出産

意外と知らない!1人目帝王切開で、2人目が自然分娩がダメな理由は?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。

現在4歳、最近少しだけ落ち着いてきた年中さんの娘と、

2歳の恐ろしいほどやんちゃな息子をもつ青苺と申します。

みなさんの中でも帝王切開経験者、

またはこれから先帝王切開を予定される方もいらっしゃると思います。

そしてゆくゆく2人目をお考えの方もいらっしゃるかと思いますが、

2人目も恐らく帝王切開・・・恐怖と感じるか、

それとも「もう経験あるから諦めついてるから」と割り切るか。

でもどうして1人目が帝王切開だと、

大抵の場合、2人目も帝王切開になるかその理由をご存じですか?



子宮破裂の回避が理由だった

まさにこの一言なんです、最大の理由は。

もしも子宮が破裂なんてしてしまったら、

出産どころの騒ぎではすまなくなってしまいます!

破裂する確率は非常に低い

実際に破裂することは件数的には非常に低い確率とのことです。

また、切った箇所の組織自体が以前より柔らかく再生されるそうで、

病院側としては最悪のシナリオを避けるべく、

なるべく2回目も帝王切開を勧めるそうなのです。

自然分娩より帝王切開の方が安全性が高い

一般的には自然分娩の方がリスクは低い、と考えられています。

まぁ確かに、帝王切開は手術ですので、

麻酔を打ったり開腹することにより大量出血もあります。

子宮は血液が大量に循環しているところなので、

帝王切開にしても子宮の手術全般にしても、

開腹の場合は大量の出血を見越して、

輸血の同意書を書かされることが多いです。

ゆえに危険を伴いますが、子宮破裂と比較すれば、

帝王切開の方が安全性は明らかに高いので、

そちらを選択することが一般的になっているようです。

・・・私も同意書、サインした覚えがあります。

子宮壁修復期間とは?半年?1年?

実際には、「産後半年くらいからほぼ修復されている」説、

「1年はかかる」説など諸説あるのです。

それは先生や病院の方針で解釈が分かれます。

ただどの病院でも出産自体は前回の出産から1年は空けてほしい、

と言われるでしょう。

私が出産した病院は「1年空けて」と

そう言われましたね。

実際には、出産後半年は避妊をし、その後は妊娠したとしても、

10か月後に出産になるので、1年以上は空くのでそれならOK、と言う話でした。

半年で修復した子宮壁に着床してもすぐにお腹は大きくなる訳ではないし、

徐々に子宮壁も強くなっていくと同時に、

伸びていくのでお腹の膨らんでいくのに合わせて準備をしてくれる、

と言う説明を受けたのを覚えています。

確かに。お腹はすぐには大きくならない!(笑)



本当は自然分娩も無理ではない

実際には数年単位で間を空けてからの妊娠で、

本人の希望やメスを入れた場所に問題ないような場合は、

自然分娩を実施してくれる病院もあるようです。

これを「VBAC」と言いますが、やはり一度帝王切開をしている点から、

リスクが伴うのは事実なので、

実施してくれる病院はある程度限られているかもしれません。

「2人目を自然分娩で!」と強くお考えの方は、

一度先生にご相談するのがいいかと思います。

母体が一番大事だから

高齢出産、少子化の世の中、政府としても安全に出産をしてもらいたい、

そう言った風潮になっています。

私も高齢出産での妊娠経験者ですが、

一般的に帝王切開は年々増えているようですね。

私の周辺のママ友たちの中でも思いのほか多いんです。

もちろん予定帝王切開派、緊急帝王切開派に分かれますが。

いづれにしても言える事、それは「母体を守るため」なんですよね。

赤ちゃんの命は言うまでもありませんが、ママに何かあっては大変ですもの!

さいごに

いかがでしたか?

一昔前では「帝王切開はお産ではない」なんて言う人もいたようですね。

私は一度も言われたことありませんが・・・幸いに。

でも、そんなこと絶対にありません!

帝王切開だって立派な出産です、命張ってます!体張ってます!!

確かに帝王切開をしてしまうと、出産回数が制限されるというデメリットはあります。

開腹手術は3回が限界とされているようなのです。

出産限定の話ではないので、筋腫を摘出や内膜症などで、

開腹手術をする予定があれば出産では2回。

そう言った部分では劣りますが、まずはママの体が一番大事。

そしてママを囲んでお子さんが笑っていられるのが。

一番理想的な環境って事を忘れずに、今後の妊娠出産計画をお考えくださいね♪


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします