯周病は普段から気をつけないといけないのですが、妊娠中は特に気をつけて、そしてもし歯周病になっている人がいたら早く治療しましょう。

妊娠したら歯周病にかかりやすくなる?

「昔の迷信よ」と言ってしまうのは簡単ですが、昔の人の生活の知恵は侮れません。

実は根拠があり、医学的にも「妊娠したら歯が弱くなる」裏づけがあるのです。

女性ホルモンの影響

妊娠すると女性ホルモンが普段よりも多く分泌されるのはわかりますよね。

実は、歯周病菌の中には女性ホルモンが「好物」なものがあります。

つまり、妊娠すると自動的に歯周病菌が増えてしまうことになります。

つわりの影響

妊娠したら「つわり」は避けて通れません。

「つわり」は人によってさまざまです。
炊飯器の湯気のにおいでも気分が悪くなる人、逆に食欲が増す人もいますよね。

でも、これが歯周病の原因の一つなんです。

何をしても気分が悪くなる人

歯ブラシを口に入れても吐き気を催す方もいます。

おのずと、歯磨きが億劫になってしまいますよね。
口の中を清潔に保てないので歯周病菌が増えてしまいます。

食欲が増す人

妊娠中に食欲があるのは悪いことではないですが、特に甘いものは要注意。

歯のエナメル質が解けやすくなるので虫歯になりやすくなったり、歯周病菌の温床になったりします!

食後はお口のケアをきちんとしましょう。

唾液の量と質の変化

食べ物を食べない、つまり噛まないと唾液が少なくなりますし、食べ過ぎると唾液が酸性になります。

これも歯周病菌が増えやすい原因なのです。

免疫力の低下

妊娠中は「免疫力が低下する」と言われますよね。

風邪を引きやすくなったり疲れやすくなる方も多いでしょう。

実際、筆者も二回出産しましたが、二回とも妊娠中にカンジダ膣炎になりました。

最初は恥ずかしかったですが、病院スタッフの方に「免疫力が低下して体力落ちますからね」と言われてちょっと安心したくらいです。

なぜ妊娠したら免疫力が低下するのか

実は、妊娠中に免疫力が低下するのはおなかの赤ちゃんを守るためです。

免疫力が強いままだと赤ちゃんは「異物」と判断され排除されてしまうのです。

それを防ぐために母体の本能として免疫力が下がるんです。

免疫力が下がるとお口の中は…

赤ちゃんのためには免疫力が下がるのは仕方ないですが、歯にも影響があります。

歯茎が弱くなり、歯周病菌がつけ込みやすくなります。そこに前項で述べたようにお口の中を清潔にしていないとたちまち菌が繁殖してしまうのです。



予防と治療

歯周病の原因はプラーク(歯石)!

ブラークとは歯についた食べ物のカスです。

これに歯周菌がつき、歯周病になっていきます。

ですから、ブラークを取り除くことが歯周病の予防、治療になるのです。

定期的な歯科受診が最良

毎日毎晩歯磨きをしていても、完全にプラークを取り除くことは難しいです。

歯科を受診して定期的なブラーク除去をしてもらうのか最良の予防・治療です。


いかがでしたか?

骨は骨折しても再生しますが、歯は永久歯になれば一生ものです。

いつまでも健康的な歯でいたいですよね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします