子供の教育・成長・遊び 子供の習い事

子供の英語教育はいつから始めるのがベストなのか?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!1歳の息子のいるママライターです。

子供の英語教育。気になっているママも多いと思います。

実際、いつから始めるのがベストなのか?

今回はそれについてまとめてみました!



英語教育…早ければ早い方がいい?

「日本語もきちんと理解していないのに英語なんて…」

そんな風に言われることもあります。

その逆で、「早ければ早い方がいい」という意見もあります。

結論から言うと…

早くから教えるメリットはある

0~3歳の間は脳が1番発達する時期とされています。

その時期に英語を聞かせてあげると、

赤ちゃんは聞いた音をそのままとらえ、

その言葉をどんどん吸収する能力を持っています。

英語は独特の発音やアクセントがありますよね。

この時期はそれを聞き取り、習得することができるのです。

逆に1歳を過ぎると、英語特有のLとRの音の聞き分けが

できなくなるとも言われています。

ただし、特に乳幼児のうちは英語漬けでは駄目

これが「日本語もきちんと理解していないのに英語なんて…」

と言われる所以。

日本語で話しかけることをせずに英語ばかり聞かせていれば、

当然日本語を覚える機会は減ってしまいます。

日本語でうまく喋れなくなってしまうこともあります。

【日本語】=【母国語】から【言語】を学んだからこそ、

【英語】=【外国語】を理解できるようになります。

母国語は外国語を学ぶ上での大切なベースになっているのです。

遅く始めたからといって、英語を習得できないわけではない

仮に中学生、高校生、大学生と成長してから英語に興味を持ったとして、

真剣に勉強をすれば習得することは可能です。

そのあたりは本人の努力次第でもありますよね。



月齢別に見る英語教育

0歳から…赤ちゃんの聞く力を生かす

先に書いたように、この頃から英語を聞かせていると、

赤ちゃんはそれをどんどん吸収していきます。

耳が鍛えられる、耳が慣れる、英語耳を育てる、なんて表現されます。

英語をたくさん≪インプット≫してあげる

もちろん、英語漬けでは駄目。

普段の会話や遊びはもちろん日本語。

その中で、10分でも20分でも英語の歌やDVDを

流してあげる程度で充分と言われています。

自然に英語に触れさせることが、

英語に対する興味を引き出す効果的な方法とも言えます。

2歳後半ごろから…英語での会話ができるように

この頃になると、少しずつ日本語での会話ができるようになります。

急におしゃべりが増えた、なんて感じるママもいます。

こうなってくると、子供は声に出すおしゃべりでのやり取りが

楽しくて仕方なくなります。

英語での≪アウトプット≫を促す

日常の中で物を見て、それを英単語として声に出して教える。

それだけのことでも、

子供はしっかり吸収しておしゃべりするようになります。

りんごを見せて「これはappleだね」、

車を見て「車はcarだよ」という具合です。

すると段々と子供から英語のおしゃべり、

≪アウトプット≫が見られるようになってきます。

5歳ごろから…本格的に英語を勉強するならこの時期

「もっと英語を話したい」「英語の本を読みたい」というように、

子供自身の意思がでてくるのがこの頃。

幼稚園や保育園などで簡単な英語の授業がある場合もあります。

英会話教室を利用するのも◎

子供自身が英語に興味を持ち、

「もっともっと!」となっているようであれば、

英語を本格的に習得するチャンス。

子供向けの英会話教室だったり、

今はオンラインでの英会話教室もあります。

外国人の先生から学べるところを選んであげるとより良いですね。

子供の興味を引き出しつつ、伸ばしてあげる

英語だけでなく、スポーツや音楽などでも親が

「やらせたい」と思っても

1番効果的なのは子供が興味を持つことですよね。

無理やりやらせたところで長く続くかと言ったら、

難しい場合が多いようです。

赤ちゃんのうちから英語に慣れ親しませ、

自然と興味を持つようにすること。

それが結果として英語を習得することに繋がっていきます。

それでは『いつから始めるのがベストか?』と聞かれると、

やはり『赤ちゃんの時から自然にできる範囲で始めるのがベスト』

ということになりそうですね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします