出産

【無痛分娩の体験談】リスクとメリットを経験したママがお伝えします!

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは、アメリカにて二児の母をしていますママライターです。

無痛分娩と言いますと、皆さん何を思い浮かべます?楽でいいかな?とか、注射が痛そうだとか。

私は二児の母親をしてますが、上の子は医者の判断により無痛分娩になったのでその体験談とリスクとメリットを今回はご紹介いたしますね。

さてさて、上記でも述べたように筆者の場合上の子が無痛分娩でした。理由はへその緒がどうやら首に巻き付いて中々でないのでは?と言うことからでした。

その為、急遽無痛分娩へと変更させられたんですね。はっきり言いますと、陣痛よりかも背中に刺された無痛用の注射針の方が痛かったくらいですから。

ですが、その後がすごく楽になりました。陣痛の痛さもない、体は無痛用の麻酔のおかげでほかほかし圧迫感以外は感じないんです。

だけども、やはりメリットあればリスクはつきもの。そこでメリットとリスクもご紹介いたしますね。



無痛分娩のメリットとは?

まずは無痛分娩のメリットからご紹介していきます。

圧倒的に痛みが少ない。

人によっては余り効かなかったりする事もあるそうですが、やはり痛みが和らぎます。

その痛みが和らいだり、なくなったりする事でお母さんの緊張や不安が和らいだりする事もあります。

緊張がとけて分娩がスムーズになる

麻酔が産道にも効くため、産道の緊張が解け、子宮口が広がりやすくなったりしてその結果分娩がスムーズに進行することがあります。

産む日を決めることが出来る

日本では、無痛分娩の処置ができる麻酔科医は日中しか勤務していないことが多いので、無痛分娩は予約制になっているそうです。

なので事前に赤ちゃんを産む日を決めることになるのですが、その場合は自然にお産が始まるのを待つのではなく、陣痛誘発剤と言う薬を使って陣痛を引き起こします。

なので、事前にこの日この時間帯に産むということがわかるので旦那さんの仕事を休む都合もつけやすくメリットがありますね。

そして、もしも小さいお子さんがいらっしゃるお母さんであればお子さんを預けやすくなります。

無痛分娩のリスクとは?

では、そんな無痛分娩のリスクとは何か?を次にご紹介したいと思います。



いきむ欲求が減る

痛みを感じない代わりに「いきむ」と言う欲求がなくなりやすくなる。

その為、なかなか赤ちゃんが降りて来ないという状態になりやすくなってしまいます。

その場合、吸引分娩や鉗子分娩などで赤ちゃんの頭を引っ張り出すという処置が行われるのですが、この処置によるリスクは小さいと言われています。

ですが、まれに赤ちゃんの顔に傷がついたり、頭蓋内で出血を起こしたりすることもあります。それだけではなく、会陰の傷が大きくなることが多くなったりします。

回旋異常が起こる可能性が高くなる

実際、 赤ちゃんの骨盤内での回り方が悪くなる可能性が高まるそうです。

これも鉗子・吸引分娩の割合が高くなる原因になります。

まとめ

やはり、痛みがないと言う美味しい話ではありますが何をするにもリスクは付き物なんです。

確かに、痛みがなく体力的にも限界を超えなくても済むのが無痛分娩ですがそういう危険もあると言うことを承知の上で決めて下さいね。

因みに、腰痛持ちの方には余り向いてないのがこの無痛分娩だったりもします。

筆者もそうでしたが、同じ体制でずっと力んでいた為に麻酔が切れだした頃からが地獄でもありました。

なので、腰痛持ちの方には余りお勧めできません。ですが、やはり自分に見合った出産の仕方を決めるのはあなた次第なんです。

その為ちゃんとお医者様と話し合いどういう方法があなたにとって一番ベストな方法なのか見極めた上で、人生の最大イベントでもある出産に立ち向かって下さいね。

そして、素敵な時間と感動を新しい命と共に感じて下さい。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします