育児・子育て

2015年の自転車法改正!今一度確認!子供もママも安全に自転車に乗れるように

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!
中1の娘と5年生の息子がいるママライターです。

2015年6月から道路交通法が改正されたことを、ご存じですか?

自転車での事故が多いことから、少しでも事故を減らすために罰則が強化されました。

ママや子供たちにとって、自転車は日常生活に欠かせないもの。

安全に自転車に乗るにはどんなところに気をつければよいのか、今一度、ルールを確認していきましょう。



法改正、変わったのはどんなところ?

2015年6月1日、改正道路交通法が施行されました。

14項目の危険行為を3年以内に2回行うと、安全講習を受けて5,700円の手数料を支払わなければならなくなりました。

受講しなければ、5万円以下の罰金が科せられます。

危険行為14項目
1. 信号無視
2. 通行禁止違反
3. 歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)
4. 通行区分違反
5. 路側帯通行時の歩行者の通行妨害
6. 遮断踏切立ち入り
7. 交差点安全進行義務違反等
8. 交差点優先者妨害等
9. 環状交差点安全進行義務違反等
10. 指定場所一時不停止等
11. 歩道通行時の通行方法違反
12. 制動装置(ブレーキ)不良自転車運転
13. 酒酔い運転
14. 安全運転義務違反

信号無視、遮断踏切立入り、酒酔い運転...どれももともと禁止されているものばかり。

今回の改正は罰則を厳しくすることで、自転車による事故の軽減を目的としています。

ママと子供の自転車ルールの疑問

では、この中でママや子供たちが自転車に乗っていて疑問に思うことを見ていきましょう。

自転車は歩道を通ってはいけない?

危険行為の中の2「通行禁止違反」と4「通行区分違反」が意味するのは、
「自転車は車道を走らなければならないので、歩道を走ることは違反」
ということです。

意外かもしれませんが、自転車は道路交通法では「軽車両」と位置づけられているので、歩道と車道が区別されているところは車道を通行しなくてはなりません。

危ないのに車道を走らなければならない?

「車と同じ道を走っていたら、ひかれそうで危ない!」と思う方もいるでしょう。

これには例外が認められています。

運転者が13歳未満は歩道を走ることが許されているので、小学生のお子さんは歩道を走ってOKです。

また、自転車及び歩行者専用という標識がある歩道は、自転車も通行可能なので、自分がいつも通る道はどうなのか、チェックしてみましょう。

そして、「すぐに安全に停止できる速度であれば、歩道を走っても可」となっています。

ただしその場合、追い抜かすためにベルをならすなどは、論外!

かならず徐行して、歩行者を優先します。

これを守らないと、危険行為の3「歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)」や、11「歩道通行時の通行方法違反」になります。

歩道を走行する場合も、「自転車は軽車両」という意識を持った上で走りましょう。

安全運転に違反する運転って何?

危険行為の14「安全に支障がある行為」にあたるとして、法改正により摘発されることが多くなったのが、「自転車を走行中のスマホの使用」「イヤホン使用」です。

ついLINEやメールを読んだり、時間を確認するためにスマホを見たりしがちですが、片手で運転すること、前方不注意になることが安全の妨げになるので、違反の対象になります。



他にも気をつけなければいけないルール

ヘルメットは必ず着用

平成20年に、13歳未満の自転車でのヘルメット着用義務化以来、ヘルメットをかぶっているお子さんを見ることが多くなりました。

自転車事故において、受けるダメージの6割が「頭部」という調査結果が出ています。

子供は大人に比べて頭が重いので、まず頭にダメージがかかってしまうのです。

お子さんが高学年になってくると、ヘルメットはカッコ悪いと嫌がり始めますが、頭を守るためにヘルメットをかぶるようきちんと危険を説明しましょう。

ヘルメットが小さくなってきたら、買い替えることも忘れずに。

横並びで運転は禁止

ママと子供がおしゃべりしながら横に並んで運転。
ついしてしまうことがありますよね。

それも、道路交通法で禁止されています。

一列に並んで運転しましょう。
おしゃべりは目的地に着いてから。

暗い夜道では必ず点灯

自転車が暗い場所で点灯するのは、自分の走る周りを明るくする意味よりも、車などすれ違う対象に「ここに自転車が走っていますよ」ということを知らせるために点けます。

点灯するとペダルが重くなるので、子供は嫌がりがちですが、かならず点けるようにお子さんに伝えて下さい。

ルールを守ってお子さんと安全な自転車ライフを!

自転車は、ママにとっては車で移動するよりエコで運動になるもので、お子さんにとっては、自分の行動範囲がグンと広くなる便利なものです。

幼稚園や保育園の送り迎えで使っている人にとっては、毎日欠かすことができない必需品ですよね。

ルールを守って、事故などの危険から身を守り、安全な自転車ライフを楽しみましょう。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします