子供の健康・食事

子供が手足口病に!兄弟や大人にもうつる?風呂は?対策は?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

10歳6歳5歳の娘を子育て中のママライターです。

この夏、手足口病が大変流行しましたね。

我が家の3人の娘たちも全員感染してしまいました。

その経験から対策などを書こうと思います。



どんな症状?

熱は出る人と出ない人がいます。

子供なら主に38度台、39度台くらいでしょうか。

また、ウイルスに感染しても発病しない人もいます

主に手、足、口(喉)に水泡状の発疹がでます。

手だけだったり、喉だけだったり、人によりさまざまです。

わが子はかゆいかゆい、痛痒い、とそれはもう辛そうでした。

どうやって感染する?

この病気は主に飛沫感染、接触などでうつります。

コクサッキ―ウイルス、エンテロウイルスなどのウイルスがあります。

一度感染したからと言ってもう免疫はできたと安心しても、実は違う種類のウイルスがたくさんあるので、違うウイルスに感染するとまた発病するおそれがあります。

保育園や幼稚園などで小さな子供たちが急に集団感染するのも、子供たちが手をつないだりするなど、かかわる距離の近いことが理由に挙げられます。

もちろん家族や兄弟でもうつるということです。



お風呂でもうつる?

もちろんうつります。

同じ湯舟につかる、同じタオルを使うなど、もし手足口病に感染していることが分かっているなら、やめたほうがいいです。

ただ、どうしてもママが子供を洗ってあげないといけないときは、シャワーくらいにとどめるのがいいでしょう。

オムツでもうつる?捨てる時は二重にくるんで!

手足口病を発病、または感染しても発病していない場合も、排せつ物にウイルスが含まれています。

発病していないならまだしも、はっきり病気が分かっているなら、オムツの処理は厳重に!

クルクルっと巻いてさらにビニール袋に入れてしっかり封をしてさらにもう一枚かぶせるくらいがいいでしょう。

有効な薬はない?

大人も子供もこれにきく薬がないようです。

自然治癒を待つしかないです。

けれど、せいぜい一週間くらいで高熱も発疹もなくなってくる場合が多いようです。

大人も感染する?

これが感染するんですよ。

手足口病って子供の病気っていうイメージがありますが、

実は大人がなった方が高熱も40度くらい出たりして重病になったりするんです。

足裏に注意!
手足口病ってそもそも手、足、口に水泡状のぶつぶつができるんですが。

子供は、特に未就学児はかかったら、家でじっとしてられますよね。

ところが大人はそういうわけにいきません。

発熱中は会社などお休みできても熱が下がったらやっぱり出勤しますよね。

ましてや、主婦など病気になっても休み関係なしです。

問題が足裏の発疹です。歩けないんです、痛くて。

スニーカーを活用しましょう。

主婦とか買い物行ったりとか、特に子育て中のママとかも子供追っかけて走らないといけないですよね。

ところが、これがもう、足の裏が靴が履けないくらい痛くなる場合があります。

革靴なんかはとても痛いです。スニーカーならまだましです。

足裏が痛くなったら柔らかいスニーカーで!

うつらない対策は?

はっきり言ってかかわらない!というしかないんですが。

家族や特に子供などそういうわけにいきませんよね…。

私は普段にもまして早寝早起きをして無理をしない、

抱っこなどは必要最小限にひかえる、

できるなら、お風呂は一緒に入らない、

時々栄養ドリンクを飲んでウイルスをはね付けられる健康体をキープしておく…など対策をしました。

ママが病気になって倒れるのは家族にとっても自分にとっても一番つらいこと。

ママはいつも家族の太陽でいたいものです。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします