1歳~3歳児 子供の習い事

1歳から「やって良かった!」と人気の習い事ベスト5

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

1

こんにちは!1歳の息子のいるママライターです。

子供が1歳になったのをきっかけに、

なにか習い事を始めてみようかな?

そんな風に考えるママも多いと思います(私もその1人です)

どうせだったら「やって良かった!」と思える習い事がいいですよね。

そこで今回は先輩ママたちの口コミなどをもとに、

人気の習い事ベスト5をご紹介します♪



1歳から人気!「やって良かった!」習い事

第1位 水泳(ベビースイミング)

生後6か月ごろから始めることのできる水泳。

幼児期に入ってからもその人気は絶大で、

ママの中にも「習ってた!」という方が多いのではと思います。

風邪をひきにくくなった

『ぜんそくがあり、スイミングが体に良いとお医者さんに勧められました。最初の三回は大泣きしたものの、物心つく前から水に入ることで水が大好きになりました。風邪もひきにくくなり、ぜんそくも治りはしないものの、悪化させることなく過ごせています』

昼、泳がせれば、ご飯も良く食べてくれるし、すぐ寝てくれる

『スイミングの日には、子供の寝付きがすごくいいんです。夕飯も食べずに、すやすや眠って、そのまま朝まで…ということもありました。親としては、すぐに眠ってくれるのは、本当に助かります。すぐ寝てくれるし、ご飯もよく食べてくれるし、風邪もひかない。親の私も楽しいし、リラックスできる』

第2位 英語

大人になってから「話せたら良かったな」と思うことの多い英語。

ママ自身がそう思うからこそ、

子供には苦労をさせないように早いうちから習わせることが増えています。

また、小さいうちから英語に慣れておくと早く覚えてくれる、

とよく言いますよね。

英語を楽しめるうちに始めてよかったです

『レッスン中だけでなく普段の生活でも楽しそうに英語を話しているので、本人が楽しいと感じられるうちに英語に触れさせることができて良かったと思っています』

入園前までに英語の歌が歌えるように

『レッスンに通ううちにお友達がたくさんできて協調性を身につけたように思います。また教えてもらった英語の歌が特に気に入ったようで、幼稚園入園までに覚えて歌えるようになりました。家でもなんとなく英語でお話しするようになり、本当に楽しんでいるようで習わせてよかったと思っています』

第3位 体操・リトミック

1歳のうちは親子一緒になって行うことの多い体操やリトミック。

音楽に合わせて歌をうたったり、

身体を動かしたりして楽しみながら運動をしていきます。

1歳から通い、リトミックで音楽が大好きに!

『娘が1歳になった時から「リトミック」を習っていました。先生も音楽教室の先生できちんとした先生でした。授業内容は音に合わせて体を動かしたり、本を読んだり、楽器の音を当てるクイズをしたりと様々でした。また絵を描いたり塗り絵をしたり、ボールなどを使った体を動かす遊びをとりいれたこともありました。娘も音楽が大好きになって、家でもその教室で覚えた歌を歌ったり、教室に通うことでとても良い効果がでたと思います』

音楽以外に数や形のお勉強もできました

『音楽系の習い事をさせようと考えていたところ、友人に「ピアノより早く始められるよ」とおすすめされたのがリトミックでした。音楽を耳で聞くだけでなく、親子で全身を使ってリズムを感じる内容が魅力的だったということもあり習い始めました。音楽以外に数の数え方や、形のお勉強もできたのでとてもよかったです』


第4位 幼児教室

有名なところでは、公文式や七田式、めばえ教室に、

学研のほっぺんくらぶや小学館のドラキッズなどがあります。

遊びながらも、子供の興味・関心を引き出し、

伸ばしていくと同時に、

集団の中でコミュニケーション力を身につけることもできます。

育児や教育のアドバイスがもらえる

『ドラキッズでは、先生から育児や教育のアドバイスがもらえるので、子育てに慣れてないママの大きな力になってくれると思います。
他の幼児教室と比べると時間が60分でコストパフォーマンスが高いと感じました。
他の幼児教室だと40分という所が多かったです』

集中力、話をよく聞く

『集中力、言葉が早い、話をよく聞く、歌を覚えるのが早いなどは、七田に通っているおかげだと思っています。コミュニケーションの時間や愛情をかける時間ができていて、親として何よりうれしいです』

第5位 お絵かき教室

お絵かきは子供にとって、

表現力や観察力、集中力を育てる上でとても大切なものです。

家の中では絵の具など制限して使っているものも、

教室ではダイナミックに使えるので、

子供の違った様子が見られるかも知れませんね。

お絵かきは幼児期にとても大切

『最初からお絵描きが嫌いなこどもはいません。そして、小さな子どもがお絵描き遊びや、色遊びが好きなのには理由があります。 それは、子どもの脳が発達期にあり、絵を描くことが脳の発育に良く、本能的にやると考えられるからといわれています。
絵は、大きく色と形の二つに分けられます。
色は五感や感情、情緒を育てる部分を発達させ、形は考える力や観察力を発達させます。 脳には右脳と左脳がありますが、色は右脳を刺激し、形は左脳を刺激するのです。
色と形をまとめて描くと、創造脳といわれる前頭前野が育ち、クリエイティブな能力が伸びるのです。
これは、自由に絵を描くことで発達し、バランスのいい心を育も育てます』

いかがでしたか?

1歳からなんてまだ早いんじゃ…

そんな風に考えるママもいらっしゃると思います。

その逆で、早いうちからやるからことに意味がある、

と考えるママもいると思います。

どちらが正しいかどうかはわかりませんが、

それぞれのお子さんの無理のない範囲で続けられるものが

見つかるといいなと思います。

同時に、お子さんだけでなくママにとっても

有意義な時間を過ごせる習い事が見つかるといいですね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

1

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします