出産

帝王切開2人目のリスクはある?気を付けるべき事はある?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。

現在4歳、最近少しだけ落ち着いてきた年中さんの娘と、

2歳の恐ろしいほどやんちゃな息子をもつ青苺と申します。

娘も息子も共に帝王切開での出産を経験しました。

今となってはもう懐かしい思い出になりつつありますが、

やはり2人目の妊娠発覚時にはやや不安もありましたね、リスク面で。

そんなみなさんと同じような目線で、

体験してきたことや耳にしてきたことを記憶を辿ってお話していきたいと思います。



自然分娩も帝王切開もリスクはみな同じ

自然分娩でも帝王切開でも何かしらのリスクは伴うもの。

帝王切開だからって、あまり極端に不安になる必要はないんです。

確かに帝王切開は開腹手術なので、その時点で心配にも怖くもなるかもしれません。

でも、自然分娩を経験していない私から見れば、

自然分娩の方がはるかに大変そうで、痛そうで、

私には無理だったろうな、って恐怖心もあるし正直尊敬してしまいます。

なので、どの尺度で見るかによって、リスク面って大きく違うんですよね。

2人目だとしてもそれはほぼ同じなんです。

医師の見解によるのですが・・・

世にいう「帝王切開した人は2人目も帝王切開になる」、

と言うところから派生して、恐らくリスク面も、

一人歩きしてしまっているところがあるのかもしれません。

確かに注意点はあります。

でも、現実的に考えれば心配することないんです。

それと仮に「2人目をどうしても自然分娩にしてみたい(これをVBACと言います)」、

と言う希望をお持ちの方は自然分娩を検討してくれる病院や医師もいるので、

実は100%2人目を帝王切開で、ということではないのです。

ただし、それこそVBACだとそれなりのリスクは伴います。

いわゆる噂は本当?

帝王切開における妊娠での回数制限みたいなものって巷でよく耳にしませんか?

実際のところは、腹部切開は合計3回まですることが出来るそうです。

そこには帝王切開ももちろん入ります。

これはどの病院でも基本同じ。

子宮壁の切った部分の強度や縫い後の修復加減と関係があります。

一度切った子宮は、その後の組織が薄くなるそうで若干弱くなる、

ということなのです。

なので例えば、妊娠以外でも婦人科疾患による開腹手術を経験している、

またはされたことがある場合は、妊娠は2回までと言う事になります。

それと2人目のタイミングって言うのも色々な噂が飛び交いますよね、

この話題では。

子宮破裂の可能性は?

どうして開腹は3回までなのか?

これは確かにリスク面の意味では自然分娩の方にはない問題点です。

薄くなってしまっている、修復された子宮の傷はやはり傷のない子宮と比べても、

破裂のリスクがある程度高いのです。

先にお話したVBACでのリスク面に繋がりますが、

修復したばかりの壁で妊娠をして、

そこから最終的にはすごい力を込めて出産をする・・・これこそがVBACでのリスク。

ここで子宮壁の修復が完全でなかった場合は破裂する恐れがある、

と言う事なのです。

ただ滅多には発生する事象ではないそうですが・・・。

しかし大きく分けての自然分娩とのリスクさはこれくらいではないでしょうか。

そして2回目以降の出産という意味合いでも、

リスクと言えるものはこれくらいのような気がします。

1人目からの間隔はどれくらいあけるべき?

出産後、感覚を開ければ開けるほど子宮壁の修復はされていくので、

開けておく方がいいのだと思いますが、

これも医師の見解が様々です。

1人目の出産から半年は空けて妊娠を、と言う場合、

もしくは最後の出産から次の出産の間を1年は空ける、

もしくは2年~3年は空けるべき、など本当に色々ですが、

私がお世話になった某大学病院では、出産後(術後)半年は避妊してください、

とのお話でしたよ。



子宮の傷口が内臓に癒着してしまう?

まさに私はこの経験者です。

前回の子宮の傷口が内臓に癒着してしまい、

それを剥がさない事には子供を出す事が出来ない、と。

そこで相当なタイムロスや緊急事態が重なってしまい大変な思いをしました。

ただしこれは、そうそう滅多に私のようなひどい事にはならないと思いますのでご安心を。

そうは言ってもやはり、ある程度のわずかな癒着は、

2回目の出産時にはある事を覚えておくといいかもしれません。

でも・・・これって私たちではどうしようもない問題ですけどね(笑)

気を付ける点とは?

1番大切な事、それは医師の指示をよく聞く事、これにつきます。

特に帝王切開と言う事を意識しているのであれば、

そして無理のない「第2回帝王切開」を望んでおられるのであれば、

医師の方針に従いましょう。

医師が「これは避けてください、注意してください」と言った事を、

守らなければもちろんリスクは上がると思っていただいて結構です。

さいごに

いかがでしたか?

私も2回の帝王切開経験者として、やはりある程度の恐怖心はありましたが、

とにかく「無事に何事もなく出産を終えたい」という一心で、

守るべきことは守り、「怖い事なんてないんだ」と言い聞かせてきました。

実際に癒着以外は何も問題なく、

体調も上の子出産後よりはるかによかったし回復も全然早かったです。

だからみなさんも、何も心配しなくて大丈夫ですよ♪

信頼が出来る先生にすべてを委ね、

そして幸せな妊婦の時間を過ごすようにしてくださいね!


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします