子供の教育・成長・遊び

シュタイナー教育に批判的な意見や問題点まとめ

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

シュタイナー教育をやってみた母ライターです。

シュタイナー教育を選んだのは、娘が育つにつれ、それがあっているように感じたから。

素晴らしい点もありますが、当然、批判や問題があることも知っています。



シュタイナーは宗教か

シュタイナーは宗教、もっと言えばカルトだという批判がよく聞かれます。

ルドルフ・シュタイナーは神秘主義者でもあった

シュタイナー教育は人智学という思想の教育実践です。

人智学とはルドルフ・シュタイナーの思想であり、彼は神秘主義者でもありました。

そのため、宗教に近い印象を受けますし、「エーテル体」などの耳慣れない単語に驚くこともあります。

シュタイナースクールは一団体によるものではない

しかし、実はシュタイナー学校は一つの宗教団体や思想団体によるものではありません。

自由ヴァルドルフ教育連盟が認定し、シュタイナーやヴァルドルフを名乗ることが許されていますが、学校ごとにカリキュラムはバラバラですし、国ごとの文化にあわせて内容は変化します。

例えば、シュタイナー学園(相模原市)の前身である東京シュタイナーシューレでは、授業に古事記がとりいれられていました。

公立校も私立校もあるシュタイナースクール

シュタイナースクールには私立校の他、国によっては公に認定された公立校もあります。

ドイツでは世界観学校というカテゴリで公教育として認められていますし、アメリカにも公的資金によるシュタイナースクールがあります。

オランダにも国が全面的に援助金を出すシュタイナースクールがあるそうです。

公立校でシュタイナー教育を行うことの是非が問われたことがある

カリフォルニア州には多くのシュタイナースクールがあり、公的な資金で運営されています。

このことについて、シュタイナーは宗教であるとし、公的資金で宗教教育が行われているのは憲法違反であるとの裁判が起こったこともあります。

カルフォルニアの裁判所の認識では宗教教育ではない

シュタイナー教育は思想とは別に、どのような文化においても有効な教育であることが、カリフォルニアの裁判所で認められています。

学習法、方法論であり、思想とは別に誰にでも行えるものであるという結論でした。

シュタイナー教育は人智学の教育実践でありお伽話ではない

シュタイナー教育というと、自由・のびのび・ファンタジー・素朴などというキーワードで語られることが多くあります。

そして、多くの保護者はそのようなところに魅力を感じ、シュタイナー教育を選択されるようです。

しかし、本来のシュタイナー教育とは、思想家であるルドルフ・シュタイナーによる人智学に基づく教育実践。

そこを見誤ると、失敗すると思います。

方法論か思想か

まず、よく調べて学んでみることです。

その上で、シュタイナー教育のどこに魅力を感じたか。
人智学という思想か、それとも教育の方法論にひかれたのか。

そうすれば、何をどこまで実践すれば良いか見えてくると思います。



世間とのズレ

世間とのズレはどうしても生じてしまいます。

それでも良いと保護者が考えていても、本人にとってはつらいこともあると思います。

俳優の斉藤工さん

俳優の斉藤工さんが東京シュタイナーシューレ出身ということで、インタビューを探して読んでみました。

途中から公立校へ移ったそうですが、やはり大きなギャップを感じていらっしゃいました。

世間の広さに驚く

主なギャップは、情報量と世間の広さ。

シュタイナースクールの、ある一定の価値観がある少人数の学校では得られなかった刺激があったそうです。

シュタイナースクール出身者達のその後

結果的に、斉藤さんはシュタイナースクールでの経験を自分の個性であると受け止めることができました。

しかし、日本にシュタイナー教育を紹介した子安美智子さんの娘であり、「ミュンヘンの小学生」の主人公である子安文さんは、日本の大学に入学したものの周囲とあわずに中退してしまいます。

子安文さんご自身は娘さんに「あえて、ふつうの」教育を選択されたと、以前インタビューで読みました。

シュタイナースクールの学力

シュタイナースクールの案内には魅力的な言葉が並びます。

本質的にな学び・・・ 学ぶ喜び・・・素晴らしいことです。

ですが、俗物と言われてもいい!

あえてそういうのは無視してどれだけ数字に反映される学力がつくか、これが気になるところだと思います。

シュタイナースクールにはテストも通知票もない

シュタイナースクールには生徒を評価するためのテストや通知票がありません。

カリキュラムは一般的な学校とは大きく異なり、文字や数字の捉え方も独特です。

哲学的ともいえる学習内容です。

ドイツでは大学進学のためにもう1ステップ必要なことも

ドイツでは世界観学校として認められているシュタイナースクールですが、学校のカリキュラムによっては大学進学に必要な資格試験であるアビトゥーアに足りない科目があるため、13 年生として一年間多く学ぶことが多いそうです。

教師の質への不安

一般的な学校は、大学で教育について学び、必要な単位を取得した人が教師となります。

シュタイナースクールでは、シュタイナー教員養成施設や養成講座で学べば大卒者でなくとも教師になれるのです。

そのことから、教師の質に不安を覚える声もあります。

ドイツ、アメリカでは大学進学に実績

ドイツやアメリカのシュタイナースクール卒業生の大学進学実績を調べると、名門校と言われる大学へ多数進学しています。

そればかりか、アビトゥーアにおいて初の満点を取ったのはシュタイナースクールの生徒でした。

日本では日が浅く、十分なデータが無いようですが大学へ進学している生徒も多数いるようです。

ドイツでの評価はなぜか微妙

上記のような進学実績があっても、シュタイナースクールはドイツではやはり変わった選択肢であって、決して一般的ではないようです。

理由は途中で一般的な学校へ転校した際の違いすぎるカリキュラムによる学力ギャップ、教師の質の不安等があげられています。

日本での問題点

日本での問題点は、シュタイナー教育を小中高一貫で受けられる環境が整っていないこと。

シュタイナー教育は継続して受けることが大切だといわれています。

しかし、12年間のシュタイナー教育を行える学校で認可されている国内の学校はシュタイナー学園(相模原市)いずみの学校(北海道豊浦町)のみです。

まとめ

・シュタイナー教育は人智学の教育実践
・しかし方法論であり、宗教教育にはあたらないとカリフォルニア裁判所は判断
・世間とのギャップはある
・ドイツ、アメリカで進学実績ありだが、カリキュラムの違いや教師の質に不安を感じる人もいる
・国内に認定された一貫教育のシュタイナースクールは少ない

これらの問題点を知って、考えることで、シュタイナー教育への理解がより深まるのではないかと思います。


この記事を書いたママ

厥日績

ゆったり系私立小学校へ通う娘とゆったり生活中のマイペースな専業主婦です。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします