子供の教育・成長・遊び

怒らない子育て!コーチングで子供自らが考えるようになる子育て法

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!中1の娘と5年生の息子がいるママライターです。

お子さんが朝起きない、自分から勉強しない、片付けをしない、

その度にイライラしていませんか?

怒るとヘソを曲げてしまい、ますますしなくなるという、負のスパイラル。

はまってしまう前に、コーチングでお子さんが自ら考えるように導いていきましょう!

参考文献:PHP文庫「子どもの心のコーチング」菅原裕子



コーチングとは

コーチングの基本的な考え方

「答えは相手の中にある。コーチの役割は答えを相手から引き出し、

目標達成の行動を相手に促すこと」

それがコーチングの基本的な考え方です。

例えば、「宿題をやらない」に当てはめて言いかえると、

「答えは子供の中にある。親の役割は、答えを子供から引き出し、

宿題をやりきるまでの行動を子供に促すこと」

ということになります。

「ヘルプ」ではなく「サポート」

なかなか子供が宿題にとりかからず、つい親が手伝ってしまう。

これが「ヘルプ」です。

子供が「できない」存在という前提で、代わりにやってあげる行為です。

それに対してコーチングでは、「サポート」することです。

子供を「できる」存在としてとらえて、そばで見守り、必要な時に手を貸します。

ポイントは「子供が決める」

子供の中に、何をしなければいけないか、

そのイメージがなければいくらガミガミ言っても心に響きません。

宿題の例で言えば、「宿題したくないんだね。遊びたいんだね。」

と、まず子供の気持ちを受け止めます。

次に「宿題の量は?今日は何をやらなければならない?」と質問して、

子供がやるべきことを把握するようにします。

その後で、「じゃぁ、どうしたらいいと思う?」と声をかけます。

すぐに答えは出ないですが、それでもじっくり子供が答えを出すのを待ちます。

答えが出たら、それを実現できるよう、親がサポートしていきます。

一番大切なことは、親が決めるのではなく、子供に決めさせること。

自分の意志で決めたことだからこそ、本当に身につきます。



コーチングでスケジュールを立てる-体験談-

「何回同じこと言わせるの!」

我が家の中1の娘と小5の息子も、なかなか自分から勉強しません。

「宿題やったの?」「いつまでダラダラしてるの!」

と言い続け、最終的に言ってしまうのは、

「何回同じこと言わせるの!」

いつも怒らずに済む訳ではありません。

ただ、コーチングの考え方を知ってからは、

クールダウンが早くできるようになりました。

スケジュールを書いてやるべきことを明確に

子供にも、やりたいこと、やるべきことがたくさんあります。

家族の旅行の予定、友達と遊びに行く約束、

新しく買ったゲームをやる時間。

それらを整理し、コーチングで声かけをしながら、

子供が自分でスケジュールを立てていきます。

具体的には、予定が書き込めるカレンダーを用意し、

あらかじめ決まっている予定を書き込みます。

そうすると、一日のうちの空き時間がわかります。

その中で、やるべきこと・やりたいことの予定を書き込んでいきます。

これは夏休みの宿題を済ませる時にも、全体の進捗度合いがわかるので効果的です。

できた時にはホメる

そして、一日の終わりに、今日どこまでその予定ができたかを、

一緒にみていく時間をつくります。

少しでも達成できていれば「できたね!」とホメます。

自分で決めたことをキチンとやれた時の達成感を、

しっかりと感じられるよう、声掛けします。

コーチングは、子供が自分で考えられるよう導くものですが、

できた時はホメて、次もやろうと思う気持ちを持たせることが、

成功のポイントです。

できない時は一緒に考える

子供ですから、当然、思うように進んでいない日もあります。

そんな時は、どうしたらできるようになるのかを考え、

またスケジュールを立て直します。

この時、「こうしたらこうなるよ」という可能性は示しますが、選ぶのは子供です。

最初は時間がかかりましたが、問い続けると、

自分で考えるクセがついて、自分なりの答えを出すようになりました。

コーチングでイライラ解消!

コーチングには時間と余裕が必要です。

その場で怒って、やるべきことを示して従わせた方が早く済みますが、

ずっと親が言わなければやらない習慣がついてしまいます。

小学校の高学年になってくると、自我も芽生え、

親に反抗するようになってきます。

自分で考え、動き出す子供に育ってくれれば、反抗期に突入した時でも、

親がガミガミ怒る→ますます反抗する→その態度をまた怒る

という負のスパイラルにはまらずに済みます。

子供は「できる」存在だと親が信じ、

子供自身で答えを出せるようサポートしていくコーチングで、

ママと子供のイライラを解消しましょう!


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします