ダイエット

6ヶ月で-20kgのダイエットに成功!健康的に痩せれた方法をシェアします

減量が大事?

本当に、痩せる必要がありますか?

大事なことは、脂肪を減らすということ。
ただ体重を減らせばいいという訳ではありません。

筋肉を増やすことも大切ですが、体脂肪と筋肉は反比例します。
体脂肪が減っていけば、おのずと筋肉は増えていってます。

その結果は、体型が変わってくることで分かります。
筋肉が増え、余分な脂肪が減っていくと、引き締まった、メリハリのあるボディラインになります。

ダイエットは危険?

急激に痩せるとよくないと思ってました。

痩せると、体調が悪くなる。病気っぽくなる。体力がなくなる。など

[co-8]

基本はやっぱり食事

そう、健康的にダイエットするには、食事が基本です。
私たちの体は食べたものでできています。
食事から栄養を摂ることが大切です。

何でも、食べればいい。というものではありません。
「栄養」がないと意味がないのです。
今では、6大栄養素といわれる炭水化物、たんぱく質、ビタミン、ミネラル、脂質、食物繊維。栄養のバランスが大切です。

これらの栄養を摂り、それが細胞へ運ばれていくことで、細胞が活性化しきちんと機能するようになるのです。
この話は、あまりしませんが、細胞が元気だと免疫力、自然治癒力などが高まるということです。

気付いた時が始め時

今太っていることを悩んでいますが、
この体になるには、5~10年前からの毎日の生活習慣、食習慣が導いた結果だということです。

気が付いた時から、毎日を変えていくことで、5年先、10年先に違いが出ます。

今まで好んで食べていたもの、食べていた量、これが今の自分です。
まずは、習慣を変えていくことが必須です。

痩せる時の重要ポイント

さっき話したように、健康的に痩せるには、栄養を摂らないといけません。
栄養が足りなくなると体調、体力、お肌にまで影響が出てきます。

だけど、食べていたら痩せれないのでは・・・
そうなのです。
体重を減らそうと思う時に必要なのは、「カロリーバランス」です。

簡単にいうと、
摂取カロリー(食べた時に得るカロリー)と消費カロリー(基礎代謝、運動など)のバランスです。
摂取カロリー > 消費カロリー ⇒ 太る
摂取カロリー < 消費カロリー ⇒ やせる

これが、痩せる太るの大原則です。

一般的に、女性なら健康維持のために、一日1500kcalの摂取が必要といいます。
でも、運動する・しない、よく働く・ゆったりしてる・・・と日常生活はそれぞれ違います。
消費量が違えば、健康維持ではなくて、太ってしまうこともあるのです。

運動すれば痩せるはウソ?

そして、よく勘違いしてしまうのは
運動すれば(消費カロリーが上がり)痩せられるということ。
ウソではないですが、運動で消費するカロリーは思っているほど多くないということです。
運動を続ける自信がなかった私は、運動はほとんどしませんでした。
今では、健康力アップのために運動することも大切だと思うので、取り組んでます。

例えば運動でいうと、ウォーキング60分で約200kcal、ヨガ60分で約200kcal、テニス60分で約350kcal。
食事の場合、おにぎり1個で約200kcal、サンドイッチで約300kcal、ラーメンで約550kcal、ケーキで約350kcal。

運動することで、代謝も上がり、体力も消耗するので、食欲も出てきます。
運動するだけなら、効果あり。ですが
結果、食べる量も増えてしまうことが、落とし穴です。

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします