結婚

遅い結婚を経験して分かったメリットとデメリット

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

わりと高齢かなと思っている母ライターです。

とは言っても、最近は晩婚化がすすみ、

幼稚園・小学校とも平均値で過ごしています。



遅い結婚

私が平均値ということは晩婚の傾向・・・

つまり、ニュースなどで聞くとおり、

遅い結婚を選択する人が増えているということですよね。

どうしてなのでしょう。

社会的要因はいろいろあると思いますが、

私の経験からごく個人的な考えを、

メリット&デメリット中心にまとめてみたいと思います。

メリット

まずはメリットから。

遅い結婚には、どのようなメリットがあり、

どうして選択する人が増えたのでしょうか。

学歴

女性の晩婚化時には非婚化を語るときに、

はずせないのが学歴というキーワード。

女性の高学歴化です。

確かに短大へ進んだ友人たちはサッサと結婚するパターンが多く、

羨ましがられていました。

逆に、私の知る限りでは四年制大学、

しかも私を含め専門性の高い学部へ進むとたいていは

晩婚傾向のようでした。

大学院、留学の選択をすれば、それだけでさらに結婚は遅く。

私にとっての学生時代は、好きな分野がしっかり学べ、

代え難い時間であったと感じています。

好きなことを十分に学ぶ時間がとれるというのは、

遅い結婚のメリットのひとつだと思います。

キャリア

女性にとって、

まだまだ結婚はキャリアの障害となるのが残念な現実です。

キャリアを積もうとなると、

結婚は先延ばしになってしまいがちではないでしょうか。

そのため、専門職で思う存分働いたり、

自分のやりたいことを全部やりきろうとすると、

遅い結婚となることもあるでしょう。

そのかわり、自分のキャリアに満足することができますし、

キャリアを理由に自己犠牲的な感情になることは

少ないのではないかと思います。

遅い結婚は、女性のキャリアにおいてもメリットがあるといえるでしょう。

モデルケースが豊富

周囲に比べて結婚が遅いと言うことは、

周囲の結婚に至るまでのプロセスや、式や披露宴、

実際の結婚生活を見たり聞いたりすることが多いと言うことでもあります。

それも、同世代で価値観を同じくする年代層のサンプルです。

同世代からのアドバイスももらえます。

だからと言ってうまく行くことばかりとは限りませんが、

そこにはアイデアや気付きがいっぱいです。

年の功

お互いに自分の人生を生きてきたもの同士。

若い二人とは違った、年の功があるというものです。



デメリット

私が感じた遅い結婚のデメリットをあげてみます。

妊娠・出産

いくら医学が進歩したと言っても、やはり出産は命懸け。

高齢での初産なら尚更です。

高齢出産はリスクを伴いますし、

それなりのケアをすればそれなりの費用がかかります。

また、妊娠そのものが難しい場合もあります。

タイムリミットを意識しなければならず、

夫婦水入らずの時間をゆっくり楽しめないかもしれません。

バースプラン

私の場合は、妊娠を考えると同時に

「年齢的に一人っ子だな」と思ってしまいました。

そして、大事をとって無痛分娩を選択。

産後の負担が軽いと言うことで、育児に備えました。

こういった処置を希望するとなると病院も限られてきます。

私はたまたま近くにありましたが、

遠くの病院を探さなくてはならないかもしれません。

育児

育児は体力勝負。

どうして先人達が早く生みなさいと言うのかわかった気がします。

高齢には、妊娠も大変ですが、それに続く終わらないマラソン。

育児もまた体力的に大変でした。

やはり、出産・育児に関しては、若い方が良いなというのが実感です。

まとめ

私としては、一人っ子で問題ないので、

遅い結婚で良かったと思っています。

ただし、育児については難しいと感じることも。

それでも、まあいいかなと思うのは、遅い結婚ならではの年の功でしょうかね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします