ママ友

育児中の「飲み会」との付き合い方

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!小学2年生と中学1年生の子供を育てているママライターです。

世の中のママたちは、育児中に飲み会に誘われたら、

どうしているのでしょうか?

子供を育てているときでも、ママだって息抜きは必要ですよね。

時には友達と飲みに行ったりしたいものです。

ましてや、早めに職場復帰したママの場合、

たまの職場の飲み会には顔を出したいもの。

そんな育児中のママの「飲み会」事情はどんなふうでしょう。



ママがストレスをためないこと!が一番

実のところ、育児中のママが飲み会に行くかどうかに正解はありません。

旦那ばかりが飲み会に参加して、自分が行けなくてストレスがたまる!

という人は、たまにはパパに子供を預けて出かけてみるのもいいと思います。

逆に、飲み会に行っても、家においてきた子供が気になって、

楽しくなかったというママは、

無理して参加しなくてもいいかもしれませんね。

家族の協力が必須

ママが飲み会に参加する場合には、家族の協力が必要です。

自分がいない間に赤ちゃんの面倒をみてくれる人が必要だからです。

飲み会イコール遊びに行く、ということで言い出しにくいかもしれませんが、

常に我慢してばかりでストレスをためるよりは、

たまには家族に甘えて遊ぶ時間を持つことも大事です。

その分、しっかりと協力してくれたパパや家族にお礼を言いましょう。

しょっちゅう出かけると印象は悪くなる

ただし、いつでも家族の好意に甘えてしまうのは考えもの。

パパの都合、姑や実母などの都合などと上手にバランスをとりながら、

甘えた分は別でお返しをしてあげるという関係が必要です。

特に、女性やママが居酒屋やお酒を飲む場に

長くいることをいやがる人もいますので、

バランスを上手にとりながら、上手に息抜きをしましょう。

子供を連れて飲み会に行く方法

では、周りに迷惑をかけないように、

でもストレスをためないようにするにはどうしたらいいでしょうか。

パパは残業が多くて頼れない、実家や姑は夜遊びに出かけるなんて!

と反対される場合、そんなときには、

人数少なめでホームパーティを開くのもひとつの手段です。

ママ友と飲む

一番集まりやすいのが、

同じぐらいの赤ちゃんや子供を持つママ友と集まること。

お互いに子供の扱いには慣れているし、

子供同士が遊んでくれてのんびりできることもあります。

同じ保育園や幼稚園などのママ同士なら、近所だし、

気心も知れていていいですね。

居酒屋に集まる場合

集まるときに、どこにするのかは気になるところです。

居酒屋で集まると、子供の声が大きかったり、

子供がウロウロして迷惑をかけてしまうことがあります。

子供連れOKのところを選ぶようにしましょう。

また、意外と多いのが、

子供連れのママの集団をよく思わないほかのお客様も多いということ。

白い目で見られて、いやな気持ちになることもありますので、

周りへの配慮を心がけておくとよいでしょう。

誰かのうちに集まる

気心が知れていれば、誰かのうちに集まって夕食を食べながら少し飲む、

というスタイルはとても楽しいものです。

居酒屋の場合、掘りごたつ形式のところに子供が入り込んでしまったり、

周りの目が気になったりするのですが、

自宅であればのんびりすることができます。

また、ホスト役が大変にならないように、

みんなで料理は持ち寄りにする、

などのルールを決めれば負担が少なく集まることができます。



育児は長い!休みも必要!

ママが飲み会に参加したりすると、

ちゃんと育児をやっているのかしら?と意見を言う人もいます。

けれども、実際にはママだって時には疲れを癒やしたいものです。

また、育児中と簡単に言っても、生まれたての0歳から、

小学校、中学生と育っても、どこまでも育児中なのです。

どこで育児が終わるのか、決まりはありません。

上手に自分の気持ちとバランスをとるためにも、たまの息抜きは必要です。

甘えすぎず、我慢しすぎず、が大事。

ママのホームパーティ型の飲み会参加は、

実は子供たちにとっても

お友達のうちに夕飯を食べに行く楽しい時間にもなります。

また、子供たちがパパとお留守番であっても、

それもパパが子供と接する貴重な時間になるのです。

甘えすぎてママが遊び回るのは感心しませんが、

我慢しすぎるよりも、それぞれに貴重な経験になると思って

時には飲み会に参加してみるのもいいものです。

パパにとっても貴重な経験

また、お留守番役になったパパにとっても、実はとても貴重な経験です。

子育てを手伝っているイクメンパパでも、実は

「ママ、あれはどこ?それはどこ?」

と何でもママに聞きながら、やっていることも多いものです。

頼る人がいない中で、

子供の面倒をみるということをしっかり体験してみると、

普段のママのありがたみを感じたり、

反省することもあるかもしれませんね。

飲み会に限らず、ママだからこれはだめ、

と決めつけてしまわずに、

いろいろなことにチャレンジしてみることも大事です。

なんといっても育児期間は長いのですから。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします