育児の悩み・疑問

あの時ああすれば良かった…子育ての後悔談

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!3年生と5年生の子供を育てているママライターです。

厚生労働省の調査によると、平成26年で初産を経験した女性の年齢で

最も多いのが25~29歳。

次いで、30~34歳となっています。

一生涯の約1/3を生きて立派な大人である女性が、

人生で初めて経験する育児。

正解のない育児を、悩みながら、手探りで経験して行くのですから、

そこには全く後悔がない女性はいないと言っても過言ではないと思います。

そんなママたちが、子育てを終えて後悔したと思っている項目で、

多いものをご紹介します。



『躾』にこだわりすぎた…

特に長女・長男に対しては、「きちんと躾けなければ!」と

頑張り過ぎる傾向にあるようです。

挨拶はママが手本となれば良い!

子どもが言葉を話し始めたら、いえもっと前から…

「きちんと挨拶をするのよ!」「お礼を言ってね」と、

常々言い聞かせて育てるママはとても多いでしょう。

その厳しさの反動か、かえって子供が人前で

もじもじするようになった…とか、

人前でまで叱ることではなかった…と後悔しているママも多くいます。

ママが子どもの手本となってしっかり挨拶をする、人前で叱らず

出来た時には褒める!など、躾け方を上手に考えれば

子どもにはきちんと伝わるのかもしれません。

『食事マナー』と『食事を楽しむ』そのバランスが難しい!

マナーという点で特に多い後悔が、食事に関するものです。

箸の持ち方は大人になってからは治らない、食べ方の汚さは人柄を表わす、

きれいに食べることができないのは恥。

そう考えて「きちんと教えておけば良かった」と考えるママたち。

反対に、きちんと教えようと頑張りすぎて、

「食事を楽しんだ時間がなかった…」と後悔するママたち。

食事をマナー優先にするか、楽しむことを優先にするか、

そのバランスはとても難しいようです。

もっと勉強させれば良かった…

後になって取り返しが難しいのは勉強です。

子どもの夢を叶えるために…

子どもが「〇〇高校、〇〇大学に行きたい!」と言ったときに

学力が足りなかったり、「将来〇〇になりたい!」と夢を持ったが

スキルが足りなかったり…。

小さい頃からもっと勉強に力を入れておけば、

夢に向かう道が開けたかもしれないと後悔するママが多くいます。

夢はひとつじゃない!

しかし、学力が伴わないから人生終わり…ではなく、

「それなら別の道を探そう!」と前向きに新たな道を開拓する考え方も、

小さな頃から養うべき大切な力です。

人生には様々な道があり、考え方次第ではどうにでも楽しめる!と

教え育てるのも親の力量ではないでしょうか。



子どもとのスキンシップを大切にすれば良かった!

両親共働き家庭が多く、子どもと過ごす時間こそ

大切にしたい時代だと言えるでしょう。

スキンシップは心の成長に影響します

小さな頃に寂しい思いをしたり、叱られてばかりの子供の心は

健やかに育ちません。

両親が共働きで子どもと過ごす時間が少ないなら、

ほんの少しでも、一緒にいられる時間を密なものにするために、

きちんと子どもと向き合う努力をすべきですよね。

親からの深い愛情を感じて育った子どもの心は強くなります。

愛情こそが心の成長に繋がることを、忘れないでいたいですね。

夫婦関係を良好に保つよう心がければ良かった

子どもの健やかな成長には、両親が互いに思いやる仲の良さも大切です。

子育てに忙しい時期は夫婦が対立しやすい!

子どもが小さく手がかかるうちは、特に育児方針に関する意見の対立や、

家事・子育ての分担などで言い争いになることが多いのも事実。

パパとママが喧嘩をしている姿を、子どもは一番見たくないはずです。

そんな子どもの気持ちに気づかず、つい自分たちの事だけで

いっぱいいっぱいになってしまったことに後悔するママはたくさんいます。

夫婦仲の良い家庭は子どもが健やかに育つ!

忙しい時期だからこそ、お互いに落ち着いて向き合い、話し合い、

思いやりを持って接し合うことを心がけなければなりませんよね。

パパとママの関係は、子どもが対人関係を築くお手本となります。

子どもの健やかな成長を願うからこそ、夫婦関係は大切にしたいものです。

後悔しても子育てに満足しているママ多し!

子育てに後悔が多いママは多数。

しかし、子育てに満足しているママも、同じくらいたくさんいます。

子育てを通して人として成長できる!

「後悔先に立たず」ということわざがあるように、

先にわかっていれば誰もが理想の子育てをできるはず。

では、周囲の話を聞いたり、育児本を参考にしながら奮闘する多くのママたちが、

なぜ子育てにおいて後悔するのでしょう。

子育ては、ママにとっても未知の世界です。

手探りの毎日の中で、ひとつひとつを経験するのです。

そこには失敗もあるでしょう。

しかし、失敗は次へのステップとなります。

後悔するからこそ、自分の人生にプラスとなって活きるのです。

ですから、子育てを経験したママたちは、人として

ひと回りもふた回りも成長できるはずです。

だからこそ、後悔はあっても子育てに満足しているママも

同じようにたくさんいるのではないでしょうか。

今、子育ては大変だと思っているママたちへ。

子育ては大変だからこそ、得るものは大きい!と信じて

毎日頑張ってくださいね!


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします