ヘアケア

加齢で変わる髪質の変化と美髪を維持する方法

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは、7歳の息子と5歳の娘を育児中のママライターです。

お肌の曲がり角が20代であるのはよく耳にする話です。

では髪の毛は?

髪質に変化が出てくるのは30代と言われています。

お肌のケアはするけど髪の毛のケアまでは

なかなかしないのではないでしょうか。

美髪を維持するために今からできること、

とても知りたいですよね。

それでは詳しくみていきましょう。



加齢で髪質はどう変わるの?

加齢によって髪質はどう変わると思いますか?

代表的なものは

「まっすぐできれいな髪の毛だったのに、うねりが出てきた」

「ハリやツヤがなくなってきた」「髪の毛が細くなった」などです。

若い時は特にヘアケアしなくても天使の輪ができていた

髪の毛にハリやコシがあった若い頃は、

特別なヘアケアをしなくても自然に

「天使の輪」ができていた方もたくさんいらっしゃると思います。

しかし30代になると、段々とハリ、ツヤがなくなり、

色々なトラブルが出てきてしまいます。

これはどうにかしなければならないですよね。

加齢によって髪質が変わる原因は?

加齢による髪質が変わる原因は、

髪の毛に原因があるわけではありません。

頭皮のトラブルが原因であることがほとんどだということです。

頭皮も老化しているということなのですね。

髪の毛にクセがでてくるのは毛穴のゆがみ

まっすぐな髪の毛だった人が、

年齢を重ねるにつれてクセが出てきた場合、毛穴のゆがみが原因です。

きれいな円形の毛穴からはまっすぐな髪の毛が生えてきます。

しかし、老化でゆがんでしまった毛穴からは

クセのある髪の毛が生えてきてしまうということなのです。

髪の毛にハリがなくなってきたのは頭皮の水分量&皮脂量の低下

肌と同じで、頭皮も加齢によって皮脂量が減って

水分を保持できなくなってきます。

皮脂量が少なくなると、

キューティクルが傷つきやすくなりますので、

様々なトラブルが発生します。



美髪を維持する方法

加齢で髪質が変わってくる原因をみてきました。

それではどのようにしたら美髪を維持できるのでしょうか。

家でできる美髪を維持する方法をみていきましょう。

たんぱく質を上手に取り込む

美髪を維持するにはたんぱく質を上手にとることが大切とされています。

毎日のシャンプーでたんぱく質をケアして、上手に補っていきましょう。

シャンプーの選び方は、アミノ酸系シャンプーです。

その中でも、加水分解ケラチンや加水分解コラーゲンが

配合されているシャンプーは髪の毛の修復に優れている

と言われていますので、探してみましょう。

ブラッシング

ブラッシングをすることで髪の毛をとかすのはもちろん、

頭皮の血行もよくなります。

使うブラシも動物の毛を使ったブラシが適しているようですよ。

動物の毛のブラシだと、

髪の毛をつやつやにする効果にも優れていて、

静電気を押さえてくれる効果もあります。

頭皮のマッサージ

前でもお話したブラッシングでも、

頭皮の血行をよくするのでマッサージ効果が期待できますが、

直接、指でのマッサージも美髪を維持するポイントになります。

両手の指を開いて左右から頭に軽く乗せ、

指の位置を少しずつ変えながら少し力をいれて揉んでみましょう。

その後、そのままの手の状態で頭皮を前後に動かしてみてください。

軽く叩いてみたりするのもマッサージ効果がありますよ。

頭皮のマッサージは湯船につかっているときや、

シャンプーをしている最中に行うのがおススメです。

炭酸水で毛穴の汚れを落とす

炭酸水で頭皮の汚れを落としてみましょう。

使う炭酸水は砂糖が入っていない炭酸水ですのでご注意を。

お風呂に入る時に、

炭酸水のペットボトルも一緒に持っていきましょう。

湯船であたたまっている間、

ペットボトルも一緒に湯船に入れてしまいましょう。

冷たいままだとかけたときに大変なので、少し温めるのが目的です。

シャンプーの前に炭酸水を頭全体にかけます。

ペットボトルの中身を全部頭皮にかけたら、

あとはマッサージしましょう。

さいごに

いかがでしたか?

肌のお手入れはしっかりするのに、

頭皮のケアまではしていなかったという方もたくさんいると思います。

頭皮も肌ですので、ケアが必要なことがわかりましたね。

美髪を維持する方法はどれも簡単なものです。

毎日のケアでいつまでも美しい髪の毛をゲットしましょう。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします