出産

帝王切開の傷跡を消す方法はある?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。
現在4歳、最近少しだけ落ち着いてきた年中さんの娘と、2歳の恐ろしいほどやんちゃな息子をもつ青苺と申します。

お腹を見るたびに「出産前はこんな傷なかったよなぁ・・・」と遠い目をしてしまう。

そして出産前日の夜もこんな事を思ったのを覚えています。
「このまっさらなお腹は今日で最後なんだ・・・」って。

そうなんですよね、帝王切開(特に縦切り)の場合は見事な勲章のような傷がバッチリ残っちゃうんです。

この傷、愛おしいけど消えてくれないかなぁ・・・って思った事、ありませんか、経験者のみなさん?



産後すぐのケアが効果的!

産後すぐは術後に傷口をステープラー(医療用ホチキス)で留められることが一番多いかと思います。

または医療用の糸かボンドで傷をくっつけていることもあるのですが、どれも共通して言えるのが、「そのまた上にテープを貼って傷を押さえる」ことです。

これにより、何らかの形で留められている傷口を盛り上がらずに治していくことに一役買っているのです。

そして抜糸やステープラーの針を抜いた後から、本来ここからがケアの始まりなのです。

ケアってどんな方法?

実際には色々な方法があるのですが、これについてはあまり産婦人科の医師は積極的に話をしてくれません。

こちらから伺わない限りはアドバイスはないと思っていただいてもいいかもしれません。
・・・皮膚の話だとやはり専門が違うからでしょうかねぇ?

でも伺えば医師もアドバイスをくれたり薬を処方してはくれるはずですので、まずは聞いてみましょう。

その中でよくアドバイスされるのは・・・

テープで傷の盛り上がりを抑える

これは入院中もしているので、退院後もしばらくは継続させるとある程度の効果はあるようです。

私が医師に勧められたのもこの方法。

薬局で売っているようなテープ、これを傷口の上に沿って半年~1年ほど貼り続けるといいとの事。

ちなみに私はこれ、半年でギブアップしたせいか気付けば見事にケロイドになってました・・・。

テープも肌に合う合わないがあるかもしれないので、いくつか試してかゆみなどを感じないものを選びましょう。

骨盤矯正ニッパーで傷が横に広がるのを抑える

矯正ベルトでもいいですが、お腹の傷に当たらないようなもの、もしくは当たっても痛くないものを使うと、骨盤の矯正だけでなく、お腹の傷が横に広がるのを抑える役目にもなるそうですよ。

傷は横に横に・・・と広がる傾向があるので。

先ほどお話したテープと一緒に使えば効果がかなりありそうですね!

塗り薬で傷・ケロイドを抑える

市販薬でもありますが、傷やケロイドを抑えてくれる塗り薬。

しかし使用するには医師に相談をしてからにしましょう。

塗り薬でも体に吸収されれば母乳に到達してしまいます。

授乳中であれば母乳に影響のある成分がないかどうか、また同じようなもので授乳中でも安心して使える塗り薬があるかどうか、一度相談してみるといいでしょう。



残念ながら体質によっても

こればかりは体質がものを言います。

同じ傷でも細い筋のような傷で終わる方もいれば、私のように太いケロイドになってしまう場合もあるのです。

傷が痕になりやすい方、もともとケロイド体質の方は、ケアをしてもある程度のところでケロイドになってしまう可能性を秘めている事も心のどこかに留めておいてくださいね。

どうしても傷をなくしたい

女性だから傷はあれば気になるもの。

少し丈の短いシャツを着たい、ビキニを着たい!などなど夢もある事でしょう。

さてでは「どうしてもこの傷を消したい!」となった時には・・・?

形成外科や美容整形外科で処置

どうしても完璧に近いくらいに戻したい・・・そんな時には外科的処置。

相当見違えるような仕上がりになるようです。

今の主流はレーザー治療のようですが、始めるにしてもなるべく早い内に開始する方がきれいになるとのこと。

数か月間の通院が必要になるそうですが、きれいになるなら是非!と言う方も多いかもしれませんね。

さいごに

いかがでしたか?

早い段階での処置であれば、どの方法であっても効果はかなり期待できそうです。

時間が経過しているものに関しては相当難しそう・・・な感想を持ちました。

しかしやってみないと何も始まらない!

傷跡が気になるみなさん、気になる方法でケロイドと向き合ってみてはいかがでしょうか?


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします