子供の教育・成長・遊び

シュタイナー教育とは?実践してるママの回答

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

シュタイナーサークル出身の娘を持つ母ライターです。

あまり難しいことはわかりませんが、

楽しいサークルだったと思っています。



注目されているシュタイナー教育

有名人がシュタイナースクール出身であることが

話題になったシュタイナー教育。

偏差値偏重教育への反発として、健康志向やエコ志向からの流れ、

公教育不信などさまざまな要因から、

繰り返しシュタイナー教育系の書籍やムック本が出版され続けるなど、

注目を集め続けています。

シュタイナー教育って?ざっくり言うと

ざっくり箇条書きでいきますね。

  • ・二十世紀初頭、オーストリアのルドルフ

  • ・シュタイナーにより提唱された教育

  • ・人間の成長を七年一区切りで考える(七年期)

  • ・子供の性質を汁質、多血質、粘液質、憂鬱質の
     4つの性質に大別して考える(四体液説)

あるある、誤解

注目を集めるということは、誤解も増えているということ。

シュタイナーサークルにいる間によく聞いた誤解はこんな感じ。

インターネット上でもよく言われていることです。

文字を教えない→時期が来れば教えます

よく、文字をまったく教えないと言われますが、

これは先ほども紹介した七年期によるもの。

生まれて最初の第1七年期は、まだその時期ではないというだけで、

時期がくれば(歯が抜ける頃)、

準備ができたと言うことで文字に触れていきます。

それまでは絵本よりも口述の物語を大切にします。

オーガニック製品しか使用しない→無理

シュタイナーコミュニティーに暮らすならともかく、現実的に無理です。

しかし、ルドルフ・シュタイナーが自然と人とのバランスを説いたため、

ナチュラル志向が強いのは本当。

かなり徹底している方もいますが、

私はせいぜいパルシステムとクレヨンハウスの利用程度です。

芸術に特化している→教育が芸術である

確かに、シュタイナーでは芸術的な要素を重要視します。

しかし芸術における英才教育ではなく、

芸術的な活動を通じての教育実践なのです。

教育そのものが芸術であるという考えです。

もちろん、それをきっかけに才能を発揮するケースもあります。



日本にシュタイナー教育を紹介したのは子安美知子氏

日本にシュタイナー教育を紹介したと言われているのは、子安美知子氏。

1976年に毎日出版文化賞を受賞した著書

「ミュンヘンの小学生 娘が学んだシュタイナー学校」

において家族でドイツに留学していた当時、

長女の通っていたシュタイナースクールについて描いています。

その後も多くのシュタイナー関連書籍を著し、

日本にシュタイナー教育を広めてきました。

現在も、シュタイナー思想に基づいたコミュニティー作りを

実践するNPO法人「あしたの国まちづくりの会」

の理事を務めていらっしゃいます。

シュタイナー教育はどこで受けられるの?

日本国内にもいくつかの自由ヴァルドルフ教育連盟が

認定するシュタイナースクールがあります。

そのうち認可校は、学校法人シュタイナー学園(相模原市)

と学校法人北海道シュタイナー学園いずみの学校(北海道豊浦町)のみ。

多くは無認可であることを覚悟しなくてはなりません。

学校をとりまく環境は厳しい

また、現在においてはどこの私学も同じかと思いますが、

シュタイナースクールをとりまく環境もまた厳しいものがあります。

先ほどの子安氏が理事のNPO法人「あしたの国まちづくりの会」が

開校を目指していた「あしたの国シュタイナー学園」の小学校も、

一度は認可されたものの資金的問題で認可取り下げとなっています。

家庭でシュタイナー

シュタイナースクールへ通うことが難しくても、

あきらめることはありません。

家庭でシュタイナー教育を実践すればよいのです。

むしろそれこそが大切なことです。

まずはシュタイナー関連書籍を読んで、お母様が勉強してみましょう。

シュタイナーサークルに参加

シュタイナーサークルに参加するのも良いでしょう。

私と娘も、インターネットで見つけた

シュタイナーサークルのお世話になりました。

お友達との遊びも楽しいですし、親も勉強になりました。

そして現在の娘

現在の娘は、シュタイナーサークルを経て、

自由教育系の私立小学校へ通っています。

文字はいつの間にか覚え、読書家。

絵を描くのが好きで、工作も得意。

テレビの視聴については、今、まさに検討中です。

シュタイナーサークル出身の女の子は現在、こんな小学生です。

現在の様子についてはまたの機会にお話しできたらと思います。


この記事を書いたママ

厥日績

ゆったり系私立小学校へ通う娘とゆったり生活中のマイペースな専業主婦です。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします