兄弟・姉妹

2人目出産後の上の子へのケア!大切なポイント6つ

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!
1歳の息子のいるママライターです。

我が家では最近、息子に弟か妹を、なんて話によくなります。

でもちょっと待って!
今下の子が出来たら2歳差で、まさに【魔のイヤイヤ期】の時期で、赤ちゃん返りとかしちゃったり?!

どうしよう、ストレスでダウンしそう…!

これは今から予習しとかねば!!ということで、今回のお話しです(笑)



「弟か妹が生まれるのよ」と言ってわかるものかどうか

お腹が大きくなるにつれ、上の子にこう言い聞かせるようになると思います。

それを聞いて、どんな反応を示すのでしょうか。

年齢差にもよりますが、赤ちゃんが生まれることに対して≪喜び≫を示してくれることも多いでしょう。

1~2歳差の場合

まだ我慢することもうまくできないのでストレートにママ・パパをとられた≪嫉妬≫の気持ちをぶつけてくるかも知れません。

3~4歳差、もしくはそれ以上の場合

ある程度上の子が大きければ、積極的に下の子のお世話をすることもあり、ママも楽に感じることがあると思います。

その反面、見えない≪我慢≫をしてしまうこともあるので、それを見逃さないように気を付けてあげる必要があります。

ママにとっても初めての経験

自分のことだけを考えていれば良かった1人目の妊娠・出産から一転、2人目妊娠・出産時には、上の子のお世話もしながら下の子のこともして…という日々になります。

それって、想像するだけでも大変そう…漠然とそう思ってしまいますよね。

がんばらなきゃ!と無理をしていると体調を崩してしまうこともあるので、周りに頼りつつもうまく上の子と下の子のお世話をしていきたいところ。



上の子へのケア・ポイント5つ

子供のお世話は毎日、休みなく続きます。

ご紹介するのは些細なことばかりかも知れませんが、意識するだけでも充分上の子へのケアになると思います。

名前を呼んであげること

「おにいちゃん」「おねえちゃん」と呼ばれることで、喜ぶこともあるでしょう。

なんだかちょっぴり大人になった気分で、元気にお返事してくれるかも知れませんね。

でも名前を呼んでもらえなくなったら…?

大好きなママ・パパの声で呼んでくれた自分の名前。
呼んでもらえないと、なんだか淋しいかも…。

そんな時には、名前とくっつけて「○○おにいちゃん」「○○おねえちゃん」と呼んであげるのがいいかと思います。

「おにいちゃん・おねえちゃんなんだから」はNG

この言葉を上の子に伝えるシーンは、上の子に我慢を強いることが多いかと思います。

同時に、上の子よりも下の子を優先することになります。

すると、「もう自分はママの1番じゃないんだ」とショックを受けてしまうことにもなります。そう思わせることは避けましょう。

褒めてあげること

ママが出産・入院時に、上の子はおそらく初めて何日もママがいない、という状況を経験します。

大好きなパパや、おじいちゃん・おばあちゃんがいても、ママの存在がやっぱり1番。

ママがいない間の様子を聞いて、些細なことでも「すごいね」「えらいね」と褒めてあげましょう。

また、家に帰ってからも同じようにしてあげましょうね。

時には、お世話のお手伝いをしてもらうこと

例えば、おむつを持ってきてもらったり、ガラガラを振ってもらったり、ちょっとしたことで構いません。

「ありがとう」とママに言われることは、とっても嬉しいものなんですよ。

また、お世話を一緒にすることで下の子に対して「かわいいな」という愛情を抱くきっかけにもなります。

上の子を優先できることは、優先すること

どちらのお世話も大切ですが、できるだけ上の子を優先してあげましょう。

小さなことですが、名前を先に読んだり、お風呂を先に入れたり、そういったことでも上の子は嬉しく感じます。

上の子と2人だけの時間を持つこと

下の子が乳幼児のうちは、1日の中で寝ている時間も多いですよね。

その間にママも休憩!…としたいところですが、ちょっとだけその時間を上の子のために使いましょう。

絵本を読んだり、絵を描いたり、一緒にごろごろしたり抱っこしてあげるだけで充分。

「ママはちゃんときみのことも見てるよ。大切だよ」という気持ちが伝わるように、一緒の時間を大切にしてあげましょう。

妊娠中からのケアも大切

上の子が安心して毎日過ごせるように、意識して愛情表現を積極的に行いましょう。

公園へ行ったり、絵本を読んだり、上の子の好きなことを一緒にしましょう。

また、上の子が生まれたときの写真やアルバムを見せたりするのもいいですね。

まだ見ぬ下の子に対して、「かわいいな」「会ってみたいな」という気持ちを抱きやすくなります。

ママにとってはどちらも1番!

上の子も下の子も、ママにとっては可愛くて大事なわが子。どちらが1番なんてありませんよね。

それをしっかり伝えてあげることがとても大切だと思います。

パパや周りの手も借りつつ、上の子が成長できるようにうまくケアしていけるといいですね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします