子供の健康・食事

子供の鼻トラブル対処法

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!3歳男児と1歳女児を育児中のママライターです。

赤ちゃんはよく鼻がつまりますよね。

風邪の前兆の時もあるし、ただ鼻がつまっているだけの時もあります。

今回は赤ちゃんの鼻トラブルが多い原因とその対処法をご紹介します。



赤ちゃんの鼻づまりの原因と起こること

赤ちゃんは気付くと鼻水が出ていたり鼻くそがつまっていたりします。

どうして赤ちゃんは鼻トラブルが起きやすいのか、

鼻が詰まるとどんなことが起こるのかをみてみましょう。

赤ちゃんの鼻づまりはなぜ起こるのか

赤ちゃんの鼻は敏感で、

外気温やほこりなどのちょっとしたことが原因で

鼻づまりが起こります。

大人に比べて鼻腔が狭く敏感な為にちょっとの刺激で

くしゃみをしたり鼻水がでたりします。

出た鼻水が鼻づまりの原因になります。

ママからの免疫がなくなる6ヶ月以降に注意

赤ちゃんは生まれてからしばらくはママの免疫で守られています。

それは鼻も同じことで、免疫がなくなると

鼻からウイルスや細菌に感染しやすくなります。

感染すると粘膜が炎症を起こすので鼻水が増えます。

赤ちゃんの鼻が詰まると起こること

赤ちゃんの小さな鼻は詰まってしまうと

母乳やミルクが飲みにくくなります。

鼻が詰まれば口で息をしますが、

授乳中は口もふさがってしまうので苦しくなり

上手く授乳できなくなることもあります。

また、鼻が詰まって口で息をしていると

喉が乾燥して炎症を起こしたりします。

中耳炎や肺炎になることも

赤ちゃんは自分で鼻をかむことができません。

出た鼻水をそのままにしておくと

中耳腔や肺まで炎症を起こすことがあります。

そうなると中耳炎や気管支炎、肺炎にかかってしまう恐れもあるので

注意してください。

赤ちゃんの鼻ケア

では、赤ちゃんの鼻水がでたり

鼻くそがつまっていたらどうすればよいでしょうか。

赤ちゃんの鼻は小さくて何をするのもちょっと怖いですよね。

正しい対処法を知っておきましょう。



赤ちゃんの鼻をやわらかくする

鼻水や鼻くそは鼻の血行をよくしたり

湿気を含ませるとやわらかくなります。

固いまま取るとなかなか取れないので

赤ちゃんもグズるし鼻が傷ついてしまうので、

まずは鼻を柔らかくしてあげましょう。

柔らかくする方法1・蒸しタオル

赤ちゃんが呼吸ができるように注意しながら、

レンジで20秒ほど暖めた蒸しタオルを

そっと鼻の付け根に当ててあげましょう。

タオルが熱すぎたら必ず冷ましてください。

柔らかくする方法2・お風呂あがり

湯船で湿気を吸い込んだ鼻は柔らかくなっています。

鼻くそをとるなら風呂上りがオススメです。

首が据わってくると、

手前にある鼻くそならお風呂の中で優しく押し出してあげると

取れることもあります。

柔らかくする方法3・ベビーオイル

めん棒にベビーオイルを少しつけて鼻の入り口を

優しくぬぐってあげてください。

使用するめん棒はベビー用の小さいものにしましょう。

鼻水を取り除く

鼻が柔らかくなったら鼻水・鼻くそを取り除きます。

市販の鼻吸い器を使うと簡単ですが、赤ちゃんは嫌がりがちです。

慣れると取らせてくれますが嫌がった場合は無理をせず、

お湯で濡らしたガーゼなどで優しく鼻周りをぬぐうだけでもちがいます。

鼻くそを取り除く

鼻くそはベビー用のめん棒で優しく取り除いてください。

あまり奥のものは無理に取ろうとすると

血が出たりするのでやめましょう。

奥にある鼻くそは赤ちゃんがくしゃみをしたり

自然と出てくるので大丈夫です。

鼻の下が荒れたら保湿を

赤ちゃんは鼻と同じく肌もデリケートです。

鼻水が出ていると鼻の下が荒れてしまうので、

やさしくふき取った後に保湿をしてあげましょう。

適度な湿度を保つ

空気が乾燥していると鼻トラブルや

喉の炎症を起こしやすくなります。

加湿器を使ったり、

部屋に濡れタオルをかけておくだけでも湿度は上がります。

いかがでしたか?

赤ちゃんの鼻はデリケートなので、

ケアをこまめにしてあげてください。

赤ちゃんの鼻は敏感なので触られるのを嫌がりますが、

優しく声をかけて無理をせずケアしてあげましょう。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします