妊娠中期 妊娠初期 妊娠後期 妊婦の健康・食事 妊活・べビ待ち

葉酸はいつからいつまで飲むべき?産後の授乳期にも必要?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!3年生と5年生の子供を育てているママライターです。

体調が悪くなったり、周期通りの生理が来なかったりで妊娠を感じる女性は多いですよね。

病院の検査で妊娠がわかり、病院で葉酸を勧められたのを機に葉酸サプリを飲み始める方もいると思います。

しかし、葉酸は実はもっと早くから飲むことが望ましいことをご存知でしょうか。

では、いったいいつから?そして、いつまで飲み続けるのが良いのでしょう。

ここでは、葉酸を摂取するに望ましい期間についてお話しします。



『今』から、飲み始めましょう!

妊娠したいと考えている、妊娠している、または妊娠しているかもしれない!という状況にある方は、迷っているのであれば『今』から飲み始めましょう

早すぎることはありません。

葉酸は赤ちゃんの奇形や障害リスクを下げるために飲むと思っている方は多いと思います。

しかし、それだけではありません。

妊活を考えている方にとっては、妊娠しやすい健康な体を作る効果があります。

妊娠している、妊娠しているかもしれないという方には、

妊娠を継続させるために必要な健康体を作り、保つのにも役立ちます。

妊娠前から妊娠11週(3カ月)までが最も大切!

赤ちゃんのために飲むのであれば、

妊娠前から妊娠3カ月の期間には必ず飲むようにしましょう。

受胎後7週までの赤ちゃんの成長

赤ちゃんの中枢神経が形成されるのは、精子が卵子に着床してから7週までの間です。

中枢神経とは体のあらゆる機関をコントロールする神経組織の集まりです。

その期間に葉酸を摂取することが、神経管閉鎖障害のリスクを減らすことにつながります。

また、この期間には心臓・肝臓など、主要な各器官も形作られます。

受胎後(妊娠成立後)11週には各器官が活発に動き始めます。

心臓・肝臓その他の各器官、目・鼻・口・耳、そして手足など、すべての各器官が成熟するのは受胎後11週頃。

その頃には赤ちゃんの体、神経などが活動を開始します。

また、自覚症状として妊娠が発覚するのもこの時期が最も多いようです。

着床日がわからないからこそ早めに!

妊娠を望んでいても、実際に着床痛があったり、

基礎体温周期に狂いがない体質である場合以外は、

着床日がいつなのか正確にわからないことも多いですよね。

ですから、着床日には既に充分な葉酸が補充されている状態でいるために、

妊娠を望んだ時から摂取し始めると効果が確実だと言われるのです。

妊娠がわかってから飲み始めても遅くありません。

既に妊娠3カ月を過ぎていたとしても、葉酸を飲んで無駄になることはありません。

妊娠3カ月以降は、より多くの葉酸を!

妊娠前から妊娠3カ月までの期間は、400μℊの葉酸が必要と言われていますが、

妊娠3カ月以降は480μℊと、さらに多くの葉酸を摂取することが望ましいとされています。

葉酸は赤ちゃんの成長を助けます。

妊娠3カ月以降は、胎児が母体から栄養を吸収しながら成長します。

葉酸には赤血球を作り出して胎児に多くの酸素を送ったり、

たんぱく質を形成する働きもあります。

この時期に葉酸が不足すると、低体重児や流産に

繋がることもあるため、多くの葉酸が必要なのです。

出産後も母乳に良い影響を与えます!

出産後、赤ちゃんを母乳で育てるのが理想的ですよね。

その母乳の質を上げるためにも、葉酸は非常に役立つのです!

葉酸が母乳に与える効果

母乳の原料は『血液』です。

良質の母乳を作り出すためには、規則正しい生活とバランスのとれた食生活で

サラサラの血液を作り出すことが大切です。

そこに赤血球を形成する葉酸をプラスすることで、より質の良い母乳が作り出されます。

ですから、母乳を飲ませる期間は、継続して葉酸を摂取することが望ましいのです。



出産後の美容効果にも期待!

女性は妊娠中と出産後では、女性ホルモンのバランスが大きく変わります。

そのため体にも変化が表れますが、葉酸がそのバランスを整えてくれます。

抜け毛予防になります。

出産後に減る女性ホルモンの分泌量の影響で、

抜け毛が気になる方はとても多くいます。

髪の毛の元になる栄養素として、タンパク質や血液、髪の毛を作り出す細胞の形成には葉酸が良い影響を与えてくれます。

産後うつの予防にも効果あり!

葉酸を摂取することで、体内では精神安定剤となる『セロトニン』が作り出されます。

自律神経を調え、不眠症や食欲不振、イライラ、倦怠感などを抑えてくれます

最近よく耳にする『産後うつ』の予防に大きな効果があります。

肌質を調え、腸内も健康に!

葉酸の効果であるタンパク質の形成、細胞分裂の助長、

新陳代謝の促進は、ママの肌質を良くします。

血液の流れも良くなりますので、便秘の解消や老廃物の排出にも役立ち、

美容効果も期待できるのは嬉しいですよね!

継続して飲み続けるのが理想的!

葉酸は妊娠中だけでなく、産後、授乳期間後も継続して飲むことで健康な体を維持します。

葉酸には多くの良い効果があります!

多くの研究機関で、血管の老廃物である『ホモシステイン』という

物質に注目が集まっています。

このホモシステインの濃度を下げるためには葉酸の摂取が効果的

濃度が低ければ動脈硬化、糖尿病、アルツハイマー、リュウマチ、循環器疾患を防ぎ、さらには死亡率も低くすると言われています。

葉酸は全ての健康を維持したい方におすすめです!

いつまでも健康を維持し、長生きしたいと願うのは

妊活・妊娠・授乳中の方だけではありませんよね。

ママはもちろん、パパも、そしておじいちゃん、おばあちゃん、

家族みんなで葉酸の摂取を心がけてみませんか?

ただし、お子様の場合は必要な栄養素の量が

成人男女と異なるため、医師に相談してくださいね。



【関連記事】

奇形・障害・流産を予防する妊婦に必須な葉酸の効果とは?

葉酸サプリの賢い選び方とおススメできるサプリBEST3


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします