出産

無痛分娩ってなに?費用は?痛みは?本当に無痛なの?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!1歳の息子のいるママライターです。

先日、ある本を読んでいた時に無痛分娩のお話が載っていました。

聞いたことはあるけれど、あまり日本では馴染みのない無痛分娩。

ちょっと気になったので調べてみることにしました!



無痛分娩とは

麻酔を用いることで、陣痛や出産時の痛みを軽減する分娩方法です。

欧米では一般的ですが、日本ではお産の痛みに耐えてこその出産、

という風潮もあるのであまり浸透していませんが、

年々希望者は増えています。

無痛=痛みがまったくない?

麻酔を使うタイミングにもよりますが、

陣痛の始まりの痛みを感じてから麻酔を使うので

多少の痛みは感じることになります。

ただし、陣痛中や出産時の痛みは感じないので、

精神的にもリラックスした状態で出産に臨むことができます。

無痛分娩の流れ

では実際にどのような流れで出産が進むのかを見てみましょう。

計画分娩か、自然な陣痛から始めるか

計画分娩であれば、臨月に入ってからの健診で

赤ちゃんの位置や子宮口の開き具合などを見て

予定日をあらかじめ決めておきます。

この場合には入院後に陣痛促進剤を使います。

自然な陣痛を待つ場合には、

陣痛を待つという部分では自然分娩と同じですね。

麻酔投与のタイミング

陣痛促進剤を使ったにしろ、自然に陣痛が来たにしろ、

すぐに麻酔を投与するわけではありません。

子宮口が3センチ以上開いたところで投与します。

早くから麻酔を投与してしまうと少しの痛みでも強く感じたり、

陣痛がなかなか起こらず分娩が進みにくいくなることもあります。

多くの場合は局所麻酔

麻酔には全身麻酔と局所麻酔とありますが、

無痛分娩の場合の多くは局所麻酔、

【硬膜外麻酔法】と言われる方法をとります。

まず背中の皮膚に麻酔をし、

背骨の中の硬膜外腔というところにチューブをいれ、

そこから麻酔を入れていきます。

一度入れて効果が弱まったら再び注入する方法と、

少量ずつ継続的に入れていく方法があります

(前者の対応をしている病院が多いようです)

子宮口が全開になったらいきむ

子宮口が全開したときの大きさは約10センチ。

この状態になったら、会陰部に近いところにも麻酔を打ちます。

このことで会陰の伸びも良くなり、

赤ちゃんの頭が会陰を抜けるときの痛みがなくなります。

会陰切開をするとしても、その痛みは感じません。

ただし、麻酔が効いていても陣痛の波により軽い痛みがあり、

それに合わせていきみます。

無痛分娩だといきむのが難しい?

麻酔が効いて痛みがない状態でも、

陣痛の最中の子宮が収縮する感覚はわかるので、

タイミングに合わせていきむのが良いです。

もし難しい場合には助産師さんがリードしてくれるので、

難しく考えなくても大丈夫です。

また、赤ちゃんが下りてくる手ごたえは

麻酔が効いていても感じることができます。



無痛分娩のメリット

  • ・落ち着いて出産に臨むことができる
     └陣痛でパニックになったり、疲れで分娩時間が長引くのを防げる。

  • ・血圧が高い人、緊張しやすい人には効果大
     └麻酔は血圧を下げるため、血圧が高い人には効果的。

  • ・局所麻酔であれば、赤ちゃんへの影響もほとんどない
     └硬膜外麻酔であればママの血液中に麻酔が入らないので、
      赤ちゃんへも影響しません。

無痛分娩のデメリット

  • ・麻酔の影響でうまくいきめない人も

  • ・後陣痛を強く感じる人が多い
     └ただし、出産時に体力を使っていないので、回復が早いことも多い。

気になるその費用は…

無痛分娩の費用は保険適用外です。

麻酔の量・種類、分娩時間などにより変わり、

産院が設定している額には

通常の分娩費用プラス1万~20万円とばらつきがあります。

無痛分娩を希望する際には、事前に計画を

現在、全国的に見ても無痛分娩を扱っている医療機関は少ないです。

大学病院や総合病院だからといって

必ず受けてもらえるわけではありません。

もし希望する場合には、自宅から通える範囲にあるのか、

どのように無痛分娩が行われるのか、

費用はどれくらいかかるのか、

しっかりと確認しておいたほうが良さそうです。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします