生後0ヵ月~12ヵ月

生後1ヵ月の体重の平均は?増えない場合・増えすぎた場合の対処法

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!

1歳になったばかりの息子がいるママライター・micoです。

赤ちゃんが生まれて1か月。

しっかりと大きくなってくれているか、ママは心配ですよね。

その逆で、何だか大きくなりすぎちゃった気がする…

なんてママもいますよね。

今回は生後1か月の赤ちゃんの体重について、

平均値や、増えない場合・増えすぎた場合の

対処法についてお話しします。



生後1か月 体重の平均

生後1か月でも、すでに男の子と女の子でわずかですが

平均値に差があります。

  • 男の子 3.6~6.0㎏

  • 女の子 3.4~5.5㎏

1日あたりの体重増加量

大体生まれた時の体重から、

1か月で700グラム~1キログラムほど増えていれば、

母乳やミルクが足りていて順調だと言われています。

1日当たりにすると、約30グラムほどですね。

完全母乳の場合では、

生後3か月までの間は

1か月500~600グラムほど増えていれば

大丈夫とも言われています(1日当たり約15~20グラム)

体重が増えない場合とその対処法

体重が増えない場合、

極端に減少していなければ特に心配はいらない、

とも言われていますが、それでもやはり気になりますよね。

考えられるいくつかの原因と、その対処法をみてみましょう。

授乳やミルクの回数が少ない

生後1か月までの赤ちゃんでも、

あまり泣かない、よく寝てくれる、という子もいます。

この場合に、必然的に1日の授乳回数が減ってしまって、

体重が思うように増えないことがあります。

1日の授乳回数を見直してみる

完全母乳であれば1日に8~10回以上、

ミルクであれば1日に6~8回程度あげるのが目安。

特に母乳の場合は、1回に飲む量がミルクよりも少なめなので、

その分回数を多くあげるようにしましょう。

おしっこの量も一つの目安

おしっこの回数が1日6回以上出ていれば、

体重の増え方が緩やかでも大丈夫。

うんちの場合は赤ちゃんによって溜めて出すタイプの子もいるので、

うんちの回数が少ないからといって単純に

母乳やミルクが足りないとは言えないようです。

夜間の授乳もしっかりと

ミルクであれば1日の量も決まっていますし、

腹持ちがいいので夜しっかり寝てくれることもあります。

ただし、母乳の場合は夜間に1~2回授乳をしなければ、

それだけ1日に飲む量が減ることになります。

ママは眠くて辛いところですが、

夜間も3時間おきの授乳を意識してみましょう。

寝ていても、おっぱいを口に含ませると

飲んでくれることもありますよ。

完全母乳にこだわりすぎない

完全母乳じゃないと、とこだわりすぎていませんか?

確かに母乳には、赤ちゃんが育つ上で

大切な栄養素がたくさん含まれています。

けれど、ママがそう願っていても、

赤ちゃんの体重が増えない場合ももちろんあります。

そんな時には無理せずにミルクに頼りましょう。

毎回ミルクを足すのではなく、

夕方や夜間など母乳の分泌が減る時間だけ

40~60ミリほど足してみましょう。

それで体重が増えるのであればそれ以上ミルクを足す必要はないですし、

変化がないようであればもう少しミルクを増やしてみましょう。

室温と体重の関係

室内の温度が低いと、

赤ちゃんは体温を維持するために

たくさんのエネルギーを使います。

その結果、母乳やミルクのエネルギーが身体に残ることなく、

すべて消費されてしまうのです。

こうなると、体重はうまく増えなくなります。

赤ちゃんにとって快適な室温は24℃前後。

特に冬場は、毛布やエアコンなどをうまく使い、

身体が冷えないようにしてあげましょう。

体調不良や病気

赤ちゃんは大人よりも体重の変化が大きいです。

便秘の有無や、体調が悪い時などは急に減ってしまうことがあります。

また、病気が原因で体重が増えないこともあります。

体重の減りが10%以上の場合は、

脱水・黄疸・低血糖などが疑われます。

稀に成長ホルモンや甲状腺ホルモンの分泌が

不足していることもあります。

母乳やミルクが上手く飲めていなければ、

栄養不足になることもあります。

赤ちゃんがずっとグズっていたり機嫌が悪い、

食欲がないというときなどには、早めにお医者様に相談しましょう。



体重が増えすぎた場合とその対処法

今度は逆に体重が増えすぎた場合についてです。

赤ちゃんが生まれて1か月の間は、

赤ちゃんが太りやすい時期ともされているので、

体重が増加するのは当たり前なんです。

母乳やミルクをたくさん飲む

平均的な量を飲んでいて、

それでも体重が増えすぎる場合はなにも心配することはありません。

赤ちゃんの体質の差もありますからね。

また、一般的にミルクで育つ赤ちゃんは

体重の増えが良いと言われています

(母乳よりも量を多く飲ませることと、

カロリーが高いことが関係しています)

母乳であれば飲みたいだけ飲ませてあげてOK!

母乳は欲しがるだけ、飲みたいだけ飲ませてあげて大丈夫です。

ただし、ミルクの場合は

缶に記載されている1日の目安量を守るようにしましょう。

先に書いたようにカロリーが高いので、

どんどん体重が増えてしまいます。

欲しがるようであれば、

哺乳瓶で白湯や赤ちゃん用麦茶などをあげるのも1つの手ですよ。

急激な体重増加でなければ大丈夫

先に書いたように、

この時期は赤ちゃんが太りやすい時期。

必死に成長しようとしている時期なので、

検診で『問題ない』と言われたのであれば

特に心配しなくても大丈夫です。

赤ちゃんの様子をしっかり見てあげる

たくさん飲んで、起きてるときはご機嫌で、

たくさん寝てくれて、ということであれば、心配いりません。

気をつけたいのは、嘔吐してしまったり、

元気がない、ぐったりしているなどの症状が見られるときです。

この場合は飲ませすぎの可能性もあるので、

その後の様子をしっかり見てあげましょう。

場合によってはお医者様に相談することも大切です。

それでも気になる…

母乳が溢れるほど出ているのに、気にすることなく沢山飲む赤ちゃん。

『やっぱり飲みすぎなんじゃ…?』

『大丈夫と言われても気になる』ということであれば、

少し飲ませ方を工夫してみましょう。

授乳間隔を3時間開け、

1回の授乳に10分ほど時間をかけてゆっくり飲ませてみましょう。

病院へ行く必要がある場合

先天性に心臓に疾患がある赤ちゃんの場合、急激な体重増加は禁物。

また、このような疾患のない赤ちゃんでも、

あまりに急激な体重増加や身体のむくみ、

嘔吐が激しい場合には、何らかの問題が考えられます。

そんな時にはお医者様に相談してみましょう。

体重の増え方には個人差が大きい

体重の数値は、赤ちゃんがきちんと大きくなっているかの目安の1つ。

もっと大切なのは赤ちゃんが毎日元気に過ごせているかどうかです。

とは言っても、体重を気にするママの気持ちもわかります

(私も1年前そうでした…笑)

体重が増えない場合も、増えすぎた場合も、

今回ご紹介した対処法で気になるものがあれば、

試してみてください。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします