妊活・べビ待ち

赤ちゃんが出来ない夫婦が妊娠率を上げるために改善できること

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

現在、私は33歳。妊娠七ヶ月に入る初妊婦です。

30歳の時、長く付き合った人と遅めの結婚をしました。

すぐに赤ちゃんが欲しかった私でしたが、結婚生活も三年目に入っても懐妊の兆候はなく、

「赤ちゃんが欲しいけど、一体何をしたらいいのだろう?」と試行錯誤し、ついに妊娠する事ができました。

妊娠したいけど中々できない夫婦が二人で改善できることについて今回は書いていきます。



妊娠のメカニズム

 まず、確認したのは妊娠のメカニズムです。女性には生理とその周期があります。

生理

排卵(0~1日)
↓ 

卵管を移動(3~7日) 
↓ 

子宮内膜へ到着(1~2日)

生理として卵子を体外へ排出
    
この内、受精が可能なのは排卵後のたった24時間迄だそうです。

これは卵子の寿命が排卵後24時間と言われているためです。

また、カッコで示した日数は工程ごとにかかる日程であり、排卵から生理の発生までの期間は4~10日程度と、人により異なるそうです。

従って、受精のタイミングを計るためには、次回の生理予定日のみではなく、

自分が、排卵から生理までにどのくらいの日数がかかるのかを把握する必要があります。

排卵日を把握するには

基礎体温を測る

婦人体温計(薬局やネットで販売しています)にて、毎日、安静時の基礎体温を測ります。

通常の温度計は小数点以下1桁までしか測定できませんが、婦人体温計は2桁まで測定可能です。

排卵日の把握には2桁目が重要です!

婦人体温計は様々な種類がありますが、お勧めは自動記録装置の付いているものです。

寝起きでの測定となるため、せっかく測っても忘れてしまう。

なんてことがしばしばありましたが、自動記録付きなら安心です。

測定データが貯まれば、体温計が排卵予測をしてくれる機能がついているものもあり、重宝しました。

体温がぐっと変わる2~3日前から1日後辺りに排卵が行われている可能性が高いそうです。

排卵チェッカーを使う

こちらは尿を使った検査です。健康診断等で目にする、尿検査と似ています。

使用方法は毎日だいたい決まった時間に、チェッカーに尿をかけ、5~10分程度待って、チェッカーの色や線等より、今日が排卵日かを測定します。

これは排卵に伴い増加されるホルモンの尿中排出量により、排卵日を測定する方法です。

使用するチェッカーの種類によりますが、排卵日2~3日前からチェッカーに反応が出始め、チェッカーに浮き出てくる線や色の濃さにより、排卵後1日程度までを測定可能なようです。

卵子が排卵後24時間程度の寿命であることに対して、精子は射精後2~4日程度寿命があると言われています。

つまり、下の表のように射精日から4日間以内に排卵日があれば受精する可能性があるということになります。



夫婦の取り組み

受精可能か時期がわかったら、期間中に子供を作る行為に及ばなければなりません。

夫婦ともに体力と気力の勝負になりますが、それだけじゃ続かないので、より楽しく妊活できる工夫をしていました。

寝室に間接照明をつける

 仕事や家事で疲れていると、お布団に入ったとたんにぐっすり、なんてことありませんか?

間接照明を使うことで、日中に研ぎ澄まされた神経を癒して、リラックスした2人の時間を演出できます。

スキンシップを増やす

 肌と肌が触れ合う感覚を増やすことで、肌の神経が敏感になり、行為がズムーズに行えるようになるそうです。

かと言って、いきなりべたべたするのも・・。

私たちはお互いマッサージを施し合うことでスキンシップを高めました。

疲れた身体をほぐし合うことで労りの気持ちも生まれて夫婦仲も良くなりました。

この習慣は今でも続いており、夫婦の貴重な会話の時間にもなっています。

プラセンタを飲用する

 これは私の体験談であり、私たちは実際に効果を感じているのですが、学術的なところは正直わかりません。

美容に効果ありとされているプラセンタですが、受精から着床までに重要な役割を果たす粘液の粘性を高める効果もあるとか。

男女ともに活力になるとも聞きました。

効果のないこと、やってはいけないこと

 射精後、膣から精子が漏れ出ないように逆立ちをすることは効果がないそうです。

また、同様の理由で尿意を感じてもトイレに行かずに朝まで過ごしてしまうことは、決してしないでください。

若くして膀胱炎になる方の50%程度は性行為が原因だそうです。

多くの場合、性行為の後トイレに行くことで予防できるそうです。

膀胱炎にかかってしまうと抗生物質での治療となり、その間の約2~4週間は妊活をお休みせざるを得なくなります。

最後に

自分の身体や、パートナーと向き合って1年を過ごし、いま私は妊娠七ヶ月で母子ともに健康です。

ぜひ、私の体験談を少しでも参考にしてくださり、妊娠を望まれる皆さんのもとへ、嬉しい兆候が訪れることを心よりお祈り申し上げます。


トップ画像出典: templestowe-lower.chiropractic-pregnancy.info

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします