育児あるある

子供を見ていて笑えた親の真似っこ6選

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。

現在4歳、最近少しだけ落ち着いてきた年中さんの娘と、

もうすぐ2歳の恐ろしいほどやんちゃな息子をもつママライターです。

子供の成長を毎日見守りながら微笑んでいたら・・・。

「え。それどこで覚えてきた???」

みたいなこと、よくありませんか?

我が家も子供2人、よくあります、本当に。

娘は幼稚園でもそれを言ったりやったりしているのだろうか・・・。

と時には不安になったりもして。

そう、それは大抵が「親の真似っこ」なんですよね(笑)

そこで子供を見ていてつい笑ってしまった、

「真似っこ」をお話していこうと思います。



ええっ・・・それって私のマネ??

娘の場合は大抵が私の口癖?だったり口真似なんですが、

女の子はその傾向がかなり強いみたいですね。

ほぼほぼね・・・

娘の口から「ほぼほぼね」と言う言葉を聞いたとき、

「まっ・・・間違いなく私だっっ」と感じました。

4歳児が会話の途中で「うん、まぁほぼほぼね」って・・・。

ある意味シブい。

今日はテキトーでいっか!

これ、主人が夕食不要の時に私がよくよく口にするセリフです(笑)

それを娘は応用?アレンジ?してちょいちょい絶妙に、

私を怒りに誘うタイミングで発します。

しかし・・・あんまり強く叱れない後ろめたさが付きまとう。

ぼちぼち

これも「ほぼほぼ」に似たようなニュアンスなのですが、

まっ違いなく私発信です。

どうやら私はこの「ぼちぼち」「ほぼほぼ」だったり、

「まぁまぁ」「ウダウダ」「グネグネ」などの擬音が多いらしく、

娘がよぉーく口にしています。

4歳が「ぼちぼち時間からさっ」など口走る訳です。

鼻からすぅーっと息が漏れます、いわゆる失笑、ってやつです。

自分の叱られたセリフそのまんま

を、弟に言い放つんですよね。

これはよくお子さん、やりますよね?

私もよく耳にします・・・ちょっと安心♪



仕草を真似っこ

子供って、侮れない生き物です(笑)

こんなに小さいのにこんなところまで見ているなんて・・・!

日頃の自分を鏡で映し出されているかのようで時には恥ずかしいものです。

ため息

あまりよくないのは分かってはいるのですが、

思うことがあったり(特にダンナに対して!)、

または単純に疲れていて自然にため息が出てしまったり。

それをすかさずキャッチ!

上の子も下の子もするのがまた恐ろしいのですが(笑)

掃除

掃除機をかける時に私がしている些細な仕草だったりはたきを真似したり。

「えっ!そんなところも見てたの???」と驚くところにはたきを突っ込み、

働いている息子を見て笑ってしまいました。

あとは子供たちには常日頃、

「足は歩くためのもの!足で何かを動かしたり踏んだり蹴ったりすることはいけません!」

なんて言っておきながら、掃除機を方向変換させる時に、

足で蹴っていたのを見られていたらしく、

息子は時々掃除機にけりを入れていたりしました(笑)

もちろん私は素行を気を付け始めたことは言うまでもありません・・・。

おままごとなどで見えてくる姿

表現は難しいのですが、おままごとやお人形で遊んでいる時にする仕草やセリフがどうも聞き覚え、

いや言った覚えのあるものだったりしっくりくるような動きだったり・・・。

そうなんですよね、完全に題材は「ママ」なんですよね(笑)

さいごに

いかがでしたか?

少し癒されるような、はたまたドキッとするような複雑な心境ではありますが、

自分の子供だからゆえの言動なんですよね。

そう考えると「あー。私をしっかりと母親として見てくれてるんだな」、

って嬉しい気持ちの方が強いのかもしれないですね。

ただ、お友達の前では出来れば少し「優しい上品なママ」っぽく、

おままごとしてくれたらママは嬉しかったりして(笑)

・・・いや、バレますよね(笑)


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします