ママ友

ママ友の作り方!育児仲間の出来る場所とは?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。幼稚園年少になる娘を持つママライターです。

子どもが生まれてから、ママの生活は大きく変わりますよね。

病院、児童館、近所の公園、保育園幼稚園など、色々な場所に出かけ、子どもを通じての交友関係が新たに生まれます。

最近、ネットやテレビなど、「ママ友」をテーマにした話題にたくさんの注目を集めています。

今日は、私のリアルなママ友の世界をみんなに紹介したいと思います。



ママ友とは何か?

ママ友という言葉は、専業主婦が当たり前の時代からずっと使われています。明確な定義はありませんが、「ママ友=子どもを通じての友達」という解釈が一般的です。

ここで、「ママ友」は、「友達」と同じ意味?

子どもを通じての友達ですから、基本的には子どもの生活を中心に付き合うことになるでしょう。その付き合いは環境が変わるごとに変化するかもしれません。

その中でも、気が合う、同じ価値観があれば、子どもたちが離れてもずっと付き合って深い友達になっているケースも少なくありません。

しかし、基本的に学生時代の友達のように何でも打ち明けられる関係でもないので、深刻な相談やプライベートの話までは、よっぽど深い仲にならなければしないでしょう。

かといって、育児している間に、不安なことや疑問に思ったことがたくさんありますよね。

そのときは、独身の親友より、同じく育児経験を共有している先輩ママや近くのママ友に話を聞いてもらいたいのです。

ママ友を作るメリット

子育てをしているとき、ママと子ども2人だけで過ごす時間が多いから、ママはイライラしやすいものです。

なかには、一日中に大人と話していないこともあるでしょう。そのとき、近所で顔見知りのママと軽く話してみると、案外リフレッシュできるかもしれません。

近くにママ友がひとりふたりできると、子どもには遊ぶ相手ができます。なにより、同じ地域に住んでいますので、ママたちは身近に情報収集ができます。

特に近い年齢の子どもを持つママ友から、信頼できる小児科や病院、親子連れが行きやすいレストラン、幼稚園や保育園の空き情報など、子育てに役立つ情報がたくさん共有できます。



ママ友・育児仲間が出来る場所は?

それでは、どうすれば、自然にママ友ができるのでしょうか?

難しそうですが、実に色んなところでママ友の出会いがありますよ。

妊婦健診の待合室・プレママ教室

たとえば、早い時期には妊婦検診のときの待合室プレママ教室など、妊娠のときからの妊婦付き合いです。

出産時期が近いので、話題も多く、お産など不安な気持ちも分かり合えるでしょう。

公園・ベビーサークル・児童館

そして、地域の公共施設ですね。近所の公園児童館図書館ベビーサークルなど。

最初は知り合いがいなくてちょっと緊張するかもしれませんが、何回か通い始めると、簡単なあいさつからママ友になることが多いでしょう。

子どもは自然に友達のいる所に行きたがるので、そのとき、ママ同士があいさつから自然に会話が始まります。

子どもたちの行動やいいところを見つけて褒めたりしてみたら、より多くの話題が増えますよ。

習い事教室・プレスクール・親子教室

ほかには、子どもの習い事教室プレスクール親子教室など、有料参加になる場所ですが、価値観の近いママ友ができる場所でもあります。

育児仲間と一緒にがんばりましょう

子どもが生まれてから、みんなママ一年生になります。

不安のこともたくさんありますが、最初は難しく考えないで、笑顔であいさつから始めてみれば、色んな場所でママ友の出会いが待っているかもしれません。

もし、今ママ友がいなくても、子どもが学校に通い始めると、学校のイベントや保護者会などの機会で必ず育児仲間ができるのでしょう。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします